« セッション | Main | FW補強 »

July 06, 2015

女子サッカーという文化(目先の一勝より100年の計)

アメリカ女子代表5-2なでしこ

いつも8:15頃家を出るのだが、K.O.から家を出るまでの間に、あれよあれよと4点入ってしまった時点で、ゲーム自体は決まってしまったなぁと家の鍵を閉めながら思った。一応夜の再放送の録画予約はしておいたが、結果次第ではそのまま消してしまうつもりでいた。その時想起したのは先のW杯でのドイツ×ブラジルのゲームだった。たとえ大差がついても1点でも返せればいいなとも思った。4-3というスコアはなかなかお目にかかれないが、ここまで1失点しかしていないアメリカから複数点取れたらそれはそれで大したものだ。そして、結果は後者。ギリギリのところで踏みとどまり、2点を返すところまで行ったのだ。ただ、宮間が言った通り、5点目を決められたところで実質的にゲームは終わってしまった。澤が入り4-2で踏みとどまっていれば、アメリカにももしかしたら追いつかれるかもしれないという恐怖心が芽生えたかもしれない。その心理につけ込むこともできたはずだ。しかし、次の1点はアメリカに入ってしまった。ここで万事休す。

ゲーム前、DF陣(熊谷だったか岩清水だったか)がゲーム最初からアメリカが来ることはわかっているし、早い時間帯に失点しないことが大事だと語っていた。つまり、分かっていてやられてしまったわけだ。これは言い訳できない。2本のCKはグラウンダーの工夫をしてきたもので、アメリカ側からすればしてやったりだっただろう。この2点で完全に浮足立ったなでしこは、岩清水の、あれはやっぱりミスと言わざるを得ないヘッポコクリアを蹴りこまれ、前がかりになった海堀のポジションを見逃さずロイドにロングシュートを決められてしまう。おそらくなでしこは慎重にゲームに入りたかったんだろうと思う。とにかく最初のアメリカの攻撃を凌いで一息つけるところまで持っていきたかったはずだ。それがいきなりゲームプランが狂ってしまい、自分たちが落ち着く前にケチャップがドバドバでてしまった(できれば2失点の時点で落ち着きたかったが)。しかし、ここで折れなかったのは偉い。流れの中で大儀見が1点返し、澤のプレッシャーでOGで2点目。アメリカから複数点奪ったのは日本だけだ。ここは誇ってもよい。

それにしても、立ち上がりの猛攻が予期できていたならば、個人的にはスタメンで澤を使うべきではなかったかと思う。イングランド戦で温存できたわけだから、フィジカル的に無理が効くだろうし(宇津木も阪口も出ずっぱりだったから)、アメリカの手の内は知り尽くしているから、もしかしたら冒頭のCKも何か違った結果になったかもしれない。タラればは意味がないのは知りつつ、佐々木さんがこれまでの方程式を踏襲することが勝利への近道と思っていたならば、ちょっと甘かったと言わざるを得ない(前日の練習も日本はフルオープンに対しアメリカは非公開だった)。選手たちは出し切った感はあるだろう。だが、チーム全体としてもう少しやるべきことがあったのではないかと思わせる敗戦だったことも事実である(GKも予選でローテした割に、トーナメントに入ってからは海堀に固定したのもなんとなく不安があった)。

さて、この結果を受けて、宮間が望む女子サッカー文化は日本に定着していくだろうか。日常的な興業としての女子サッカーは男子に比べ質が低いことは間違いない。W杯(あるいは五輪)という国のプライドをかける大会だからこそ注目も集まる。男子ですら代表人気が先行し、Jはなかなか産業として発展していかないのだ。女子ともなれば言うに及ばずである。女子チームを保有するJクラブは存在するが、やはり維持コストの負担が結構大変なようだ。わが軍にもなでしこチームがあれば、それはそれで支援もするだろうけれど、では日テレを見に行くかと言われれば、その気にはまったくなれない。女子サッカーとはそういう位置づけなのだ。産業としては成立しえないのかもしれない。だとすれば、宮間が希望する女子サッカーの‘文化’化とは、やはり国が教育レベルで取り組んでいくしかないように思える。中高の部活に女子サッカー部がある世界。男子のサッカー部があれば、野球よりは簡単に成立しそうな気もするが、なにか漫画やアニメにでもなりそうな題材ではないか。世代交代が一向に進まないことに宮間は危機感を持っているのだ。だからこそ、底辺を拡大するために必要なことを理解し働きかけている。協会も彼女の心意気に応えてやらねば。銀メダルの報奨金なんかより、よほどご褒美として嬉しいのではないだろうか。

|

« セッション | Main | FW補強 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/61846866

Listed below are links to weblogs that reference 女子サッカーという文化(目先の一勝より100年の計):

« セッション | Main | FW補強 »