« July 2014 | Main | September 2014 »

August 2014

August 29, 2014

ファンタジーサッカー2014 第22節

柏を軸としつつも川崎、広島、G大阪と散らしています。夏場の連戦でDFが疲れ気味なのか大味なゲームが多く、0ゲームが予想しにくくなっています。前節の3点、4点入ったゲームのDFは惨憺たる有様ですからね。とはいえ、まとめないとポイントも伸びない。難しいところです。ということで、今節はYahooはばらけ、miniは固めで臨みます。代表発表でいろいろな思いが錯綜していますが、今回は宇佐美よりパトリックを取りました。やっぱ宇佐美かなぁ。

【Yahoo】(Week19)
GK菅野(柏)
DF森重(東京)
DF増嶋(柏)
DF西野(G大阪)
DF水本(広島)
MF高萩(広島)
MF大谷(柏)
MF河野(東京)
MF大島僚(川崎)
FWパトリック(G大阪)
FW小林悠(川崎)
勝負チーム:柏

【mini】(第22節)
GK菅野(柏)
DF増嶋(柏)
DF橋本和(柏)
DF鈴木大(柏)
DF千葉(広島)
MF中村憲(川崎)
MF武藤(東京)
MF米本(東京)
FW大久保(川崎)C
FWレアンドロ(柏)
FWパトリック(G大阪)
前節合計55fp

さて、アギーレジャパンです。新顔は結構ノーチェックなのが多くて面白い。なかでも坂井と松原はどの辺が琴線に触れたんだろうか興味があります。ゲームにはなかなか出てこないだろうとは思いますがね。ヨネは呼ばれるにしてももうちょっとパスとシュートの精度が上がってからでいいですよ。あせる必要は全然ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2014

ファンタジーサッカー2014 第21節レビュー

今節はDF受難でした。0ゲームは2つしかなく、3点以上が6チームもあった。甲府の前目なんてほとんど情報持ってないもんなぁ。そして新潟やらかしましたな。対して高崎素晴らしい。ゴールの確率が半端ない。下位同士の対戦はやはり要注意です罠。名古屋は豊田では勝てないし、広島は石原が出てなくてよくわからない。我が軍は武藤が正解でした。神戸に寄せたYahooの方がまだましでした。うちにかぎってみれば天皇杯の影響多少あったようにも思います。大宮は戦前予想通りやらかしました。これで降格一直線でしょう。

【Yahoo】(Week18)
GK山本海(神戸)…10Fp
DF森重(東京)…1Fp
DF太田宏(東京)…2Fp
DF昌子(鹿島)…3Fp
DF田中マ(名古屋)…13Fp
MF成岡(新潟)…10Fp
MFレドミ(名古屋)…3Fp
MF橋本(神戸)…8Fp
MFシンプリシオ(神戸)…6Fp
FWペドロジュニオール(神戸)…17Fp
FW指宿(新潟)…3Fp
合計…76Fp 通算…1376Fp
4312位/127602(↑334)

【mini】(第21節)
GK権田(東京)C…0fp
DF田中マ(名古屋)…12fp
DF太田宏(東京)…1fp
DF舞行龍(新潟)…3fp
DF水本(広島)…7fp
MFチョンウヨン(神戸)…11fp
MFレオシルバ(新潟)…1fp
MF米本(東京)…2fp
FW川又(名古屋)…5fp
FW石原(広島)…0fp
FWペドロジュニオール(神戸)…10fp
合計52fp 通算314fp
チーム時価 -1960
16位/305 全国リーグ

中島が富山から戻ってきました。なぜこのタイミングでというのは分かりません。攻撃的MFは在庫豊富なので、キャラ的には河野とかぶる中島のニーズはあまりないようにも思えます。それよりも平山がドロップしてしまったのでFWの補強がしたいところ。川又のような出物が出てきませんかねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2014

竜闘虎争

FC東京4-4浦和

両チームの成り立ちからすると神経戦になって0-0ドローという予想もしていたのだけれど、いやいやとんでもない話で、ゲームは真逆の派手な撃ち合いになってしまった。ここまで荒れたのはレフェリングの問題が大きかった。とはいえ、流れの中でもぎ取った武藤の2ゴールは、蒸し暑い晩夏の夜に一服の清涼剤となった。

ポポさんは浦和と対するときは(広島もそうだったが)ミラーシステムを採用してゲームを膠着させ、その中で勝利を探っていく方法をとった。しかし、フィッカデンティは真っ向勝負を志向する。実際、浦和の3-4-2-1に対して4-3-1-2は意外と噛み合わせがいい。WHが高く張り出すことでサイドでの数的優位を作ろうとするのに対して、3バックがワイドに開いて起点となる部分を東京の3列目両サイドが確実に潰しにいく。特にヨネが槙野を徹底的にマークして仕事をさせなかった。浦和のディフェンスラインに対するプレスも素早い寄せでいいボールを出させない。前半は完璧に近い出来だったと思う。何にしても先制された後、すぐに同点に追いつけたのが大きい。点が入らずズルズルいっていたらこの結果はなかっただろう。秀人ナイス。

浦和が攻勢をかけてきた後半。一度追いつかれた後の武藤のゴールも大きかった。同点にされたときの選手たちのメンタリティが心配になったが、それを見事に吹き飛ばしてくれた。結果的に勝ちきれなかったけれど、あの1点で救われた感じがすごくした。武藤よありがとう。末恐ろしいカンテラーノ。勝敗で言えば、河野がGKと1対1を外したのが決定的だった訳だが、やはりフィニッシュの上手さは武藤の方が上だ。1点目は西川の左脇の下を通している。相手がよく見えているのだろうし、微妙にタイミングをずらしていたようにも見える。2点目もDFの影から鋭く振り抜いて、西川の反応を遅らせていた。こういった駆け引きができる冷静さが素晴らしい。枠に飛ばす+αがあると、ゴール確率は間違いなく上がっていく。

さて、問題のPKについては、ビデオでも見ない限り何とも言えない(中継の解説ではどんな論調だったんだろうか)。浦和の攻撃を抑え切れなかった結果といえばそれまでだ。確かに浦和の攻めはスピーディーで正確だった。流石に首位だけのことはある。しかし、一歩も引かずリードし続けたのは今後の戦いに自信になるだろうし、上位争いに参戦するだけの資格を得たということだと思う。こうなってくると、いよいよクラシコは観に行かないといけなくなった。

【追記】平山の怪我は骨折だった。全治3~4ヶ月だそうだ。故意ではないにしろ酷いタックルだったな。ミステルが会見で怒るのも無理ない。それなりに効いていたし調子もまずまずだっただけに(なによりミステルが気に入っているっぽい)、上位争いをするための大事な戦力が抜け落ちるのが何より痛い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2014

ファンタジーサッカー2014 第21節

名古屋、広島、新潟、神戸、東京と散らしました。正直よく分からない。天皇杯の影響がどの程度出るのかそれにもよるんですよね。ローテーション気味に組んだところもあれば、我が軍みたいにそこそこの面子で戦ったところもあればで、今週末の疲れ具合とか敗戦のショックとか読みきれない要素がたくさんある。ただ、Yahooのほうは予算の都合上神戸に偏らざるを得ませんでした。これが吉と出るか凶と出るか。カードとして迷うのは大宮。鳥栖相手にホームではめっぽう強いがスコアはロースコア。大宮のディフェンスというのもありなんだけど、チーム状況を考えるといまいち信頼性に欠けるんです。なので、ここはあえてパスしました。

【Yahoo】(Week18)
GK山本海(神戸)
DF森重(東京)
DF太田宏(東京)
DF昌子(鹿島)
DF田中マ(名古屋)
MF成岡(新潟)
MFレドミ(名古屋)
MF橋本(神戸)
MFシンプリシオ(神戸)
FWペドロジュニオール(神戸)
FW指宿(新潟)
勝負チーム:神戸

【mini】(第21節)
GK権田(東京)C
DF田中マ(名古屋)
DF太田宏(東京)
DF舞行龍(新潟)
DF水本(広島)
MFチョンウヨン(神戸)
MFレオシルバ(新潟)
MF米本(東京)
FW川又(名古屋)
FW石原(広島)
FWペドロジュニオール(神戸)
前節合計81fp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2014

瑞穂de天皇杯3回戦

名古屋4-0京都

前半は京都の出足が勝り、タマ際も厳しく行っていたので主導権を握ったが、フィニッシュの精度とアイディア不足でゴールを決めることができない。そんななか裏一発で抜け出した力がゴールを決め名古屋が先制。うーん、どっちがJ1なんだか。前半CKから田中さんが得意の頭で決め2-0としたところでゲームとしての興味は終わってしまった。名古屋にとってはあまり主体的なゲームではなかった。得点もカウンター&セットプレー。ただ、降格危機に瀕している今、相手がJ2だろうとどんな形だろうと点を取って勝つということが何より大事な時期だ。ノックアウトのトーナメントだからという以上に、勝ちにこだわったゲームの進め方は、勝ち癖をつける意味でも有効に思う。玉田の復調はいい知らせで、残留に向けて攻撃を作れる軸の存在は大きい。このゲームでは佐藤和樹が左SBに入り、ゲーム途中で磯村をSBにしたり田口をCBに入れたり、西野さんもまだ模索中というような感じだったが、その分伸び白はあるということなのだろう。よもや落ちることはあるまい(努々油断召さるな)。

さて、砕け散った京都だが、山瀬をフリーマンにしてパス交換で崩していくスタイルだった。なかでも右サイドの工藤浩平が結構効いていた。左サイドの狭いスペースで回して一気に右サイドに振り、何度かボックス深いところにも侵入していたが、やはり最後のアイディアと精度が欠乏していた。だからJ2なんだと、非常に分かりやすかった。後半大黒が山瀬と交代で入ってきたが、パスを出す人間がいなくて大黒さんも宝の持ち腐れとなってしまっていた。ちょっとギクシャクした感じがリーグ戦の順位にも現れている。カウンターへの対応力の低いDFに攻め倦むFW。これでは順位もなかなか上がっていかないだろう。 

それにしても、今年の天皇杯もジャイキリが頻発していて面白い。特にJ1の1位、2位があっさり敗退とは。横浜の連覇も早々となくなったし。もしかしたら今回はカップ戦得意の我が軍いけるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2014

ファンタジーサッカー2014 第20節レビュー

お盆休みで遠出していたためブログはサボりました。ただ、エントリーのほうはちゃちゃっとやっていたので、とりあえずレビューします。とにかく今節は植田の出場なしの0ポイントが意外と効いていて、もったいなかったという感じです。特にminiは3桁の可能性もあっただけに余計そう思いますよ。Yahooは杉山をそのままにしておいたのがまずいことになりました。やはり、安いGKは碌な事がないということなんですね。次節はGKから決めて、残りを割り振っていきたいと思います。それにしても、川崎の攻撃がはまったときは面白いです。クラシコは是非観に行きたい。

【Yahoo】(Week17)
GK杉山(川崎)…-2Fp
DF森重(東京)…8Fp
DF太田宏(東京)…8Fp
DF昌子(鹿島)…9Fp
DF植田(鹿島)…0Fp
MF齊藤学(横浜)…6Fp
MF大島僚(川崎)…9Fp
MF武藤(東京)…5Fp
MF倉田(G大阪)…2Fp
FW宇佐美(G大阪)…5Fp
FW小林悠(川崎)…27Fp
合計77Fp 通算1300Fp
4646位/127529(↓274)

【mini】(第20節)
GK曽ヶ端(鹿島)…8fp
DF昌子(鹿島)…7fp
DF太田宏(東京)…8fp
DF植田(鹿島)…0fp
MF柴崎岳(鹿島)…17fp
MF中村憲(川崎)C…10fp
MF倉田(G大阪)…2fp
MF武藤(東京)…4fp
FWダヴィ(鹿島)…5fp
FW小林悠(川崎)…18fp
FW宇佐美(G大阪)…3fp
合計92fp 通算262fp
チーム時価 +5910
8位/305 全国リーグ

後半戦鳥栖が監督交代のあおりを受けて体制を崩しています。今後の狙いどころかと。ボトムズは緊張感が続くから不確定要素が出てくるけれど、前半有利なポジションからだと、まぁ降格はないから安心して負けられますw。どうも、クラブの懐具合の問題みたいなので、あまり勝っちゃいけないみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2014

安穏無事

C大阪0-0FC東京

台風が接近している最中、風は強かったものの雨はなぜか止んで、まさしく嵐の前の静けさだった。しかし、ゲーム自体も嵐の前の静けさで、双方決め手のないままスコアレスドローに終わった。本当の意味での決定機は大阪のほうが3回ばかりあったように思う。対するビジターチームはチャンスらしいチャンスも作れない体たらく。スタンドはシュート打てコールの嵐となった。スタメンの東は違いを作ることができず、ミスもまだ多い。少ないシュートチャンスにも折り返しパスを選択するし。攻撃力不足は否めない。途中からミステルの采配も0-0も良しというような匂いが漂ってきて(一か八かなら丸橋の裏のスペースを狙ってナオを入れる手もあったはず。そのためにナオを連れてきたんじゃないのかな)、この結果も良しということなのか。台風のおかげで気温はそれほど高くはなかったからもっと動けたと思うし、はるばる東京から駆け付けた支援者に対してはちょっと物足りなかった。

ただ、このゲームの最大の盛り上がりはゲーム前だった。大阪のG裏がアーリアのチャンとを歌いだす。それがあろうことか“ヴェルディ川崎”のメロディーなのだ。すかさず反応する東京G裏。まず、東京オリジナルのアーリアのチャント。

♪ハーセガワアーリアジャスゥールゥー、ジャスゥールゥー、ジャスゥールゥー。ハーセガワアーリアジャスールッ、ラララーラーララーラー

次に“ヴェルディ川崎”のチャント

♪オーオオーオオーオオー、ラララヴェルディカーワサッキー。オオーオオーオオーラララヴェルディカーワサッキー、オオオオッ、オオオオッ、ヴェルディカーワサッキー

そして『一生青赤』

♪俺青と赤、一生青と赤。俺青と赤、緑は大っ嫌い、東京!

つまり、お前らのアーリアチャントは川崎のだから俺らは気に入らない。大好きな長谷川さんのチャントはオリジナルでやってくれと。大阪G裏にちゃんと伝わっただろうか。久々に掛け合いが出て楽しめた。これだけでも遠征費の元はとれたかな。

【追記】長居で19時KOのゲームも、新幹線の名古屋最終が22:30なので日帰りが可能。特に今回台風上陸が翌日に控えていたため、その日のうちに名古屋に戻ってこられたのはラッキーだった(翌朝から交通機関は大荒れ)。

Continue reading "安穏無事"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2014

ファンタジーサッカー2014 第19節

miniは倉田-遠藤、河野-武藤、ノヴァコ-大前、小林-大久保と二択について意識的にずらしています(大久保はフィジカルトラブルの一報もあります)。Yshooは予算の都合が前面に出てきてます。我が軍据え置き、杉山も奇跡を信じて据え置きしました。横浜もちょっと気になるので、Yahooのほうに学と中澤を入れました。清水でも良かったんですけど、ここはなんとなくです。

【Yahoo】(Week16)
GK杉山(川崎)
DF森重(東京)
DF太田宏(東京)
DF塩谷(広島)
DF中澤佑(横浜)
MF齊藤学(横浜)
MFレドミ(名古屋)
MF武藤(東京)
MF河野(東京)
FW宇佐美(G大阪)
FWエドゥー(東京)
勝負チーム:東京

【mini】(第19節)
GK権田(東京)C
DF森重(東京)
DF太田宏(東京)
DF平岡(清水)
DF塩谷(広島)
MF中村憲(川崎)
MF倉田(G大阪)
MF河野(東京)
FWノヴァコヴィッチ(清水)
FW小林悠(川崎)
FW宇佐美(G大阪)
前節合計64fp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2014

ファンタジーサッカー2014 第18節レビュー

miniは武藤を外してしまったんだけれど、それでも今季初の3桁を記録。3部リーグは滑り出し順調です。徳島はご愛嬌ですね。DFはしかたないけど、高崎が踏ん張りました。やはり後半戦は徳島がらみは難しくなります。Yahooは残した宇佐美と杉山、徳島がダメでしたが、それを補って余りある我が軍の活躍。2周連続の3桁で順位も大幅にアップしました。今週は全体的には大量点が入るゲームが多く、ちょっと荒れ気味でしたね。こういうときにスコアラーをしっかり押さえられるかがポイントになってきます。

【Yahoo】(Week15)
GK杉山(川崎)…-1Fp
DF森重(東京)…10Fp
DF太田宏(東京)…23Fp
DF藤原(徳島)…3Fp
DF村松(徳島)…4Fp
MF藤田直(鳥栖)…10Fp
MFアレックス(徳島)…1Fp
MF武藤(東京)…28Fp
MF河野(東京)…8Fp
FW宇佐美(G大阪)…4Fp
FWエドゥー(東京)…16Fp
合計106Fp 通算1151Fp
4432位/127384(↑1778)

【mini】(第18節)
GK権田(東京)…10fp
DF森重(東京)…8fp
DF太田宏(東京)…19fp
DF村松(徳島)…3fp
DF藤原(徳島)…4fp
MFリャンヨンギ(仙台)…10fp
MFキムミヌ(鳥栖)…6fp
MF米本(東京)…7fp
FWエドゥー(東京)C…11fp
FWウイルソン(仙台)…3fp
FW高崎(徳島)…10fp
合計102fp 合計102fp
チーム時価 +5940
7位/305 全国リーグ

さて、ボトムズですが、桜組と大宮はやはり嫌な感じの流れですね。まだジタバタするような段階ではないけれど、この2チームはいまいまで一番状況が悪い。イタリア人監督対決となる次節の長居は現場に行こうと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2014

順風満帆

FC東京4-0清水

とにかく武藤。特に2点目なんかは落ち着き払った見事なゴールだった。DFを切り返しで外した上、GKのニアを狙って打ち抜いている。この状況判断力が頼もしい。その武藤の1点目を引き出したのはコースケ。古巣相手で気合が相当入っていたんだろう。前半アディショナルタイムのFKはGKの同サイドを抜くこれまた見事な一発だった。あと、感心してみていたのは秀人だ。ここ数試合、プレーの判断が早くなっているし、必ず前、縦への選択肢を優先している。こういうプレーが安定してくると、いよいよアンカーのポジションも安泰ということだ(CBに降りることもできるというのがこれまた秀人の強み)。そうなると、陽平は2列目で復帰か。これまた競争が厳しい。いつ戻ってくるのやら。

前半で3-0と、前節と同じ経過に大満足。さらに今節は後半にダメ押しができたのは進歩。4点目が入ると、ミステルは河野を下げて早々に守備固め。4-4-2のブロックで清水の攻めに対応した。2~3度入れられても仕方ない場面は作られたが、権チャンのセーブとポストが助けてくれてクリーンシート達成。すべてが好循環だ。これで上位陣ともいい勝負ができれば、いよいよトップ3も見えてくる。

さて、あまり文句のつけようがない一戦だったが、あえて苦言を呈するとすれば東だろう。地味ながら確実なプレーをしていたにゅーさんに代わって入ったものの、ボールを持っては危険なミスパスはするはシュートは相変わらず宇宙開発だわで、まったく良さが消えてしまっていた。どうしてここまで劣化してしまったんだろうか。それ以前に、このレベルの東がベンチということは、ナオや陽平はもっと状態が厳しいということなのか知らん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2014

ファンタジーサッカー2014 第18節

今節は難しいです。どのカードも拮抗している。徳島もブレークしてホームにおあつらえ向きの甲府ですからモチベーションは相当高いでしょう。ここで徳島が勝つようだと、ボトムズ戦線に異変ありとなるかもしれません。実際甲府はアウェーでほとんど点が取れていません。ということで、ベースラインに今季初めて使ってみたいと思います。基本は我が軍で、仙台、鳥栖などの選手をランダムにピックアップして埋めます。Yahooのほうはコストがきついので宇佐美や杉山を残しました。これがどう出るかです。それにしてもYahooのGKは全体的にコスト高すぎ。

【Yahoo】(Week15)
GK杉山(川崎)
DF森重(東京)
DF太田宏(東京)
DF藤原(徳島)
DF村松(徳島)
MF藤田直(鳥栖)
MFアレックス(徳島)
MF武藤(東京)
MF河野(東京)
FW宇佐美(G大阪)
FWエドゥー(東京)
勝負チーム:東京

【mini】(第18節)
GK権田(東京)
DF森重(東京)
DF太田宏(東京)
DF村松(徳島)
DF藤原(徳島)
MFリャンヨンギ(仙台)
MFキムミヌ(鳥栖)
MF米本(東京)
FWエドゥー(東京)C
FWウイルソン(仙台)
FW高崎(徳島)
前節合計76fp

新潟の川又は契約問題で干されていたようです。点が取れない状況の中、そんなことやっている場合なんでしょうかね。こうなると、新潟は弱り目に祟り目かもしれませんよ。YMCAの呪いは実現するんでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2014 | Main | September 2014 »