« ファンタジーサッカー2014 第34節 | Main | インターステラー »

December 07, 2014

断編残簡

FC東京1-1横浜FM

最後に来て4-4-2(4-4-1-1)を採用して、果たしてミステルはどんな意図を持っていたのか。武藤がフィジカルの問題でスタメンを外れたとのことだったが、別に頭から千真というチョイスだってあるだろうし、システム自体をいじる必要性はあまり見当たらない。相手が横浜だからということなのか、よくわからない。

久しぶりのダブルボランチは高秀、陽平のコンビ。アウトサイドにヨネと東。守備的な不安は低くなるが、一方で攻撃は両サイドが上がっていかないと枚数不足で押し込めない。自然と重心は後ろになってしまう。実際攻撃時に必ずと言っていいほどヨネにチャンスが回ってくるのだが、どうにもアタッキングサードのアイディアが不足。スーペルなミドルが1本だけあったが、それもクロスバーに嫌われる。攻撃に移っても全体的にミスが多く、プレーに丁寧さがない。エドゥーも相変わらず収まらないし孤立気味。簡単にボールロストしてしまうから守備の時間も長くなってしまう。

失点はカウンター気味に右サイドを崩され、センタリングに対しても1対1のカバーリングが後手を踏んだため。やはり、どこか油断しているところがあった。いつの間にか栗原がいなくなっていてビックリしたが、終盤その数的優位も生かせず、なし崩し的なドロー決着だった。ガンガン両サイドが上がっていけばいいのに、なんとなく左偏重のマンネリに支配されていたように思う。なんとなくピッチから真剣みが感じられなかったのだ。ゲームに対するモチベーションの欠如と言ってしまえばそれまでなんだが、この順位に落ち着いたのは、結局これらのプレーの総体=積み重ねなのだということで変に納得できた。失点は減ったけれど得点も同じだけ減ったし、勝ち点も2勝分足りなかった。マッシモの1年目、2014年の総括は後でゆっくりしたいと思う。

ところで、対戦した横浜だが、先発に「藤」がつく苗字が5人も並んでいた(伊藤・斎藤・佐藤・藤本・兵藤、交代で藤田も出てきたw)。どんだけ藤が好きなんだか、そんなことが気になってしまった最終戦であった。

|

« ファンタジーサッカー2014 第34節 | Main | インターステラー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60775545

Listed below are links to weblogs that reference 断編残簡:

« ファンタジーサッカー2014 第34節 | Main | インターステラー »