« ファンタジーサッカー2015 第9節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第9節レビュー »

May 03, 2015

二枚看板

FC東京2-1川崎

42,000人入ってこの逆転劇は最高のプロモーションだな。はけるときの混雑が厄介だけれど、勝利の余韻を楽しむには飛田給まで牛歩もいいか。

それにしても、パスサッカー、攻撃サッカーと掲げていたのはいつのことやら。堅守・セットプレーがいつの間にやら専売特許になってしまった。しかし、それで勝てるのだから文句はない。前半はシュートたったの一本。川崎がポゼッション優位で来ることは織り込み済みにしても、全く攻めにならなかったのだから話にならなかった。ただ、右サイドの車屋が徳の突破をひっかけて黄色をもらったことで、右サイドをゴリゴリやれば抜けるのではないかと思っていたのだが、あにはからんや、後半早い時点でヨッチが見事突っかけて車屋をピッチの外に追い出すことに成功した。後半に入って急にオープンな展開になってすぐだったから、後半頭から入った東の効果もあったのかもしれない。そこからは数的優位によって東京がポゼッションを高め、前半と真逆の展開。川崎も守りに入ってしまうとやっぱり脆い。追加点を狙いに来ていればやられた可能性が高かったが、車屋の退場が非常に大きかった。ヨッチ様様だ。

昨季の総括でも書いたけれど、とにかく今の東京はこーすけとヨッチで持っているようなものなのだ。そこを抑えてしまえば東京は怖くない。しかし、セットプレーはどうしようもない。西部の逆をついて決めたFKといい、決勝点のFKといい、パーフェクトな仕事だった。ヨッチもゲーム終盤であれだけのスプリントが出せるのだから恐れ入る。中2日で体力的に厳しい中、守勢に回った川崎の選手たちは後半明らかに電池切れで、ヨッチのマークを放してしまったのも疲れで集中力が切れてしまったからだろう。最後まで走りきり、そして決める、この能力の高さ。欧州トップリーグが注目するのも頷ける。さて、これで彼がもし6月に抜けるとしたら、第2ステージはどうするのだろうかな。

それはさておき、前半先制できれば逃げ切り、先制されてもセットプレーをキーにじわじわ押し返すしぶとさが身についてきている。埼スタでの決戦までしぶとく追走してほしいものだ。次節は鬼門のユアスタ。勢いで乗り切るのではなく、自力で勝ち点3をもぎ取りたい。

|

« ファンタジーサッカー2015 第9節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第9節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/61534583

Listed below are links to weblogs that reference 二枚看板:

« ファンタジーサッカー2015 第9節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第9節レビュー »