« ファンタジーサッカー2015 第14節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第14節レビュー »

June 01, 2015

自家発電

FC東京2-1柏

ついにヨッチの移籍が正式発表された。本人の挨拶は1stステージ最終戦のホーム清水戦の後にセレモニーとして予定されるだろう。管理人さんは唯一といっていい得点源をシーズン途中に放出するフロントの愚行を嘆き怒っていたが、育成型チームにシフトしつつあるコンセプトからすれば良い話で、この後も続くであろう海外移籍の第一陣としてその成功を願ってやまない(長友はアカデミーではないし、陽平は無理くりやった移籍話だったのでヨッチを第一号に認定)。4億ともいわれる移籍金を残して旅立つのだ。ここは快く送り出してやるのが筋だろう。

しかし、それにしてもこのゲームの2点も武藤がいなければ生まれなかった点であり、本当に2ndステージはどうやって点を取るのかを短い中断期間に詰めていってもらわないと、竜頭蛇尾のシーズンで終わりかねない。主審の榎本はブレブレで、モリゲのファウルもそこまで取るかという感じだったから、ヨッチのPKはお釣りのように見えてしまうのだが、ヨッチだから取れたというところも多分にあると思う。コースケのクロスを封じられたとき、どこに血路を見出すか。柏はボックスの縁あたりでワンツーを使って抜け出そうとしていた。うまく東京のDFがカットしていたので実らなかったが、これも一つのゴールへの道筋だと思う。ただ、これはある程度のコンビネーションが必要なので、今の東京の前線で使えるかどうかはわからない(現状ノーポストだからな)。フィッカデンティの攻撃はまさしくタレントに依存した感じで、これといった戦術的な決め事やコンビネーションもないように見える。となると、彼に代わるような強力な「個」が必要で、その視点からすると今いる面子であれば平山が一番可能性があるのではないかと思う。すでに、オーストラリア代表ネイサン・バーンズ獲得の噂も出ており、フロントも補強の意思は見せている。しばらくは静観するしかなさそうだ。

さて、このゲーム、ヨネがアクシデントで退場し、久しぶりに野澤がピッチに送り出された。4-4-2にシフトチェンジすると、全体のバランスがよくなりスクランブルだった割にはしっかり機能するところを随所に見せていた。陽平とにゅうさんが怪我でヨネも負傷となれば、中盤はもっと若手が頑張らねばならない状況が自然と出来上がってしまっている。否が応でも彼らの力が必要なのだ。安定感を見せた野澤に対して、徳の累積による欠場の代わりに先発した陸だったが、終盤の電池切れで‘後ろ’に対する不安が露見してしまった。終盤のピンチは吉本のカバーで難を逃れたが(吉本もいつの間にか成長したものだよ)、90分持たないようでは現代のSBは務まらない。先制点を奪ったタマは良かった。プレーにまだムラがあるが、ゲームに出るうちに良くなっていく感じがする。ヨッチとアベックゴールでお立ち台に二人で立てて嬉しそうだった。振り返ると、ピッチにはアカデミー出身者が5人立っていたわけだ。半分が育成選手で占められるとは実に感慨深い。やっとトップのリーグ戦でこれだけの人数がプレーできるようになったのだ。他にもプロになった選手はたくさんいるものの、トップチームでリーグ戦を戦うまでの実力を認められたものはそう多くはなかった。あるものはベンチを温め、まともにベンチにも入れないまま去った者もいる。この流れはこれからも続いていくし、さらにもっとクオリティの高い選手たちがトップに送り込まれてくるだろう。だからこそ、ヨッチは気持ちよく送り出されねばならないのだ。

【トップ在籍歴のあるアカデミー出身者】
馬場憂太 2002-2007
尾亦弘友希 2002-2005
呉章銀 2002-2004
梶山陽平 2003-
李忠成 2004
阿部伸行 2005-2010
吉本一謙 2005-
森村昂太 2007-2008
権田修一 2007-
廣永遼太郎 2008-2014
大竹洋平 2008-2013
椋原健太 2008-2014
重松健太郎 2010-2012
阿部巧 2010-2013
平出涼 2010
橋本拳人 2011-
三田啓貴 2012-
武藤嘉紀 2012-
丸山祐市 2012-
野澤英之 2013-
佐々木渉 2014-

そういえば、行方が分からなかった憂太はHondaFCでコーチをやっているらしい(未確認)。あれが指導者とは、歳月の流れをいやでも感じる。

|

« ファンタジーサッカー2015 第14節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第14節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/61679970

Listed below are links to weblogs that reference 自家発電:

« ファンタジーサッカー2015 第14節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第14節レビュー »