« February 2015 | Main | April 2015 »

March 2015

March 29, 2015

気炎万丈

ナビスコカップ予選第2節 松本山雅1-1FC東京

アルウィンは3回目の来場にして、初めてホームの主との対戦となった。17,000人のキャパに対して約14,000人の入りで、およそ半分に仕切られたアウェーG裏以外はほぼ山雅サポという状況。ゲーム前のアンセムからスタンドは緑一色。メインもバックも合わせてタオルマフラーを振り回しての応援はなかなかの迫力だ。そのサポーターの後押しを受けて、ホームチームは初っ端から全開できた。ボールへの寄せはすばやく球際も厳しい。そのため、東京も自由に攻撃の組み立てができず、シュートまでもっていくことすらできなかった。代表に4人出している関係もあり、スタメンはターンオーバー的編成。GKに榎本、CBに吉本、左SBには丸山が入り、ボランチに秀人、MFは米とタマ、FWに武藤の代わりに東が入った。相手の早く強いプレスをかいくぐる方策がなく、プレー選択もミスが多い。前半はシュート3本だったのでお話にならない。山雅は山雅でオビナ頼みで攻撃を作ることができず、結果このチームの最大の特徴であるセットプレーが唯一のチャンスとなる。そんなことはわかりきっているのに、結局そのセットプレーから相手にゴールをプレゼントしてしまうのだから始末が悪い。岩上のロングスローにG前でヘッドのクリアが前田の頭に当たってしまったらしく、そのまま跳ね返ったボールはゴールの中に。集中が足りない。アバウトなプレーが多いからこうなる。

後半、山雅のプレスが弱まると徐々にペースを握る。56分の同点弾は、そんな山雅のスキをついてG前のスペースに入って行った東の技ありトラップから生まれた。見様によってはハンド(いやあれは明らかにハンドだろう)気味の肩トラップでこぼれてきたボールをコントロールし、右足一閃するとボールはゴール左隅に突き刺さった。その前から敵味方問わずハンドらしきプレーが頻発していたのだが、レフェリー上田益也はほとんどとらず流し続けた。ジャッジの不安定は見ている側からするとストレスの一因なのだが、それで得点が認められるのであればそういうことなんだろう。でも、そんなことでいいのかとも思う。

太田と武藤がいないだけで、これほど攻めにならないとは思いもよらなかった。特に前田はどうしたいのかがわからない。河野もこのゲームでは軽いプレーに終始したし、ゴール前も米とタマの絡みはほとんどなかったし、攻撃面ではいまだ課題山積といったところだ。

さて、それにしても盛り上がっているのはホームの山雅だ。ホーム自由は早々完売。昨年出していた子供への招待券も今年は出していないらしい。この盛り上がり、どこまで続くのか。J1に残留できれば新スタジアム建設をというような話がでてくるかもしれないという。それもこれも、ソリリンの腕にかかっているということか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2015

ファンタジーサッカー2015 第3節レビュー

川崎情けない。だからいつまでたっても優勝できないんじゃ(人のことを言えた義理ではないけど)。TV中継見ましたが、崩しきれませんでしたねぇ。ただ、山形のハイプレスは結構厄介かも。まぁ、その分わが軍が頑張ってくれたので大惨事には至りませんでしたが、前田さんがもう外されてしまうとは、今季のわが軍はいよいよよっち頼みの様相を呈してきましたよ。今節はゴンちゃんとモリゲに感謝です。それにしても、前線は全滅だぁ。

【Yahoo】(Week3)
GK権田(東京)…19Fp
DF角田(川崎)…6Fp
DF車屋(川崎)…5Fp
DFエウシーニョ(川崎)…4Fp
DF徳永(東京)…10Fp
MF青山(広島)…4Fp
MF中村憲(川崎)…7Fp
MF梶山(東京)…10Fp
FW前田遼(東京)…0Fp
FW大久保(川崎)…0Fp
FWアデミウソン(横浜)…5Fp
合計…70Fp 通算…212Fp
5738位/130717(↑384)

【mini】(第3節)
GK権田(東京)…21fp
DF角田(川崎)…4fp
DFエウシーニョ(川崎)…3fp
DF車屋(川崎)…4fp
DF森重(東京)…16fp
MF梶山(東京)…7fp
MF矢田(名古屋)…3fp
MF中村憲(川崎)C…3fp
FW前田遼(東京)…1fp
FWレナト(川崎)…3fp
FWアデミウソン(横浜)…4fp
合計…72fp 通算…189fp
チーム時価 +3020
41位/276(↑71) 全国リーグ

第3節は名古屋の瑞穂開幕を見に行ってました。こちらもしょっぱいゲームで面白くもなんともない。スペースを消されて永井のスピードが活きないし、前半右サイドが全く機能していなかったし、ノヴァコも張り付かれて自由にならなかったし、リトリートされた相手に対してどうやって点を取るのかが全く見えませんでした。結局セットプレーでSBに残しておいた矢野が決めてなんとか同点に持ち込んだというゲーム。鹿島も点取る人がいない感じで、しばらく苦しみそうですね。両チームとも3ゲーム消化していまだ勝ちなし。調子が悪い同士でやるとそりゃグダグダになりますわな。ゴールラインを割ったボールが警備員の後頭部に見事に当たって、その警備員さんが直後にこぶしを握って自分にカツを入れたシーンが一番盛り上がったんですから、なんともはやです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2015

 ファンタジーサッカー2015 第3節

今節は川崎が軸です。アウェーとはいえ山形のバックラインがトラブルを抱えているのでチャンスです。Yahooでは、大久保、青山、権田は固定にしようと思います。ゲームごとの出来高よりは通期のアベレージをとったほうがよさそうな感じがするからですが、根拠はありません。アデミウソンは青田買いで。miniは今季は意外と選手年俸のスタートが高めなので大久保が使えません。代わりにレナトを入れときました。

【Yahoo】(Week3)
GK権田(東京)
DF角田(川崎)
DF車屋(川崎)
DFエウシーニョ(川崎)
DF徳永(東京)
MF青山(広島)
MF中村憲(川崎)
MF梶山(東京)
FW前田遼(東京)
FW大久保(川崎)
FWアデミウソン(横浜)
勝負チーム:川崎

【mini】(第3節)
GK権田(東京)
DF角田(川崎)
DFエウシーニョ(川崎)
DF車屋(川崎)
DF森重(東京)
MF梶山(東京)
MF矢田(名古屋)
MF中村憲(川崎)C
FW前田遼(東京)
FWレナト(川崎)
FWアデミウソン(横浜)
前節合計64fp

ハリルホジッチの代表がスタートします。わが軍からは再び4人が招集(予備役としてヨネも選出)です。ヤットは監督が変わらない限り事実上の代表引退です。まぁ、いつまでも遠藤に頼っていては成長はありませんなからね。宇佐美はDのゴリ押しかな。あと槙野が意外でした。親善試合2試合は勝ちに行くといってますから、お手並み拝見です。対戦相手からすればそれなりにポゼッションできることを前提にプランを組むんでしょうね。どんなシステムと選手の組み合わせになるのか今から楽しみです。

Continue reading " ファンタジーサッカー2015 第3節"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2015

ファンタジーサッカー2015 第2節レビュー

miniは今節もまた平平凡凡なポイントに終わりました。植田が出なかったというおまけつき。それにしても鹿島はどうしちゃったんでしょうね。ゲームは支配するものの、肝心のところが締まらない。歯車がちょっと狂い始めるとなかなか元に戻らないことがありますが、今季の鹿島はACLからずっとですからね。シーズン通してなら修正してくるでしょうけれど、こと1stステージは難しそうです。今節はロースコア、僅差ゲームばかりだったので、前のほうが予想が難しかったこともあり、平均点もあまり高くなかったようです。Yahooのほうは大久保が効きましたな。

【Yahoo】(Week2)
GK権田(東京)…13Fp
DFコルテース(新潟)…12Fp
DF植田(鹿島)…0Fp
DF徳永(東京)…11Fp
DF水本(広島)…7Fp
MF青山(広島)…9Fp
MF金崎(鹿島)…8Fp
MF河野(東京)…6Fp
FW前田遼(東京)…7Fp
FW大久保(川崎)…14Fp
FWラファエル シルバ(新潟)…2Fp
合計…89Fp 通算…142Fp
6,122位/130,500(↑2,530)

【mini】(第2節)
GK権田(東京)…9fp
DFコルテース(新潟)…7fp
DF森重(東京)…7fp
DFエウシーニョ(川崎)…5fp
DF植田(鹿島)…0fp
MFミキッチ(広島)…5fp
MF金崎(鹿島)…8fp
MF中村憲(川崎)…6fp
FW前田遼(東京)C…2fp
FW佐藤寿(広島)…3fp
FW高崎(鹿島)…6fp
合計60fp 通算117fp
チーム時価 +2570
112位/272(↑19) 全国リーグ

ACLは柏は何とかなりそうですが、浦和は悲惨ですな。脚も鹿も引き分けた時点で終わりでしょうね。どうしてこうなってしまったんだか、協会はこれを日本サッカー全体の問題として捉え、その原因をしっかり分析する必要がありますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2015

ファンタジーサッカー2015 第2節

やっぱり山形は最弱っぽいですね。今節は赤軍なので使えませんが、ここは指定席になりそうな予感です。まだ、1節ですが、昇格組は苦戦は免れません。加えて甲府が今年こそやばそう。わが軍は近年ホーム開幕試合はあまり調子が良くないのですが、まぁご祝儀ということでYahooのほうで多めにしておきました。鹿島も前節はレフェリング禍で残念でしたが、ポテンシャルは高い。湘南ごときにホームで後れを取るとは思えません。あと、川崎も調子よさそう。短期決戦なら十分チャンスはあるでしょう。今年のクラシコは例年になく盛り上がりそうだな。

【Yahoo】(Week2)
GK権田(東京)
DFコルテース(新潟)
DF植田(鹿島)
DF徳永(東京)
DF水本(広島)
MF青山(広島)
MF金崎(鹿島)
MF河野(東京)
FW前田遼(東京)
FW大久保(川崎)
FWラファエル シルバ(新潟)
勝負チーム:FC東京

【mini】(第2節)
GK権田(東京)
DFコルテース(新潟)
DF森重(東京)
DFエウシーニョ(川崎)
DF植田(鹿島)
MFミキッチ(広島)
MF金崎(鹿島)
MF中村憲(川崎)
FW前田遼(東京)C
FW佐藤寿(広島)
FW高崎(鹿島)
前節合計68fp

J's GoalがJリーグ.jpに衣替えして不評を買っているところもありますが、トラッキングデータはそのなかでもポジティブな話題です。前節万博のゲームを見ると、わが軍の各選手たちの動きが可視化されていて興味深いです。たとえばCBの2人ともにフル出場なのに10㎞走ってないとか。FWの前田さんが距離、スプリントともチームNo.1だったり(宇佐美はフル出場ではないにしろ走行距離もスプリント回数も少ない)。チームの総走行距離は同じだけれど、スプリント回数は東京のほうが1割強少ないとか。ただ走ればいいってわけでもない。この数字から選手のプレーぶりが垣間見られるので面白いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2015

ファンタジーサッカー2015 第1節レビュー

新潟見事にこけましたな。思ったほどチームは出来上がってないみたいですね。買い被りが過ぎたか。広島に分散させていたおかげで大惨事は回避できましたが、平平凡凡なポイントに終わりました。ただ、一番人気のレドミが出てなかったり、松本が引き分けたり、鹿島が負けたりと多少番狂わせ的なところもあってか、miniの順位はこんなポイントでも中位で済んでます。まぁ、これからですかね。前田と武藤の二択だったわけですが、やはりよっち持ってます。今後miniでは積極的に使っていこうと思います。固定してもいいかな。Yahooのゴンちゃんは固定しようと思います。めんどくさいんで。あと、陽平は復帰しましたが、高秀先生と併用になりそな雰囲気なので、とりあえず東京縛りは2名選出のままにしておきます。すなわち掟は昨年通りです。

【Yahoo】(Week1)
GK権田(東京)…1Fp
DFコルテース(新潟)…2Fp
DF本多(名古屋)…4Fp
DF徳永(東京)…5Fp
DF水本(広島)…8Fp
MF青山(広島)…13Fp
MF山本康(新潟)…7Fp
MF小林裕(新潟)…6Fp
FW前田遼(東京)…5Fp
FWグスタポ(名古屋)…0Fp
FW指宿(新潟)…2Fp
合計…53Fp 通算…53Fp
8652位/130208

【mini】(第1節)
GK守田(新潟)…3fp
DF大井(新潟)…4fp
DF森重(東京)…4fp
DF水本(広島)…9fp
DF牟田(名古屋)…1fp
MFミキッチ(広島)…7fp
MFレドミ(名古屋)…0fp
MF小林裕(新潟)…4fp
FW前田遼(東京)…6fp
FW佐藤寿(広島)C…9fp
FW指宿(新潟)…1fp
合計…57fp 通算…57fp
チーム時価 +1190
131位/277 全国リーグ

ACLがグダグダです。悲しいですな。連敗組は4連勝でも勝ち点12。2位抜けできるかどうか。せめて2チームはラウンド16へ進んでほしいです。まぁ、1チームだけでもそこが決勝に進んでくれれば問題はないんですがね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2015

弾丸雨注

G大阪2-2FC東京

せっかくの開幕試合なのにあいにくの天気予報。持ってくれるんじゃないかとたかをくくって雨天対策を怠ったために、前半で観戦を断念するという失態を演じてしまう。しかし、あのまま試合終了まで雨に打たれ続けていたら確実に風邪をひいていたので、やむを得ない撤退だった。そして、よりによってそんな時に限ってドラマが待っているのだからまったくもってやるせない。

前半終了間際の大阪の得点の後、東京の選手たちが主審に食って掛かっていたので何かあったとは思った。帰宅してテレビのスローを見て合点がいった。ただ、セルフジャッジした彼らに直接的な責任がある。モリゲも反省している。まぁ、間近で見ていた彼らが明らかに出たのを確認したのだからプレーを止めてしまったのも無理はないかもしれない。さらに、主審がコーナーを指し示すそぶりをしたというのも効き目があった。それ以上に気に入らないのはプレーしていた当の本人、宇佐美が自己申告もせず知らぬ存ぜぬを決め込んだことだ。せこい、せこすぎる。ずるしてとった1点にそれほどの価値はない。そのことを最後の最後で武藤が証明してくれたことが嬉しくて仕方ない。そして、その場にいなかったことが悔やんでも悔やみきれない。

2失点目もボールへは陽平のほうが早くいっていたように見えたが、これも宇佐美の狡猾さにやられた感じだ。ヤットに譲ってもらって決めたPKもなんかお情けでもらった点みたいで実にみすぼらしい。こんなせこい大阪サッカーに2点もリードされ、そこからよく追いついたものだ。確かに不用意な守備からの2失点は褒められたものではない。ただ、この逆境を跳ね返すメンタルは逞しい。武藤の2得点はいずれもマーベラス。1点目はためてずらして股下を抜くという一連の動き、アイディアが素晴らしい。ゴールへの角度まで正確に捕捉できていたかどうかは疑問だが、狙って打っているところがすごい。2点目はシュートを打つ決断力とコースを狙った技術が光る。右アウトにかけたシュート回転のボールはGKの届かない右隅へ。爽快な有無を言わさぬ見事なゴールだった。同じ2点でもクオリティがだんちだ。これだけでも、なぜ武藤が代表に呼ばれ宇佐美が呼ばれないかがわかるというもの。

中2日でコンディションが整わない相手に先行され追いつくのが精いっぱいというのが癪に障る。実際、シュート数は少なく、結局得点も武藤頼みだったわけで、昨季の課題が全く解消されていないのに不安を抱く。攻撃は左偏重(前半は東京が左から攻め、大阪はボールを奪うとすぐに逆サイド=東京の右サイドに展開し速攻気味に攻めてきた)。コースケが出られなかったらどう攻撃を組み立てるつもりだったのだろうか。後半の後半、4-4-2にフォーメーションを変更し、武藤を2列目にしたら回りだしたそうで、大阪の燃料切れという面もあったと推測されるが、やはり4-3-1-2は守備的だ。アウェーだし、前半は守備的に行って後半勝負というプランもわからないではないが、それで2点も先制されてしまったのでは意味がない。攻め切るにはやはり昨季のように先行逃げ切りで行くべきではないだろうか。そのためにも、頭から4-4-2でいくぐらいのことをやってほしい。

さて、2ステージ制に変わってスタートダッシュがいよいよ大事になってきたが、このゲームといい鹿島戦といい、いきなりゲームを左右するミスジャッジが出てしまっている(誰が見てもハンドでしょ)。どうも今季も糞レフェリーが何人かいるらしい。実に頭が痛い話だ。レフェリーに対する評価はメディアがきちっとしていくべきだと思うし、協会も明らかなミスはしっかり認めて(それでも結果が覆ることはないのだから)具体的に改善していてもらわないといけない。そうでないと、一生懸命プレーしている選手たちがかわいそうだし、見ている側も納得できない。

万博競技場は今年が最後だ。いろんな意味でいい思い出ができた開幕戦だった。

Continue reading "弾丸雨注"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2015

ファンタジーサッカー2015 第1節

さぁ、今年も始まりますよ。初っ端相変わらずわかりません。過去の戦績もあまりあてにはならないし、スタメンもPSMだけではわからない。ここにきて怪我人が出たりで、昨年レギュラーも、もしかしたら控えに回るかもしれません。ACLに出ている4チームは比較的わかりやすいかもしれませんが、中2日、3日なので、メンバーを変えてくるでしょう。特に赤軍はボロボロだったから、迷走しそうですね。ということで、軸を新潟に持ってきました。アウェーでの強さと昨年のメンバーを引き継ぎながらさらに強化できていると見ました。わが軍はアウェーの脚戦ですが、中2日に期待しましょう。相手は点が取れてないし。ただ、ここで調子づかせるようなことがないようにしてほしいものです。

【Yahoo】(Week1)
GK権田(東京)
DFコルテース(新潟)
DF本多(名古屋)
DF徳永(東京)
DF水本(広島)
MF青山(広島)
MF山本康(新潟)
MF小林裕(新潟)
FW前田遼(東京)
FWグスタポ(名古屋)
FW指宿(新潟)
勝負チーム:新潟

【mini】(第1節)
GK守田(新潟)
DF大井(新潟)
DF森重(東京)
DF水本(広島)
DF牟田(名古屋)
MFミキッチ(広島)
MFレドミ(名古屋)
MF小林裕(新潟)
FW前田遼(東京)
FW佐藤寿(広島)C
FW指宿(新潟)

ところで健太郎は町田に決まりました。随分時間がかなったな。どこで寄り道してたんだろう。

開幕は万博です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2015

アメリカン・スナイパー

イラク戦争で160人を狙撃したといわれる‘伝説(レジェンド)’クリス・カイルの実話を実写化。表面(演出)はクールながら、イーストウッド監督の根っこの熱い気持ちが伝わってくる。テーマは『ハート・ロッカー』とほぼ同じだ。ただ、本作は実在の人物の実話がベースになっているだけに説得力が違う。ハートロッカー以前であればオスカーも取れたかもしれない。戦場の現実はよりリアルに、より凄惨に描かれている。ISISのネット動画のように、いまでは戦場の最前線が全世界どこからでも覗き見ることができる時代だ。下手に描けば嘘くさく見えてしまうので、このテーマはとても難しくなってきているように思う。しかし、イーストウッドはそんなことは意に介さず、今回もストレートに人の‘生と死’に向き合っている。(ネタバレ)

Continue reading "アメリカン・スナイパー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | April 2015 »