« 巧偽拙誠 | Main | 瑞穂de天皇杯4回戦 »

September 10, 2014

伏線回収

日本代表2-2ベネズエラ代表

初戦のポスト弾を見事回収してみせるとはよっち恐るべしw それにしても、本田を完全無視して自らゴール前に突進する姿は本当に頼もしく誇らしく、打ったシュートも抑えの効いたいいシュートだった。惚れ惚れするとはこのことだ。週末の神戸戦はえらいことになるんだろうな(オイラは残念ながら欠席です)。

柴崎もあの難しいクロスをDFの逆を突いてしっかりボレーで決めて魅せた。高い技術を持っているという証だろう。武藤とのパス交換を自陣でしてから50mぐらい全力で走ってきてのシュートだから、あの正確さは大したものである。フィジカルによらない技術はやはり日本人選手は高いし、近年の若手たちからは特にそういうスキルの高さを感じる。問題は、これが強いフィジカルプレッシャーを受けたときに同様に発揮できるかということ。それは残念ながらJではなかなか体験できないのだが、安直に海外移籍に答えを求めてもらいたくないなというのも気持ちとしてある。何よりこのゲームでは海外組よりJ組が活躍してくれたことが嬉しい。明らかにムキになっていた本田が可愛らしく見えた。

奮起した攻撃陣に比べ、相変わらずダメダメだったDF陣。初戦に引き続き、もはやお家芸とも言えるミスの連発、ゴールの安売りは何とかしてほしい。1点目の水本はTV解説でもあったように完全にPKを狙われていた。滑らず寄せて押し込むという判断ができなかった。不用意といえば不用意だが、経験不足といってしまえばそれまでか。2点目は川島の明らかなミス。もう西川でいいよ。それぐらい酷い凡ミスだ。ウルグアイ戦もそうだったけれど、失点は守備組織以前の問題だ。判断ミスとプレー精度の低さが全て。これは選手個々のクオリティが問われている。そういう選手を選んでピッチに送り込んだアギーレの責任といえばそうなんだけれど、W杯クラスの力量を持つDFの再発掘(もしくは4年後を見据えた育成)は急務だろう。中澤や田中さんにだって十分チャンスがあるのではないだろうか。今のところCBはとにかく国内から選ぶしかないのだから。

モリゲは可もなく不可もなくアンカーをこなした。ヨネみたいに運動量でガツガツ行くタイプではないが(ボックスから離れるので、逆にもっと厳しく行ってもいいのではないかと思った)、バランスを取りつつ上手くスペースを埋めていたし、縦パスの供給も1戦目よりは出せていたと思う。4バック-3バックの変化も自チームでやり慣れている(立場は逆だけど)から、このまま定着しそうな感じだな。

|

« 巧偽拙誠 | Main | 瑞穂de天皇杯4回戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60293447

Listed below are links to weblogs that reference 伏線回収:

« 巧偽拙誠 | Main | 瑞穂de天皇杯4回戦 »