« November 2014 | Main | January 2015 »

December 2014

December 31, 2014

2014-2015FC東京ら情報④

年内こんなところですかね。それにしてもGK1枚どうするんだろ。塩に対しては感謝しかないです。まだまだ先があるから、大宮とJ1でぶつかりたいですね。その大宮からは北斗が福岡に異動です。千真は前田の玉突きで神戸へ。駒数は足りているので、あとGKが決まればこれで打ち止めかも。エドゥーの話も寝耳に水でミステルは反対しているらしいのですが、どうなりますやら。出すなら出して、ミステルのルートで助っ人呼べないですかねぇ。

<12/31現在で表に出てきている話>
【OUT】
GK塩田仁史→大宮
  圍謙太郎…ボローニャで入団テスト
  廣永遼太郎→広島
DF加賀健一→浦和
MF
FW渡邊千真→神戸
エドゥー…Kリーグ全北からオファー?
社長 阿久根謙司…原隊復帰予定
    
【IN】
GK荻(甲府)…東京からオファーもお断り
DF丸山祐市(湘南)→原隊復帰
  小川諒也(流経大柏)…新加入
  山下達也(C大阪)…東京からオファーもお断り
奈良竜樹(札幌)→レンタル加入
MF橋本拳人(熊本)→原隊復帰
  キムミヌ(鳥栖)…東京からオファー
FW前田遼一(磐田)…獲得
  林 容平(大分)→原隊復帰
社長 大金直樹…新社長就任予定

ついでに東京OBの動向もまとめ。
GK阿部伸行(湘南)→北Q
DF茂庭照幸(バンコック・グラス)…契約終了
  金沢浄(群馬)…現役引退
  鈴木規郎(仙台)…契約終了
中村北斗(大宮)→福岡
MF佐藤由紀彦(長崎)…現役引退
  下田光平(長崎)…契約終了
FW赤嶺真吾(仙台)→G大阪
  重松健太郎(栃木)…契約終了
  近藤祐介(栃木)→北Q
阿部吉朗(磐田)…松本からオファー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2014

今シーズン初滑り

今シーズン初滑り
遥々岩鞍まで来た甲斐がありました。今日は快晴。雪質も最高です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2014

フューリー

第二次世界大戦末期のドイツ戦線。‘FURY(憤激)’と名づけられた1台のアメリカ軍戦車の戦いを描いた本格的戦争映画。‘FURY’戦車は実在していたということだが、映画自体はフィクションで、戦争の悲惨な現実がこれでもかというまでに提示される。実話ベースの戦争映画ということで『プライベートライアン』と比較される向きも多いが、評価は賛否両論で分かれている。人の死を撒き散らすただの暴力映画か、戦争の悲惨さを痛切に訴える反戦映画か、それは見る人が決めればいいと思う。(ネタバレ)

Continue reading "フューリー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2014

寄生獣

月刊アフタヌーンで連載が始まったのが1990年(初回から3話まではモーニングオープン増刊1988年~1989年で掲載)。創刊当時のアフタヌーンを支えた作品の一つで、未知の生物が人間の頭を乗っ取り人を食うという基本設定とサスペンスホラーとも一線を画したストーリー展開で徐々に人気を拡大していった。四半世紀も前の作品であるにもかかわらず、そのテーマ性と設定の斬新さは色あせず、むしろ後進国の爆発的発展に伴う地球資源の枯渇と温暖化の進行が切実な問題として浮上してきた今だからこそ映画化されたということなんだと思う。ダラダラと巻数を伸ばすマンガが多い中、10巻というコンパクトなサイズでドラマは完璧に完結する。濃厚な10巻分のストーリーを前後編とはいえ4時間以内にさらに圧縮するのは並大抵なことではない。原作をスポイルしがちな映画化だが、本作はいかに。(ネタバレ)

Continue reading "寄生獣"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2014

2014-2015FC東京ら情報③

阿久根さんが退任されることが内定したようです。阿久根さんは野球畑の人だったから、サッカーというプロスポーツをムラバとはまた違った角度で見てくれていたと思います。特にお客様視点を大事にしていた。青赤横丁の定着はその最たるものでしょう。ゲーム前後には出てきて握手したり、一時は社長握手待ち行列もできたぐらい。気さくでファン・サポーターとの距離はとても近かった。クラブとしては良い人事だったと思います。さて、後を託される大金さんはガスのサッカー部出身。クラブ初のプレイヤーかつプロパー社長です。この人事は、クラブがリーグ優勝に向けていよいよ本腰を入れたという風にとっていいんですよね。
選手のほうは、林が原隊復帰を果たしました。J2奉公時のパフォーマンスはまったくチェックしていなかったので、戻ってきてどれぐらい期待して良いものかが分かりません。FW強化という意味では、前田は確かにいい選手ですが、J2ボケしてJ1では使えないのではという危惧があります。また、2013年磐田が降格したのも前田の不振が影響していたという分析もあり、J1を戦うにはもともとポテンシャルが低下してきているのではないかとも疑うのです。とはいえ、エドゥーや平山よりはやっぱりいいんじゃないかと期待してしまいますし、実に微妙。
あ、遼太郎がでてっちゃった。まじか。

<12/24現在で表に出てきている話>
【OUT】
GK塩田仁史…大宮からオファー。乗り気?
  圍謙太郎…ボローニャで入団テスト
  廣永遼太郎→広島New
DF加賀健一→浦和
MF
FW渡邊千真…神戸がオファー?
社長 阿久根謙司…原隊復帰予定
    
【IN】
GK荻(甲府)…東京からオファー?
DF丸山祐市(湘南)→原隊復帰
  小川諒也(流経大柏)…新加入
  山下達也(C大阪)…東京からオファー?
MF橋本拳人(熊本)→原隊復帰
  キムミヌ(鳥栖)…東京からオファー
FW前田遼一(磐田)…東京からオファー
  林 容平(大分)→原隊復帰
社長 大金直樹…新社長就任予定

ついでに東京OBの動向もまとめ。
GK阿部伸行(湘南)→北Q
DF茂庭照幸(バンコック・グラス)…契約終了
  金沢浄(群馬)…現役引退
  鈴木規郎(仙台)…契約終了
MF佐藤由紀彦(長崎)…現役引退
  下田光平(長崎)…契約終了
FW赤嶺真吾(仙台)…G大阪?
  重松健太郎(栃木)…契約終了
  近藤祐介(栃木)…契約終了

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2014

2014-2015FC東京ら情報②

高秀先生2億袖にしたらしい。△。その代わりといってはなんですが、加賀が貰われて行きました。枚数が多いので、誰かは整理対象になるだろうなと思っていましたが予想通りでした。そして、今度は前田遼一にオファー。いろいろな面でエドゥーよりクオリティは高いと思います。確かに年齢は気になるところですが、使い方で何とでもなるような気もします(獲れたら千真はアウトでしょうかね)。
移籍のモチベーションは基本的にサラリーアップです。だから、基本契約でより高く評価してくれるところへ行くのは当たり前だと思いますよ。特にJリーガーは出場給の割合も大きいので、チーム力は落ちたとしてもレギュラーで出場できる可能性が高いチームであればそっちを選ぶこともあります。チームに対するロイヤリティうんぬんはありますが、それだけで短い競技人生を費やすわけにはいきません。彼らはその短い間に稼がないといけないんですから。チームを後にする選手は非難される筋合いはなく、引き止められなかったフロントを責めるべきなんです。
さてさて、この戦力で果たして優勝できますかね。

<12/22現在で表に出てきている話>
GK塩田仁史…大宮からオファー。乗り気?
  圍謙太郎…ボローニャで入団テスト
  荻(甲府)…東京からオファー?
DF丸山祐市(湘南)…原隊復帰
  小川諒也(流経大柏)…新加入
  山下達也(C大阪)…東京からオファー?
  加賀健一…浦和
MF橋本拳人(熊本)…原隊復帰
  高橋秀人…赤軍からオファー。お断り。
  キムミヌ(鳥栖)…東京からオファー
FW前田遼一(磐田)…東京からオファー

ついでに東京OBの動向もまとめ。
いつのまにやらノリオが首になってました。ユースケも同じく放出。
GK阿部伸行(湘南)…北Q
DF茂庭照幸(バンコック・グラス)…契約終了
  金沢浄(群馬)…現役引退
  鈴木規郎(仙台)…契約終了
MF佐藤由紀彦(長崎)…現役引退
  下田光平(長崎)…契約終了
FW赤嶺真吾(仙台)…G大阪?
  重松健太郎(栃木)…契約終了
  近藤祐介(栃木)…契約終了

あと、ユースは残念でした。でも、プレミア復帰だけでも十分です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2014

2014-2015FC東京ら情報①

思わぬところから思わぬ話題が飛び出して来ましたね。高秀先生に赤軍からオファー、しかも結構煮詰まっているという。最初クラブが最終ラインのレギュラー級を当たっていたのが解せなかったんですが、もしかしたらここにつながっているんじゃないかという気がしてきました。カニーニと加賀に放出の話が出てくれば単純にDFの入れ替えということでしょうが、2人が継続することを前提で考えると、ミステルはもしかしたらモリゲをアンカーに上げて、吉本+カニーニあるいは丸あたりでCBを組ませるなんてことをイメージしてやしないかということなんです。代表でモリゲのアンカーはありだということは分かっていることですから、彼のセンスをもっと活かすためにもう一列上げてみたいと思ってもおかしくはありません。考えすぎかなぁ。だとすれば、CBは枚数として多いよね。
圍は契約更新したばかりですが、ボローニャのテストを受けるようです。受かれば即レンタルかな。そもそも権ちゃんの方が海外行きたいんだから、謙太郎に先こされたら心中穏やかでないですよ。代表からも外されちゃってるし。さて、こうなると大宮からオファーが来ているらしい塩に出て行かれる訳にはいきません。遼太郎の原隊復帰もアナウンスなしですから、GKもにわかに騒がしくなってきました。
さて、問題のFW陣ですが、正直平山が無事でシーズンを終えられていたら、もうちょっと順位は上だったと思います。結果的に得点数は少なかったけれど、攻撃を作っていくうえではかなり効いていました。エドゥーがプレーやコンディショニングにムラがあったから、平山がいれば上手く補完しあってやっていけたと思います。少なくとも、リーグ終盤の千真よりは役に立ったはずです。その平山の契約更新がいの一番に発表されたのは、クラブの期待感の現れでしょう。来年でもう30ですからね。いい加減しっかりしないと。あとはどんなアタッカーを採るかです。エドゥー、ヨッチ、河野の3人でリーグ総得点の6割がたを取っている現状を鑑みるに、どうやって得点力を強化するか、その考え方次第でどういう人材を補強すべきかも変わってきます。さらには、ヨッチが来年夏にヨーロッパに行ってしまう可能性も否定できませんから(そうならそのときに補強すればいいということではありますが)、そこを見越してということもあるでしょう。何にしても来期の課題解決に直結する話です。納得の行く補強をしてもらいたいものです。

<12/19現在で表に出てきている話>
GK塩田仁史…大宮からオファー?
  圍謙太郎…ボローニャで入団テスト?
DF丸山祐市(湘南)…原隊復帰
  小川諒也(流経大柏)…新加入
  山下達也(C大阪)…東京からオファー?
MF橋本拳人(熊本)…原隊復帰
  高橋秀人…赤軍からオファー
  キムミヌ(鳥栖)…東京からオファー

ついでに東京OBの動向もまとめ。
GK阿部伸行(湘南)…北Q
DF茂庭照幸(バンコック・グラス)…契約終了
  金沢浄(群馬)…現役引退
MF佐藤由紀彦(長崎)…現役引退
  下田光平(長崎)…契約終了
FW赤嶺真吾(仙台)…G大阪?
  重松健太郎(栃木)…契約終了

現役引退のお二方、本当にお疲れ様でした。
それにしても健太郎はどうしちゃったんだろう。小川が入ってきて、ムックンも今年は正念場でしょう。カンテラには頑張ってほしいんだけどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2014

祝プレミア復帰!

いやー、やってくれましたね。何年ぶりだ?今のシステムはシビアだから、一度落ちてしまうと上に上がるのが結構大変で、チャンスすら巡ってこなかったこの数年でしたが、やっとですね。アカデミーが強くならないと、トップに上げる人材も枯渇してしまいます。ユース年代から強豪チームと切磋琢磨できることは非常にいいことです。おめでとう。この勢いでユースカップも獲っちゃいましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2014

ファンタジーサッカー2014 第34節レビュー

脚も赤軍も鹿もみんな情けない。どこも勝てないなんてね。我が軍もせっかく奪った先取点を不意にしてしまって、1年の総決算として‘ウノゼロ’で終わらせてほしかったんだけどねぇ。なわけで、実に締まらない2014年シーズンでした。

【Yahoo】(Week29)
GK権田(東京)…6Fp
DF今野(G大阪)…8Fp
DF太田宏(東京)…8Fp
DF森重(東京)…7Fp
DF吉本(東京)…4Fp
MF本田拓(清水)…6Fp
MF小笠原(鹿島)…2Fp
MF橋本晃(大宮)…7Fp
MF高橋秀(東京)…12Fp
FWムルジャ(大宮)…F8p
FW大前(清水)…5Fp
合計…73Fp 通算…2178Fp(Avg.75.1Fp)
4818位/128585(↑160)

【mini】(第34節)
GK権田(東京)…5fp
DF徳永(東京)…5fp
DF森重(東京)…5fp
DF太田宏(東京)…7fp
DF吉本(東京)…5fp
MF遠藤保(G大阪)C…5fp
MF遠藤康(鹿島)…3fp
MF武藤(東京)…2fp
MF米本(東京)…4fp
FWパトリック(G大阪)…3fp
FW宇佐美(G大阪)…3fp
合計52fp 通算…535fp
チーム時価 -2470 総額128680
188位/206 プロリーグ
458位/2043 全リーグ共通

さて、降格最後の一チームは大宮に決まりました。降格ボーダーは36(予想は32)。終盤混戦になった割には平凡なところに落ち着きました。折り返しでの降格チーム予想は見事的中! 一方J2プレーオフはお犬様がやらかしちゃいましたね。2度あることは3度あるか。一発勝負はこれがあるからなぁ。ヤザーも頑張ったけど。こうやって、本来J1で戦える体力が整っていないにもかかわらず上に上げて早々に敗退するチームが毎年出てくるのは、本当はJ1にとってはあまりいいことではないような気がします。でも、J2にとっては、J1昇格という一つの夢の可能性が広がるわけで、サポーター含めた地域の活性化に役立つでしょう。また、J1のレベルを体感することで、J2リーグの底上げが図られていくことも確かです。いずれはPO勝ち残りでも簡単に落ちないチームが上がってくる時代が来るでしょうが、それまではエレベーターチームが続きそうです。来季、松本と山形がどこまで踏ん張れるか。甲府は苦労しながらも何とか踏みとどまっているし、鳥栖はいつの間にか定着して、予算規模の割にはしっかり上位に食い込んでいる。一方で、強豪チームがあっけなく降格することもあるわけで、本当にチームというのは生き物だなぁと思います。
いろいろなところで降格チームの降格原因について究明されています。徳島は純粋にチームのレベルがJ1に足りていなかった。予算(選手)にしても経験にしても。大宮は監督のミスチョイス。その差は清水と紙一重。勝ち点1の差はそういうことでしょう。清水の内情を知るにつけ(大榎がゼロから作り直したらしいので)、よく間に合ったなというのが率直な感想です。逆にベースを知りながら生かしきれなかった大宮は監督の手腕の問題の方が大きかった。そして、桜はフロントが馬鹿だった。クラブの人件費総額がチームの強さにはならないというのがJリーグの基本です。それだけのタレントを使いこなせなければ、まさに猫に小判、豚に真珠。我が軍も強化の季節になると必ずといっていいほど大物の名前が出てきますが、分相応、バランス感覚のあるクラブ運営をお願いしたいものです(そりゃ、ビッグネームがくれば嬉しいし集客にも繋がるでしょうが、それによって肝心のチームのパフォーマンスが低下してしまうのであれば本末顛倒ですよ)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2014

インターステラー

本格的なスペースSFというより、SFという設定を活用した人間ドラマというのが本作の正しい捉え方のような気がする。高度なSF考証が入ったハードSF映画という評価もあるらしいが、それは映画のパーツパーツを突き詰めていったところに点在する話で、映画全体を通してテーマとなるのはやはり‘人間愛’なのだ。滅亡の危機に瀕する人類を救うべく、他の銀河系に移住可能な惑星を探し出すというのはありがちな話だが、そこにブラックホールと5次元世界が介在してくることでSFとしてのいかがわしさが倍増する。(ネタバレ)

Continue reading "インターステラー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2014

断編残簡

FC東京1-1横浜FM

最後に来て4-4-2(4-4-1-1)を採用して、果たしてミステルはどんな意図を持っていたのか。武藤がフィジカルの問題でスタメンを外れたとのことだったが、別に頭から千真というチョイスだってあるだろうし、システム自体をいじる必要性はあまり見当たらない。相手が横浜だからということなのか、よくわからない。

久しぶりのダブルボランチは高秀、陽平のコンビ。アウトサイドにヨネと東。守備的な不安は低くなるが、一方で攻撃は両サイドが上がっていかないと枚数不足で押し込めない。自然と重心は後ろになってしまう。実際攻撃時に必ずと言っていいほどヨネにチャンスが回ってくるのだが、どうにもアタッキングサードのアイディアが不足。スーペルなミドルが1本だけあったが、それもクロスバーに嫌われる。攻撃に移っても全体的にミスが多く、プレーに丁寧さがない。エドゥーも相変わらず収まらないし孤立気味。簡単にボールロストしてしまうから守備の時間も長くなってしまう。

失点はカウンター気味に右サイドを崩され、センタリングに対しても1対1のカバーリングが後手を踏んだため。やはり、どこか油断しているところがあった。いつの間にか栗原がいなくなっていてビックリしたが、終盤その数的優位も生かせず、なし崩し的なドロー決着だった。ガンガン両サイドが上がっていけばいいのに、なんとなく左偏重のマンネリに支配されていたように思う。なんとなくピッチから真剣みが感じられなかったのだ。ゲームに対するモチベーションの欠如と言ってしまえばそれまでなんだが、この順位に落ち着いたのは、結局これらのプレーの総体=積み重ねなのだということで変に納得できた。失点は減ったけれど得点も同じだけ減ったし、勝ち点も2勝分足りなかった。マッシモの1年目、2014年の総括は後でゆっくりしたいと思う。

ところで、対戦した横浜だが、先発に「藤」がつく苗字が5人も並んでいた(伊藤・斎藤・佐藤・藤本・兵藤、交代で藤田も出てきたw)。どんだけ藤が好きなんだか、そんなことが気になってしまった最終戦であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2014

ファンタジーサッカー2014 第34節

今年も早いもんでもう最終節です。最後ぐらいいいとこ見せてよ、ということで我が軍で〆たいと思います(捨て鉢)。優勝は脚で決まりでしょ。よもや徳島に勝ち点3を取りこぼすなんて考えられない。一方のボトムズは予定調和(清水の引き分け)で大宮がついにサヨウナラと予想します。浦和も大宮も勝つでしょうが、勝ってもダメでしたというのがオチかな。スーパーづがんwが2チームとも埼玉とはねwww。Yahooは勝負チーム規制があるので、優勝争いとボトムズ争いの当事者を中心に補完しときました(これまたやけくそ)。

【Yahoo】(Week29)
GK権田(東京)
DF今野(G大阪)
DF太田宏(東京)
DF森重(東京)
DF吉本(東京)
MF本田拓(清水)
MF小笠原(鹿島)
MF橋本晃(大宮)
MF高橋秀(東京)
FWムルジャ(大宮)
FW大前(清水)
勝負チーム:東京

【mini】(第34節)
GK権田(東京)
DF徳永(東京)
DF森重(東京)
DF太田宏(東京)
DF吉本(東京)
MF遠藤保(G大阪)C
MF遠藤康(鹿島)
MF武藤(東京)
MF米本(東京)
FWパトリック(G大阪)
FW宇佐美(G大阪)
前節合計84fp

miniは3クールかけてプロリーグに上がりましたが、あえなく1クールで降格。来年はプロ昇格&定着という新たな目標ができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2014

ファンタジーサッカー2014 第33節レビュー

見事ガセネタをつかまされて野澤は結局スタメン出場せず。代わりに陽平が先発しました。で、こういうときに限ってスコアレスドローとなっては立つ瀬がありません。モリゲとコースケでいいじゃんか。miniなんて前の2人で半分以上をたたき出し、ちゃんとやっていれば3桁も見えてくる感じが平凡に終わってしまう。どうにも最終クールはかみ合いませんでした。最後ぐらい、有終の美で締めたいですねぇ。

【Yahoo】(Week28)
GK関(仙台)…9Fp
DF今野(G大阪)…8Fp
DF太田宏(東京)…6Fp
DF上本(仙台)…3Fp
DF鎌田(仙台)…6Fp
MF田口(名古屋)…14Fp
MF小笠原(鹿島)…6Fp
MFリャン ヨンギ(仙台)…8Fp
MF野澤英(東京)…3Fp
FW永井謙(名古屋)…15Fp
FW赤嶺(仙台)…6Fp
合計…84Fp 通算2105Fp
4978位/128545(↑103)

【mini】(第33節)
GK関(仙台)…5fp
DF今野(G大阪)…4fp
DF鎌田(仙台)…5fp
DF石川直樹(仙台)…5fp
MF野澤英(東京)…2fp
MF遠藤保(G大阪)…4fp
MF野沢拓(仙台)…5fp
MF武藤(東京)…2fp
FW赤嶺(仙台)…3fp
FWレアンドロ(柏)C…11fp
FW宇佐美(G大阪)…19fp
合計76fp 通算483fp
チーム時価 +4680
184位/206 プロリーグ

さてさてさて。残留争いは桜が予想通り先に議席を埋め、残り一枠となりました。そして、オレンジは落ちないというJの都市伝説にもついにピリオドが打たれました。清水はホームで甲府にドローでOK。甲府も残留を決めており、なんとなく予定調和が予想されます。大宮が勝ったとしてボーダーは36。終盤競り合った割りに標準的な残留ラインに落ち着きそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2014 | Main | January 2015 »