« ファンタジーサッカー2014 第18節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第18節レビュー »

August 04, 2014

順風満帆

FC東京4-0清水

とにかく武藤。特に2点目なんかは落ち着き払った見事なゴールだった。DFを切り返しで外した上、GKのニアを狙って打ち抜いている。この状況判断力が頼もしい。その武藤の1点目を引き出したのはコースケ。古巣相手で気合が相当入っていたんだろう。前半アディショナルタイムのFKはGKの同サイドを抜くこれまた見事な一発だった。あと、感心してみていたのは秀人だ。ここ数試合、プレーの判断が早くなっているし、必ず前、縦への選択肢を優先している。こういうプレーが安定してくると、いよいよアンカーのポジションも安泰ということだ(CBに降りることもできるというのがこれまた秀人の強み)。そうなると、陽平は2列目で復帰か。これまた競争が厳しい。いつ戻ってくるのやら。

前半で3-0と、前節と同じ経過に大満足。さらに今節は後半にダメ押しができたのは進歩。4点目が入ると、ミステルは河野を下げて早々に守備固め。4-4-2のブロックで清水の攻めに対応した。2~3度入れられても仕方ない場面は作られたが、権チャンのセーブとポストが助けてくれてクリーンシート達成。すべてが好循環だ。これで上位陣ともいい勝負ができれば、いよいよトップ3も見えてくる。

さて、あまり文句のつけようがない一戦だったが、あえて苦言を呈するとすれば東だろう。地味ながら確実なプレーをしていたにゅーさんに代わって入ったものの、ボールを持っては危険なミスパスはするはシュートは相変わらず宇宙開発だわで、まったく良さが消えてしまっていた。どうしてここまで劣化してしまったんだろうか。それ以前に、このレベルの東がベンチということは、ナオや陽平はもっと状態が厳しいということなのか知らん。

|

« ファンタジーサッカー2014 第18節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第18節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60096520

Listed below are links to weblogs that reference 順風満帆:

« ファンタジーサッカー2014 第18節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第18節レビュー »