« ファンタジーサッカー2014 第21節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第21節レビュー »

August 25, 2014

竜闘虎争

FC東京4-4浦和

両チームの成り立ちからすると神経戦になって0-0ドローという予想もしていたのだけれど、いやいやとんでもない話で、ゲームは真逆の派手な撃ち合いになってしまった。ここまで荒れたのはレフェリングの問題が大きかった。とはいえ、流れの中でもぎ取った武藤の2ゴールは、蒸し暑い晩夏の夜に一服の清涼剤となった。

ポポさんは浦和と対するときは(広島もそうだったが)ミラーシステムを採用してゲームを膠着させ、その中で勝利を探っていく方法をとった。しかし、フィッカデンティは真っ向勝負を志向する。実際、浦和の3-4-2-1に対して4-3-1-2は意外と噛み合わせがいい。WHが高く張り出すことでサイドでの数的優位を作ろうとするのに対して、3バックがワイドに開いて起点となる部分を東京の3列目両サイドが確実に潰しにいく。特にヨネが槙野を徹底的にマークして仕事をさせなかった。浦和のディフェンスラインに対するプレスも素早い寄せでいいボールを出させない。前半は完璧に近い出来だったと思う。何にしても先制された後、すぐに同点に追いつけたのが大きい。点が入らずズルズルいっていたらこの結果はなかっただろう。秀人ナイス。

浦和が攻勢をかけてきた後半。一度追いつかれた後の武藤のゴールも大きかった。同点にされたときの選手たちのメンタリティが心配になったが、それを見事に吹き飛ばしてくれた。結果的に勝ちきれなかったけれど、あの1点で救われた感じがすごくした。武藤よありがとう。末恐ろしいカンテラーノ。勝敗で言えば、河野がGKと1対1を外したのが決定的だった訳だが、やはりフィニッシュの上手さは武藤の方が上だ。1点目は西川の左脇の下を通している。相手がよく見えているのだろうし、微妙にタイミングをずらしていたようにも見える。2点目もDFの影から鋭く振り抜いて、西川の反応を遅らせていた。こういった駆け引きができる冷静さが素晴らしい。枠に飛ばす+αがあると、ゴール確率は間違いなく上がっていく。

さて、問題のPKについては、ビデオでも見ない限り何とも言えない(中継の解説ではどんな論調だったんだろうか)。浦和の攻撃を抑え切れなかった結果といえばそれまでだ。確かに浦和の攻めはスピーディーで正確だった。流石に首位だけのことはある。しかし、一歩も引かずリードし続けたのは今後の戦いに自信になるだろうし、上位争いに参戦するだけの資格を得たということだと思う。こうなってくると、いよいよクラシコは観に行かないといけなくなった。

【追記】平山の怪我は骨折だった。全治3~4ヶ月だそうだ。故意ではないにしろ酷いタックルだったな。ミステルが会見で怒るのも無理ない。それなりに効いていたし調子もまずまずだっただけに(なによりミステルが気に入っているっぽい)、上位争いをするための大事な戦力が抜け落ちるのが何より痛い。

|

« ファンタジーサッカー2014 第21節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第21節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60206510

Listed below are links to weblogs that reference 竜闘虎争:

« ファンタジーサッカー2014 第21節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第21節レビュー »