« るろうに剣心 伝説の最期編 | Main | アルドノア・ゼロ »

September 24, 2014

ファンタジーサッカー2014 第24節&第25節レビュー

節がずれてますが、なぜかmini、Yahooともに3桁の不思議。24節では、miniは岩下と武藤の0ポイントがあり佐藤晃も外していて、Yahooほどスコアラーのポイントも高くなかったために80ポイントになりましたが、Yahooとminiの計算方法の違いが大きく出た印象です。そして、miniの25節、昇格がかかった第3クール最終戦は東京と川崎の大勝利。特に2試合出場停止明けの大久保の爆発はすごかったです。最終クールはついにプロリーグです。

【Yahoo】(Week21)
GK林(広島)…15Fp
DF森重(東京)…9Fp
DF太田宏(東京)…8Fp
DF千葉(広島)…10Fp
DF塩谷(広島)…10Fp
MFレドミ(名古屋)…13Fp
MF阿部浩(G大阪)…14Fp
MF青山(広島)…15Fp
FW佐藤晃(G大阪)…12Fp
FWエドゥー(東京)…3Fp
FW皆川(広島)…9Fp
合計118Fp 通算1645Fp
3956位/127958 (↑964)

【mini】(第25節)
GK権田(東京)…8fp
DF徳永(東京)…8fp
DF森重(東京)…8fp
DF吉本(東京)…9fp
DF太田宏(東京)…8fp
MF高橋秀(東京)…9fp
MF米本(東京)…9fp
MF梶山(東京)…10fp
MF中村憲(川崎)…6fp
FW大久保(川崎)…22fp
FW宇佐美(G大阪)C…10fp
合計117fp 通算660fp
チーム時価 +9070
38位/304 全国リーグ

陽平は途中出場で10fp。ゴールなしでもボーナスポイントが4もついてました。陽平のトップ下はやはりありです。千真も陽平のような出し手がいればまだまだできるんですよ。要はタレントの組み合わせの問題です。

さて、リーグ戦も残り10試合を切りました。J2では湘南が歴代最速でJ1昇格を決めました(オメ)。他方J1の降格争いは徳島除きでいよいよ混沌としてきました。折り返しから25節までの8節の勝ち点化率を見てみましょう。
徳島19% 大宮33% 甲府42% C大阪23% 名古屋67% 仙台23% 清水19% 新潟43%
ここからすれば、新潟と名古屋は抜けたと見ていいでしょうね。で、この率を最終節まで伸ばしていくと最終勝ち点は以下の通り。
徳島18 大宮32 甲府40 C大阪30 名古屋53 仙台32 清水31 新潟44
見てのとおり、いきなり清水が浮上してくるわけです(大宮の残留力半端ないw)。上位との対戦の消化状況とボトムズ同士の対戦の残り状況によってこれらの差は微妙に変化するのですが、これまでの経過で見れば清水と仙台もある程度覚悟が必要ということです。特に対象4チームとの対戦を全て残しているセレッソには自力脱出の可能性が最も残されている。このチャンスを生かすも殺すも自分次第ということです。裏天王山第一弾は第27節。セレッソは清水と、大宮は甲府と激突です。ここで勝った方がかなり有利になると思います。
 

|

« るろうに剣心 伝説の最期編 | Main | アルドノア・ゼロ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60366622

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2014 第24節&第25節レビュー:

« るろうに剣心 伝説の最期編 | Main | アルドノア・ゼロ »