« ファンタジーサッカー2014 第24節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第24節レビュー&第25節 »

September 21, 2014

一進一退

川崎0-0FC東京
大久保と大島がいない相手に勝つチャンスがあったにもかかわらず決めれらなかったのが今のチームの状況を表している。相手にしても、飛車角落ちでも勝ちきれなかったという悔しさがあり、そのバランスにおいては判定で言えばこちらが負けということでもある。それにしても、エドゥーがすべてだった。2回のうちどちらかでもなんとかならなかっただろうか。ヨッチも一回シュートチャンスにパスを選択してしまったのが悔やまれる。無理目でも打って欲しかった。決定機では相手の方が上回っていたし、権ちゃんがいいセーブを見せてくれたお陰でクリーンシートも達成できたのは良かった。守りに入る時、トレスボランチがボールサイドに絞るので、どうしても大外の逆サイドが浮いてしまう。このゲームでも川崎はサイドを大きく振って攻めてきている。これはシステム上仕方ないのだろうか。あと、徳が最近劣化してきているような気がして仕方ない。陸には頑張って欲しいと思う。そして、いよいよ陽平だ。このシステムだとトレスボランチの一角ということになろうが、トップ下も面白いはず。終盤、敵の運動量が落ちたところで投入するのはありだと思う。陽平が入れば千真も復活するような気がするのだ。残り10ゲーム、優勝も降格もないけれど、ワクワクするようなゲームを期待したい。

|

« ファンタジーサッカー2014 第24節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第24節レビュー&第25節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60350710

Listed below are links to weblogs that reference 一進一退:

« ファンタジーサッカー2014 第24節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第24節レビュー&第25節 »