« ファンタジーサッカー2014 第26節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第26節レビュー »

September 28, 2014

槍隊放題

FC東京4-0柏

柏が温過ぎたということを割り引いても、河野と武藤の頑張りがこの勝利を導いたことは疑いようがない。それにしても、あの河野がここまで守備をやるようになるとは想像もつかなかった。いよいよヴェルディ出自のレッテルで見るのは止めてやろうと思う。やっと彼もFC東京のプレーヤーになったのだ。武藤も相変わらず泥臭く粘っこい守備から攻めに切り替わるスピードと決定力は惚れ惚れする。体が強くなってきたのかDFを背負っても簡単にボールを取られることがなくなってきたように思う。1点目蹴ろうとするのではなく膝に当てて押し込んだことといい、2点目のGKの動きをよく見て軽く浮かしてかわして見せたことといい、シュートは上手いしプレー選択にセンスがある。この分なら、千真が作った記録も破ることだろう。

徳が早々にアシストを記録して、コースケも負けじと奮起して見せた。4点目のクロスはワールドクラスだ。そのあとミドルシュートを打ったりしてやりたい放題だった。エドゥーも武藤に負けじと2得点。彼の2点目だったか、決めた後武藤に胸をぶつけていたシーンがあった。ここのところルーキーに話題を持っていかれっぱなしだったから、面目躍如といったところ。とにかくみんなプレーしていて楽しそうだった。その気持ちは100%スタンドにも伝わってきた。こういうゲームがもっと多くなってくると、お客さんも自然に増えてくるのではなかろうか。武藤一人で3000人、4000人程度集客の底上げできているらしいが(“14”のグッズは軒並み入荷待ちらしい)、彼一人の力にも限界があるし、当然サッカーは一人でやるものではない。チームの魅力、チームのパフォーマンスの魅力が最も重要だ。14戦無敗もいいけれど、勝つ以上に楽しいサッカーを所望したい。

|

« ファンタジーサッカー2014 第26節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第26節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60391504

Listed below are links to weblogs that reference 槍隊放題:

« ファンタジーサッカー2014 第26節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第26節レビュー »