« 代表3人衆 | Main | ファンタジーサッカー2014 第32節レビュー »

November 23, 2014

分崩離析

FC東京1-3新潟
4万も集めといてあんなゲームを見せちゃいけない。
なんとなく早い時間帯に先制できてしまったものだから、意外と簡単じゃないかと錯覚してしまった。その後は完全に新潟ペース。シュート本数では圧倒されるし、全てが後手に回り東京はチャンスらしいチャンスも作れなかった。原因は明快で、一言で言えばシステムの限界だろう。攻撃を受ける際、サイドチェンジを繰り返されると、トレスボランチのスライドが追いつかなくなり、バイタルや逆サイドにスペースが生まれやすくなる。3失点全てがバイタルをうまく使われてしまったために奪われたものだった。1点目も3点目もオフサイドが取れなかったというラインコントロールミスという側面はあるものの(3点目は権田がボールキャッチの体勢に入っているところで山本の脚が先にボールに届いてしまっていた。これは権田がもっとボールを取りに行くべきで、権田のミスとも言える)、それ以上に問題視すべきは、スルーパスの出し手に対してプレッシャーが全くかからなかったことにある(2点目も、バイタルに侵入され、間に合わずファウルで潰したためにFKを与えてしまったところに原因がある)。トレスボランチが振り回されて、肝心のスペースを見ることができなかったわけだ。アトムや山本やレオシルバにいいように使われてしまった。
この、スライドする守備についてはすでに研究されてきていると見ていい。無敗記録が途切れてから結果が出ていないのはそういうことだと思う。この新潟戦でもそうだったが、中盤高い位置でボールが奪えないので、いい攻撃もできないのだ。たとえ奪えても、位置が低かったり、ボランチと最前線との距離が遠すぎてパスが繋がらなかったりで、簡単にボールを失ってしまう悪循環。マイボールで最終ラインから組み立てようにも中盤の動き、ポジショニングが悪いのでエドゥーに当てるか、左サイドに長いボールを入れるしか手がなくなってしまう。こうなると守る方は楽だろう。攻撃に転じる時に、中盤三枚がどれだけ前を追い越す動きができるかも重要なポイントだ。羽生が飛び込んでいったシーンが一度だけあったが、あれを何度も繰り返さないと迫力ある攻めはできない。ボックス内にエドゥー一人ではどうしようもない。また、中盤でボールを取った時、攻守の切り替えを素早くするのは大前提として(それもできてなかったが)パスを配給できる選手を置かないと難しい。ヨネにしても羽生にしても攻撃を組み立てられるパサーではない。今のシステムは、7人で守って前3人で点を取るシステムといってもいい。せいぜいコースケが左から加わる程度だ。どうしてこんなにも硬直化してしまったのだろう。武藤は自分がなんとかしなくてはという思いが強すぎて空回り独りよがり気味だったし。あと2試合で1点決めて欲しいと思うが、このままの状態だと難しそうだ。チームとしてこのバラバラをもう一度バインドしないとなんともならない。
それにしても、一時期川又のゴタゴタでチームもいまひとつだった新潟が、いつの間にやらいいチームになっていたのにはちょっと驚かされた。指宿はデカイし結構収まる。そして何よりレオシルバ。上手いね。2人とも欲しいぐらいだ。来季に向けて強化の話も出始めているけれど、大久保とか塩谷とかちょっとピントがズレているような名前が出てきているのも気がかりだ。モヤモヤする。

|

« 代表3人衆 | Main | ファンタジーサッカー2014 第32節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60699382

Listed below are links to weblogs that reference 分崩離析:

« 代表3人衆 | Main | ファンタジーサッカー2014 第32節レビュー »