« ファンタジーサッカー2015 第12節 | Main | 寄生獣 完結編 »

May 18, 2015

浦和戦が示すもの

BS中継は録画したけど結局見なかった。結果と左サイドから崩された1点目を見ただけで十分だ。攻撃に関していえば前半流れの中からのシュートが0だったということがすべてで、ヨッチと左サイドを抑えるという鹿島戦でも提示された東京対策を浦和も実行してきただけに過ぎない。1週間やそこらで問題が解決できるわけもなく、さすが首位に立つチームは鹿島以上にそのタスクを完遂したというわけだ。見ての通り、優勝を狙うなんておこがましい。やってるサッカーは攻撃部分が欠落した中途半端な状態なのだから。

0-0で引っ張ってセットプレーで点を取る以外東京に勝つすべはなかった。それが、早い時間帯で先制を許してしまっては勝てる見込みなどないのだ。早くタイトな寄せに慌ててボールを失うとか、日頃のトレーニングの強度が知れるというもの。普段やっていることが全く通じなくなってしまったときに、ピッチ上の選手たちは、浦和の攻守にどう対応すればいいかわからなくなってしまったのだろう。すなわち、ここがフィッカデンティのサッカーの限界点である。

そもそも不思議なのは、あれだけポポさんの時につないでつないでつなぎまくったのに、すっかりそのやり方を忘れてしまっているのはなぜなんだろうか。メンバーが多少は入れ替わっていても、主力はポポ時代も出張っていたわけで、今(フィッカデンティ)のスタイルが通用しないのであれば、自主的に異なる方法を試してみようとかならないのだろうか。ポポさんは浦和戦に限って(対広島もか)3-4-2-1のミラーシステムを採用することが多かった。対面でしのぎ、わずかなチャンスにかけるやり方だ。うまくすれば勝ち点3も不可能ではない。そういう、戦術の柔軟性に欠けてしまったのはなぜだろう。2バックにしてボランチが最終ラインに吸収される形での3-4-2-1とかもできるのに、あえて4-4-2にしてみたり、ミステルの対浦和戦術というのが全くなかったかのように見えるのも謎だ。首位のチームと戦うのに、何の準備もしていなかったとしたらそれこそ無為無策である。

さて、この敗戦(連敗)を受けて、どのような修正が施されるのだろう。次節の名古屋戦は今シーズンを占う分水嶺的一戦になる気がする。

|

« ファンタジーサッカー2015 第12節 | Main | 寄生獣 完結編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/61608871

Listed below are links to weblogs that reference 浦和戦が示すもの:

« ファンタジーサッカー2015 第12節 | Main | 寄生獣 完結編 »