« 浜名湖エリア散歩 | Main | ファンタジーサッカー2014 第30節レビュー »

October 27, 2014

以魚駆蠅

G大阪2-1FC東京

権田の負傷交代がなければと思わずにはいられない敗戦だった。アクシデントはサッカーの常だが、それにしてもパトリックのラフプレーは目に余った(サイトに上がっていたビデオを見ると、実はパトリック以上に丹羽のプレーが酷い。ジャンプしてGKのジャージを掴んで引き落としているように見える。これは抗議してもいいんじゃないかというレベル)。このプレーの前にもボールを競り合ったコースケを突き飛ばしたし、あのガタイでぶつかって来られたら堪ったもんじゃない。交代して2失点してしまったが、塩は突然の出場でもよくやってくれたと思う。何かホームチームに有利になるような力が働いていたかのようだった(家元も別に悪くはなかった)。

その神のような力に対抗するにはミステルの策が無さ過ぎた。HTでカードを一枚使わざるを得なかった事情はあるにしても、先制され反撃に出なければいけないところで、なぜ千真をピッチに残したのか。陸のチョイスは結果的に彼のキャリア初ゴールが生まれたから、それはそれでよかった。だが、河野とエドゥーの交代は納得がいかない。千真は出し手がいないと活きないタイプだし、それまでもポストプレーはまったく収まらず、守備もアリバイ程度。彼はただのフィニッシャーなのだ。残すにしても出し手である河野を下げてしまっては威力半減どころかほとんど機能しないだろう。千真を残すならエドゥーではなく東か中嶋だっただろうし、千真→エドゥーが一番素直だったような気がする。河野も疲れていたのかな。だったら、東だろう。

流石にガンバには前線の守備もなかなかはまらず、前半から点が入るまではガンバペースだった。武藤の豪快なダイレクトボレーもあったけど、得点の気配はあまりしなかったのが正直なところ。大森の1点目のとき、コースケが大外を気にして寄せきれなかった。このときもう一歩でも詰められたらコースを切れたかも知れないし、塩も読めたかもしれない。2点目、ヤットのFKも予測、想定準備が足りなかった。塩は触っているんだけど、パンチの角度が悪くてボールが内側に入ってしまった。ほんのちょっとしたことなんだけど、これができるかできないかで結果が大きく違ってしまう。勝てるチーム、強いチームとはそういうディテールがしっかりしているんだと思う。終盤ガンバが完全に守りに入ったとき、守備陣の集中が切れたり寄せが甘くなった時間帯で、そこをチャンスと見て崩すポイントを共有し攻撃をコーディネートしていく力もまだ不足している。付け入る隙はいくらでもあったのだ。総得点、得失点のレベルをみればトップ5クラスだが、現実の順位は中位グループ。上位を争うだけの体力はできたけれど、勝ちきるだけのメンタル、あるいはピッチ上のゲーム戦術はまだまだということなのだろう。

それにしても、J1復帰1年で上を行かれるのはやはり悔しい。

|

« 浜名湖エリア散歩 | Main | ファンタジーサッカー2014 第30節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60552747

Listed below are links to weblogs that reference 以魚駆蠅:

« 浜名湖エリア散歩 | Main | ファンタジーサッカー2014 第30節レビュー »