« October 2014 | Main | December 2014 »

November 2014

November 28, 2014

ファンタジーサッカー2014 第33節

基本仙台です。そこに脚を加えました。脚は高いのでYahooでは代替として名古屋を入れてあります。あと、高秀先生が休講のため、野澤が久しぶりにスタメンらしいので、ご祝儀エントリーしました。桜と鹿の一戦は、どっちが気持ちが強いかというところですが、やっぱり百戦錬磨の鹿島が上かなぁ。引き分けでもほぼ終了というシチュは相当プレッシャーになるし、前がかったところをカウンターなんて鹿島の思う壺のような気がします。脚も天皇杯はあるけれどモチベーションが違う。仙台も決めればほぼ残れる感じなので前節の反省を生かしてくれるでしょう。危ないのは名古屋かな。

【Yahoo】(Week28)
GK関(仙台)
DF今野(G大阪)
DF太田宏(東京)
DF上本(仙台)
DF鎌田(仙台)
MF田口(名古屋)
MF小笠原(鹿島)
MFリャン ヨンギ(仙台)
MF野澤英(東京)
FW永井謙(名古屋)
FW赤嶺(仙台)
勝負チーム:仙台

【mini】(第33節)
GK関(仙台)
DF今野(G大阪)
DF鎌田(仙台)
DF石川直樹(仙台)
MF野澤英(東京)
MF遠藤保(G大阪)
MF野沢拓(仙台)
MF武藤(東京)
FW赤嶺(仙台)
FWレアンドロ(柏)C
FW宇佐美(G大阪)
前節合計44fp

さて、監督の去就も出始めました。次節対戦する甲府、JFKは来季の要請を固辞したそうです。胃に穴が開く前に辞めたいと言うことなんでしょう。あと、退任が決まっているのは、柏、横浜FM、桜、神戸。鳥栖ももしかしたら交代らしいですね。J2も結構退任が多くなるみたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2014

ファンタジーサッカー2014 第32節レビュー

ところどころいいのもあったんですが、いかんせん我が軍のDFラインが全滅。お話になりませんでした。甲府はやはりありましたね。もうちょっと信じてやればよかったと思っても後の祭りです。しかし、最終クールに入って急に失速したのはなぜなんだろう。不思議でしょうがないですよ。

【Yahoo】(Week27)
GK林彰(鳥栖)…9Fp
DF安田理(鳥栖)…18Fp
DF太田宏(東京)…0Fp
DF吉本(東京)…1Fp
DF森重(東京)…1Fp
MF武藤(東京)…7Fp
MF高橋秀(東京)…-1Fp
MFキムミヌ(鳥栖)…7Fp
FW永井謙(名古屋)…9Fp
FW石原(広島)…1Fp
FW池田圭(鳥栖)…4Fp
合計…56Fp 通算…2021Fp
5081位/128498 (↓332)

【mini】(第32節)
GK林彰(鳥栖)…8fp
DF徳永(東京)…0fp
DF森重(東京)…0fp
DF吉本(東京)…0fp
DF太田宏(東京)…0fp
MF遠藤康(鹿島)…10fp
MFキムミヌ(鳥栖)…6fp
MF武藤(東京)C…2fp
FW赤嶺(仙台)…8fp
FW豊田(鳥栖)…5fp
FW阿部拓(甲府)…5fp
合計46fp 通算407fp
チーム時価 +900
194位/206 プロリーグ

さて、J2プレーオフの出場チームが決まりました。磐田は最終節で千葉にかわされ4位転落。山形と準決勝を戦うことになります。ホームで引き分けでいいという条件は案外落とし穴かも。海千山千の石さんとペーペーの名波では、采配の明暗も出てきそうな予感がします。こうなってくると千葉が有利かな。
その入れ替え先のほうも煮詰まってきました。甲府が残留を確定したので、仙台、清水、大宮、桜の4チーム中2チームとなります。このままいけば大宮、桜でしょうが、最大もつれるとして勝ち点38で3チーム(仙台、清水、大宮)が並ぶケースが想定されます。得失点差も微妙。いずれにしても、初めてオレンジ色のチームが降格しそうな感じですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2014

分崩離析

FC東京1-3新潟
4万も集めといてあんなゲームを見せちゃいけない。
なんとなく早い時間帯に先制できてしまったものだから、意外と簡単じゃないかと錯覚してしまった。その後は完全に新潟ペース。シュート本数では圧倒されるし、全てが後手に回り東京はチャンスらしいチャンスも作れなかった。原因は明快で、一言で言えばシステムの限界だろう。攻撃を受ける際、サイドチェンジを繰り返されると、トレスボランチのスライドが追いつかなくなり、バイタルや逆サイドにスペースが生まれやすくなる。3失点全てがバイタルをうまく使われてしまったために奪われたものだった。1点目も3点目もオフサイドが取れなかったというラインコントロールミスという側面はあるものの(3点目は権田がボールキャッチの体勢に入っているところで山本の脚が先にボールに届いてしまっていた。これは権田がもっとボールを取りに行くべきで、権田のミスとも言える)、それ以上に問題視すべきは、スルーパスの出し手に対してプレッシャーが全くかからなかったことにある(2点目も、バイタルに侵入され、間に合わずファウルで潰したためにFKを与えてしまったところに原因がある)。トレスボランチが振り回されて、肝心のスペースを見ることができなかったわけだ。アトムや山本やレオシルバにいいように使われてしまった。
この、スライドする守備についてはすでに研究されてきていると見ていい。無敗記録が途切れてから結果が出ていないのはそういうことだと思う。この新潟戦でもそうだったが、中盤高い位置でボールが奪えないので、いい攻撃もできないのだ。たとえ奪えても、位置が低かったり、ボランチと最前線との距離が遠すぎてパスが繋がらなかったりで、簡単にボールを失ってしまう悪循環。マイボールで最終ラインから組み立てようにも中盤の動き、ポジショニングが悪いのでエドゥーに当てるか、左サイドに長いボールを入れるしか手がなくなってしまう。こうなると守る方は楽だろう。攻撃に転じる時に、中盤三枚がどれだけ前を追い越す動きができるかも重要なポイントだ。羽生が飛び込んでいったシーンが一度だけあったが、あれを何度も繰り返さないと迫力ある攻めはできない。ボックス内にエドゥー一人ではどうしようもない。また、中盤でボールを取った時、攻守の切り替えを素早くするのは大前提として(それもできてなかったが)パスを配給できる選手を置かないと難しい。ヨネにしても羽生にしても攻撃を組み立てられるパサーではない。今のシステムは、7人で守って前3人で点を取るシステムといってもいい。せいぜいコースケが左から加わる程度だ。どうしてこんなにも硬直化してしまったのだろう。武藤は自分がなんとかしなくてはという思いが強すぎて空回り独りよがり気味だったし。あと2試合で1点決めて欲しいと思うが、このままの状態だと難しそうだ。チームとしてこのバラバラをもう一度バインドしないとなんともならない。
それにしても、一時期川又のゴタゴタでチームもいまひとつだった新潟が、いつの間にやらいいチームになっていたのにはちょっと驚かされた。指宿はデカイし結構収まる。そして何よりレオシルバ。上手いね。2人とも欲しいぐらいだ。来季に向けて強化の話も出始めているけれど、大久保とか塩谷とかちょっとピントがズレているような名前が出てきているのも気がかりだ。モヤモヤする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2014

代表3人衆

日本代表2-1オーストラリア代表

最後の失点はまったくいただけない。モリゲ、ケーヒルを簡単に放しすぎだ。クロスの出所を押さえるほうも問題だが、やはり最後のところで、最低でも身体を寄せないと簡単にやられてしまう。せっかくのアシストも霞んでしまう。武藤も完全に空回り。いいプレーもあったが気持ちにゆとりが感じられなかった。コースケはちょっと見せ場が無かったかな。

それにしても、我が軍から3人も同時にピッチに立っているなんて、他のJのチームに申し訳が無い。プレーヤー個人の能力とチーム力は同一ではないにしても、これだけプレークオリティが高いと認められているプレーヤーが3人もいるのに、チームとして中位に甘んじているのはなんとなく気恥ずかしいものだ。首位の浦和からは西川しか呼ばれていないし、鹿島も昌子だけ。それも明らかにサブメンとしてだ。武藤が全国区になったお陰で、チームにいろいろ還元されているのは喜ばしいが、肝心の在籍チームの成績が芳しくないのが癪に障る。しかも、露出が増えれば他からのちょっかい(移籍話)も増えること間違いないので、ある意味はた迷惑なところもある。

さて、ゲームは前半ワンボランチの両サイドのスペースを使われて押し込まれ、後半は今ちゃんを入れてダブルボランチにして守備が安定し、相手の運動量が落ちたこともあって優位に立った。チームの骨の部分はザック時代と変わっていないわけで、その意味でこれが今日本を代表する選手の一つの塊だというのは理解できる。また、システムは相対的なものだから、4-3-3がOZに上手くはまっていないとみるや、先入観なく4-2-3-1に切り替えたアギーレの監督としてのスキルにも感心した。香川は使いにくくなってるな。4-3-3のインサイドは難しい。清武も調子を取り戻してきているみたいだし、部分的にチェンジして試していけばいいのではないだろうか。既得権のごとく固定化するのが一番良くない。調子が落ちれば起用しなければいいのだ。そうやって使える人材を増やしていけば、怪我したとか調子を落としたとか非常時にいくらでも対応できるというものだ。ザックはそれができなかった。これまでのところ、アギーレのチームマネジメントは理に適ったものだと思う。アジアカップも期待してみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2014

ローゼンメイデン第10巻

10ローゼンメイデン第10巻/PEACH-PIT 
集英社 ISBN-13-978-4088797779

幻冬舎発刊(バーズコミックス)の第1集初版が2003年。そこから8集で第一部(『Rozen maiden』)が終了し、発行元を集英社に移してヤンジャンで第二部(『ローゼンメイデン』)がスタートしたのが2008年。足掛け11年でついに完結を迎えた。自分らしさを否定する社会に心を閉ざした主人公・桜田ジュンの元に伝説の人形師が創り出したといわれる生ける人形・ローゼンメイデン第五ドール『真紅』がやってくるところから物語は始まる。「7体」のドール達は究極の少女‘アリス’を目指し戦いを繰り広げていた。その‘アリスゲーム’に巻き込まれることによって、ひきこもりのジュンは徐々に人生を動かし始め、ドール達とともに生きる意味を見出していく。(多少ネタバレ)

Continue reading "ローゼンメイデン第10巻"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2014

ファンタジーサッカー2014 第31節レビュー

柏は正解だったものの出場停止者2名の余波でスタメンがガラガラッと変わってしまい、キムと工藤が足を引っ張った形になりました。他チームとなるとスタメン出たり入ったりの選手を捉えるのはまず困難。我が軍ですら、2列目3列目は読みきれませんから。Yahooは柏の外しに加えモリゲのマイナスがあったり、前線3人が悉くスカだったこともあり、10Fpオーバーが4人もいるのに残念な結果に終わりました。

【Yahoo】(Week26)
GK桐畑(柏)…10Fp
DF森重(東京)…-3Fp
DF太田宏(東京)…6Fp
DF増嶋(柏)…10Fp
DFキムチャンス(柏)…0Fp
MF武藤(東京)…12Fp
MF河野(東京)…0Fp
MF青山敏(広島)…10Fp
FWパトリック(G大阪)…5Fp
FW石原(広島)…3Fp
FW工藤(柏)…3Fp
合計…56Fp 通算…1965Fp
4749位/128386(↓217)

【mini】(第31節)
GK桐畑(柏)…8fp
DF増嶋(柏)…8fp
DFキムチャンス(柏)…0fp
DF橋本和(柏)…10fp
DF太田宏(東京)…4fp
MF青山敏(広島)…3fp
MF柴崎岳(鹿島)…5fp
MF武藤(東京)…7fp
FWレアンドロ(柏)…10fp
FW工藤(柏)C…2fp
FW宇佐美(G大阪)…3fp
合計62fp 通算361fp
チーム時価 +3280
179位/206 プロリーグ

【ボトムズ通信】
さて、よもや土壇場で清水がひっくり返すとは夢にも思わず、さらにはこれまでのジンクスどおり甲府が敵地で桜を粉砕するとは、ボトムズ戦線はいちいちドラマがありますな。泣いても笑っても残り3試合。勝ち点は最大で9。事ここに至って3連勝なんて奇跡はほとんど考えられませんから、どこまで勝ち点を搾り取れるか、ここからが本当の勝負です。
18位 13 徳島(降格決定)
17位 30 C大阪
16位 32 大宮
15位 34 清水
14位 34 仙台
13位 36 甲府
ボーダーの大宮の3試合を考えます。野田線ダービーは柏優位。直近5度のホームで2分3敗と勝ちがありません。柏は東京みたいに優しくないし、まだACLがありますから容赦なく勝ちにいくでしょう。33節名古屋戦は対戦成績は思わしくないものの会場が豊田スタジアムというところが味噌(名古屋は豊田スタジアムで勝てないというジンクスがあります)。そして最終節は桜組とですが、ホームでの分は悪くない。もしかしたら最終節を待たずして桜組の降格が決まっていたりすると優位な状況もありうる。こう予想してみると、1勝1敗1分で積み上げは4あたりになるのではないかと。つまり36(桜が2勝しても36)。これを基準とするならば、甲府は引き分け1でも抜けられそうな感じですから、かなり残留確率は高いといえます。清水と仙台はあと1勝。仙台は切り札・徳島戦を残しているので確率アップ!次節桜を直接叩けば一石二鳥です。一方清水は名古屋、柏と難敵を残していますが、最終節の甲府には滅法強いのでここも何とか1勝はできそうな感じです。こう考えると、大宮が上回るには最低でも2勝必要になるわけです。桜は言うまでもなく2勝では足りません。結構見えてきましたね。いよいよ落ちないと言われつづけて来たオレンジ色のチームの降格が現実のものとなりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2014

半醒半睡

名古屋2-2FC東京

あれだけ収まらずシュートも枠に飛ばない状態で、下手をするとカウンターの起点にもなりかねないプレーヤーをフル出場させるのは、そのリスクを押してでも使いたい何かがあるんだろう。ミステルがここまで千真にこだわりを見せる理由がわからない。交代メンバーもちょっとずれた感じがして、特にタマは自分で決めようという意識が強すぎたのか(後輩のよっちがあそこまで活躍してしまうと、俺もっていう気持ちが出てくるのはわかるが)、絶好機をふいにしてしまった。交代させられたヨネもちょっと空回りでミスも多かった。彼がよく滑るようになると調子が悪いサインだ。なんとなく全体的にチグハグな空気が流れていた。その象徴はモリゲのOGだろう。

ゲームは名古屋の全く機能しない前線とよっちのスーパーゴールのおかげで何とかドローで終わった。実際双方中位力炸裂のゲームであったなと。決定機でいえば名古屋の方が多かったが、名古屋の得点はモリゲwと田中さんのDF2人のもの。田中さんがチームのFWに怒ったのも無理はない。一方の東京は、コースケのビューティフルなクロスをドフリーのエドゥーが確実に決め、よっちが単独で持ち込み難しい角度からぶち込んだFWの2点。でももう少しチャンスを増やしていかないと厳しい。ここのところ先制されているのも気になる。まぁ、お互いACLも降格も(厳密にいえば名古屋はまだ残留を決めていないが)ない中で、モチベーション希薄な一戦であったことは否めない。

とりあえず、今シーズンも残り3試合になって、落ちることもないのでこのままいくだろうけれど、とにかく来季に向けてFWの編成=補強は喫緊の課題になる。早くも大久保にオファーを出したというような報道もされていて、フロントも問題意識を共有しているということだけはわかる。ただ、大久保でいいのかどうかは議論があるところだ。今のミステルの志向性からすると、やはり右のウインガータイプが欲しいのではなかろうか。縦に切り込んでクロス、中に入ってきてシュート。全盛期であればナオということになるのだろうけれど、例えばA代表での本田なんかもイメージだろう。岡田さんの時の大久保は(ザックも最後は)そんな使われ方もしていたから、その意味では適材なのかもしれない。前線3枚どこからでも点が取れるようになれば無敵だ。あとはディテールを詰めてゲームマネジメントスキルを上げていけば、今年よりはもっと良くなるだろう。

さて、残り3試合、何をモチベーションにすべきかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2014 | Main | December 2014 »