« ファンタジーサッカー2014 第31節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第31節レビュー »

November 03, 2014

半醒半睡

名古屋2-2FC東京

あれだけ収まらずシュートも枠に飛ばない状態で、下手をするとカウンターの起点にもなりかねないプレーヤーをフル出場させるのは、そのリスクを押してでも使いたい何かがあるんだろう。ミステルがここまで千真にこだわりを見せる理由がわからない。交代メンバーもちょっとずれた感じがして、特にタマは自分で決めようという意識が強すぎたのか(後輩のよっちがあそこまで活躍してしまうと、俺もっていう気持ちが出てくるのはわかるが)、絶好機をふいにしてしまった。交代させられたヨネもちょっと空回りでミスも多かった。彼がよく滑るようになると調子が悪いサインだ。なんとなく全体的にチグハグな空気が流れていた。その象徴はモリゲのOGだろう。

ゲームは名古屋の全く機能しない前線とよっちのスーパーゴールのおかげで何とかドローで終わった。実際双方中位力炸裂のゲームであったなと。決定機でいえば名古屋の方が多かったが、名古屋の得点はモリゲwと田中さんのDF2人のもの。田中さんがチームのFWに怒ったのも無理はない。一方の東京は、コースケのビューティフルなクロスをドフリーのエドゥーが確実に決め、よっちが単独で持ち込み難しい角度からぶち込んだFWの2点。でももう少しチャンスを増やしていかないと厳しい。ここのところ先制されているのも気になる。まぁ、お互いACLも降格も(厳密にいえば名古屋はまだ残留を決めていないが)ない中で、モチベーション希薄な一戦であったことは否めない。

とりあえず、今シーズンも残り3試合になって、落ちることもないのでこのままいくだろうけれど、とにかく来季に向けてFWの編成=補強は喫緊の課題になる。早くも大久保にオファーを出したというような報道もされていて、フロントも問題意識を共有しているということだけはわかる。ただ、大久保でいいのかどうかは議論があるところだ。今のミステルの志向性からすると、やはり右のウインガータイプが欲しいのではなかろうか。縦に切り込んでクロス、中に入ってきてシュート。全盛期であればナオということになるのだろうけれど、例えばA代表での本田なんかもイメージだろう。岡田さんの時の大久保は(ザックも最後は)そんな使われ方もしていたから、その意味では適材なのかもしれない。前線3枚どこからでも点が取れるようになれば無敵だ。あとはディテールを詰めてゲームマネジメントスキルを上げていけば、今年よりはもっと良くなるだろう。

さて、残り3試合、何をモチベーションにすべきかな。

|

« ファンタジーサッカー2014 第31節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第31節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60588652

Listed below are links to weblogs that reference 半醒半睡:

« ファンタジーサッカー2014 第31節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第31節レビュー »