« ファンタジーサッカー2015 第6節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第6節レビュー »

April 19, 2015

談言微中

FC東京1-2広島

電光石火でヨッチがゴールを決めて、今日の負けはないななんて余裕ぶっこいているからこういうことになるのだな。実際このゴールは水本か誰かのヘッドのクリアが味方に当たってヨッチの前にこぼれたもので、東京にしてみればラッキーだった。冷静に林の股を抜いたヨッチのシュートはならではにしても、まぁ貰い物の先制点だった。これで広島に火がついて、わずか10分後に追いつかれてしまう。ドウグラスの突進に秀人が飛ばされ柴崎にラストパスが渡ったわけだが、球際が弱すぎる。転がって抗議してる場合じゃないだろう。後半追い上げる時も、持ち上がって簡単に奪われカウンターの起点になったりして、不安定極まりない高秀先生は相変わらず、というかここの所ゲームに出ていないせいかゲーム勘が鈍ってさらに劣化した印象すらある。しかし、このゲームの最大の戦犯は実は陽平なのだ。2失点とも彼のパスミスが起点になってしまっている。明らかに広島は狙っていた(あと高秀先生も)。ボランチの陽平を経由することが多く、広島は陽平にボールが入るとゆるくプレスをかけつつパスコースを限定していく。出しどころに困って難しい(といういか網が張られている)コースを選択しカットされるのだ(それ以前にもっと安直なパスミスも多かったが)。判断の遅さが命取りとなる。陽平のプレースタイルをしっかり研究した広島の対応、戦略はお見事としか言いようがない。この広島の罠を逆手にとれるぐらいになってほしいのだがね。まぁ、いつかは負けるんだろうし、ここで負けたことで一回リセットできるので、新たな気持ちでGWの連戦に入っていけるとポジティブに考えてみるであった。

それにしてもカニーニはどうしたんだろうか。オヒサルには何の発表もないが、怪我だろうか。吉本がいるので問題はないが、怪我だとしたら大事なければよいのだが。

|

« ファンタジーサッカー2015 第6節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第6節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/61463701

Listed below are links to weblogs that reference 談言微中:

« ファンタジーサッカー2015 第6節 | Main | ファンタジーサッカー2015 第6節レビュー »