« ファンタジーサッカー2014 第20節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2014 第21節 »

August 21, 2014

瑞穂de天皇杯3回戦

名古屋4-0京都

前半は京都の出足が勝り、タマ際も厳しく行っていたので主導権を握ったが、フィニッシュの精度とアイディア不足でゴールを決めることができない。そんななか裏一発で抜け出した力がゴールを決め名古屋が先制。うーん、どっちがJ1なんだか。前半CKから田中さんが得意の頭で決め2-0としたところでゲームとしての興味は終わってしまった。名古屋にとってはあまり主体的なゲームではなかった。得点もカウンター&セットプレー。ただ、降格危機に瀕している今、相手がJ2だろうとどんな形だろうと点を取って勝つということが何より大事な時期だ。ノックアウトのトーナメントだからという以上に、勝ちにこだわったゲームの進め方は、勝ち癖をつける意味でも有効に思う。玉田の復調はいい知らせで、残留に向けて攻撃を作れる軸の存在は大きい。このゲームでは佐藤和樹が左SBに入り、ゲーム途中で磯村をSBにしたり田口をCBに入れたり、西野さんもまだ模索中というような感じだったが、その分伸び白はあるということなのだろう。よもや落ちることはあるまい(努々油断召さるな)。

さて、砕け散った京都だが、山瀬をフリーマンにしてパス交換で崩していくスタイルだった。なかでも右サイドの工藤浩平が結構効いていた。左サイドの狭いスペースで回して一気に右サイドに振り、何度かボックス深いところにも侵入していたが、やはり最後のアイディアと精度が欠乏していた。だからJ2なんだと、非常に分かりやすかった。後半大黒が山瀬と交代で入ってきたが、パスを出す人間がいなくて大黒さんも宝の持ち腐れとなってしまっていた。ちょっとギクシャクした感じがリーグ戦の順位にも現れている。カウンターへの対応力の低いDFに攻め倦むFW。これでは順位もなかなか上がっていかないだろう。 

それにしても、今年の天皇杯もジャイキリが頻発していて面白い。特にJ1の1位、2位があっさり敗退とは。横浜の連覇も早々となくなったし。もしかしたら今回はカップ戦得意の我が軍いけるかも。

|

« ファンタジーサッカー2014 第20節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2014 第21節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60186347

Listed below are links to weblogs that reference 瑞穂de天皇杯3回戦:

« ファンタジーサッカー2014 第20節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2014 第21節 »