« ファンタジーサッカー2014 第22節レビュー | Main | 巧偽拙誠 »

September 06, 2014

ほんの数㎝の差

日本代表0-2ウルグアイ代表

とにかくモリゲのアンカーにはびっくりした。確かにJFK時代にボランチはやっているが、あのときは徳の怪我で急遽ボランチに回った非常時対応だった。その位置に入るだろうと思われた萌はインサイドハーフ、さらに田中順も同じくインサイドハーフと、所属クラブとは異なるポジションで起用してきたアギーレは、一体全体選手個々にどんな適性を見ようというんだろうか。モリゲが一列上がったために坂井がCBに入ったが、彼の何でもないミスで失点してしまう。あのトラップはナンセンスだ。アギーレはサイドと利き足の関係を重視しているらしく、モリゲがCBに入らなかったのはそのせいでもあるという。それと酒井宏だ。あのミスも世界基準からするとありえない。もともと酒井宏(高徳の方がまだ理解できる)レベルが代表に入るのはおかしいとかねがね思っているのだが(クロスの質だってムラがあるし守備もそんなにうまくないし)、どうして選ばれるんだろうか。本田も独りよがりだったし、長友も一時期の勢いがないし、全体的にパッとしませんなぁ。そんな中で唯一の救いは武藤のポスト弾。フォームは絶好調時のナオを彷彿とさせた。ただ、あれが入るか入らないかは大きな違いなわけで、今今まだ持ってなかったということだ。まぁ、我が軍的にはいいプロモーションになった。武藤目当てのギャルがワンサカ味スタに押し寄せてくれれば大成功だ。代表様様である。神戸戦は3万いくといいな(自分は残念ながら観に行けないのだ)。

|

« ファンタジーサッカー2014 第22節レビュー | Main | 巧偽拙誠 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60270149

Listed below are links to weblogs that reference ほんの数㎝の差:

« ファンタジーサッカー2014 第22節レビュー | Main | 巧偽拙誠 »