« アクションサッカーの究極進化系 | Main | チーム力の勝利 »

July 10, 2014

手詰まり

オランダ代表0-0(PK2-4)アルゼンチン代表

5バックにして今大会のコンセプトを貫き通したファンハールは、ブラジル大会におけるモウリーニョにはなれなかった。フロントの3人の爆発力を活かそうにも、守備網がきっちり整備されているチームにはそうそう通用しない。拮抗したゲームであればなおさらで、攻守がはっきり切り替わり自らアクションを起こし点を奪う能力は今回のオランダには備わっていなかった。結局個に頼り切ったチームだったわけだ。拮抗すると点が取れないことは、PKでかろうじて勝ち残った準々決勝のコスタリカ戦でもうかがい知れた。今回は交代枠を3つ使い切ってしまっていたために、PK戦用にクルルを投入することができなかった。だが、それは敗戦の理由にはならないだろう。オランダの問題はもっと本質的なところにある。

一方のアルゼンチンも、こと攻撃に関してはディマリアの離脱によってメッシ頼みがいよいよ顕著になった。オランダはデヨングをメッシに張り付かせたりして動きを封じ、前線から遠ざけることに成功した。低いところからドリブル突破を試みてはボールを奪われるの繰り返し。このゲームではラベッシが結構頑張っていたが、ついぞ得点を奪うことができなかった。メッシばかりが取りざたされてあまり目立つことがなかったが、実はアルヘンはディフェンス力で勝ち上がってきたというべきかもしれない。トーナメントに入ってからは無失点。特に中盤のマスケラーノの効き目は抜群だ。PKを2本止めたロメロも優れたGKである。ただ、サッカーは相手より1点でも多く点を取った方が勝つゲームである以上、点を取らなければならない。その意味で、両チームとも手詰まりになったわけだ。

オランダであろうとアルゼンチンであろうと、双方には弱点がある。それは隠しようがない。そしてアルヘンは弱点を抱えたままドイツと決勝を戦うことになった。しかも試合日程的にドイツの方が1日多く休めるし、準決勝は7-1の大勝で体力的にも気持ち的にも余裕があるはず。アルヘンはオランダとのタフな120分を戦い、攻撃のキーマンであるディマリアは欠いたまま、アグエロも復帰したが完全ではない。これだけコンディションの差ができてしまうと、結果は火を見るよりも明らかではなかろうか。アルヘン劣勢は否定のしようがないのだ(さらに言えばチームの成り立ち自体にもドイツにアドバンテージがある)。しかし、それでもアルヘンには期待せずにはいられない何かがある。同じパスサッカー、アクションサッカーではあるけれど、それぞれに特徴があり違いがある2チームだ。世界のサッカーの最先端トレンドを占う大事な一戦でもある(その意味ではオランダが決勝に残らなくて良かったと思う)。前回のスペインのサッカーにも美しさがあった。今大会の決勝でも美しいサッカーが展開されることを望んでやまない。

|

« アクションサッカーの究極進化系 | Main | チーム力の勝利 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59958583

Listed below are links to weblogs that reference 手詰まり:

« アクションサッカーの究極進化系 | Main | チーム力の勝利 »