« 年チケ来る | Main | ファンタジーサッカー2015 第1節 »

March 01, 2015

アメリカン・スナイパー

イラク戦争で160人を狙撃したといわれる‘伝説(レジェンド)’クリス・カイルの実話を実写化。表面(演出)はクールながら、イーストウッド監督の根っこの熱い気持ちが伝わってくる。テーマは『ハート・ロッカー』とほぼ同じだ。ただ、本作は実在の人物の実話がベースになっているだけに説得力が違う。ハートロッカー以前であればオスカーも取れたかもしれない。戦場の現実はよりリアルに、より凄惨に描かれている。ISISのネット動画のように、いまでは戦場の最前線が全世界どこからでも覗き見ることができる時代だ。下手に描けば嘘くさく見えてしまうので、このテーマはとても難しくなってきているように思う。しかし、イーストウッドはそんなことは意に介さず、今回もストレートに人の‘生と死’に向き合っている。(ネタバレ)

American_sniper『ハートロッカー』は記録映像的(ドキュメンタリー的)側面が強かったが、本作はクリス・カイルという一人の愛国者の物語であり、まさしく彼の人生のドラマが詰まっている。俯瞰的に客観的に戦争の悲惨な現実を訴える側面と、クリス・カイルという個人の側面とが複雑に絡み合っている。敵の攻撃により味方が数十人も死傷されるならば、たとえそれが女子供であろうと迷わず射殺するクリス。それは、人間としての倫理と常識から外れた存在だ。それが肯定される世界の話であることに強烈な違和感を覚えるとともに、それが観ているうちに当たり前だと思えるようになってしまう、つまり戦争病に侵されていくクリスと同じ感覚に陥ってしまいそうになる、この映画の共振性に驚くのだ。クリスが同僚の仇である敵の狙撃兵‘虐殺者’の狙撃に成功した瞬間、誰もがカタルシスを感じてしまうはすなのだ。現実の戦場に赴く兵士たちの心理を映画館という暗闇の中で再現してしまっている。目には目を。ISISが重なって見える。あらためてイーストウッドの手腕に驚かされる。

クリス役のブラッド・クーパーは、屈強な愛国者を演じながら戦争病に侵されつつあるナーバスな内面も繊細に表現していた。シエナ・ミラーも戦地の夫の身を案じながら気丈にふるまう妻タヤ役にマッチしていた。実際、登場人物はこの2人だけといっても過言ではない。戦地と衛星電話で会話していたらいきなり戦闘になり、その様子が電話口から聞こえてくる状況なんて、日常からは想像ができない。死の不安がすぐそばにあるのだ。しかし、その死は安全だと思っていた国内に存在していた皮肉。しかも、彼が命を懸けて守り通した同胞によってもたらされる悲劇。この事実は最後にクレジットだけで観客に知らされる。そして無音のエンディングロールへ。戸惑いながらも、最後のクレジットに肝は冷やされ、鑑賞後には感動も何もない。ただただ、虚しさだけが残る。そして、人の命とはいったい何なんだろうということだけがグルグル頭の中を回っている。戦争の現実(クリスの人生)に直面し、観た人それぞれが何を思うか、イーストウッドはその問いかけをしている。

|

« 年チケ来る | Main | ファンタジーサッカー2015 第1節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/61213620

Listed below are links to weblogs that reference アメリカン・スナイパー:

« 年チケ来る | Main | ファンタジーサッカー2015 第1節 »