« ベスト4 | Main | 手詰まり »

July 09, 2014

アクションサッカーの究極進化系

ブラジル代表1-7ドイツ代表

この結果は流石に観ていてショックだった。

立ち上がりから両チームとも闘志むき出しでフルブースト。中盤のボールの奪い合いは殺気すら漂っていた(ドイツは荒っぽいブラジルのプレーをものともしていなかった)。しかし、徐々にドイツの中盤からのプレスが効きだすとブラジルはボールを前に進めることができなくなる。ロングボールに頼る単発的な攻めは簡単にドイツDFに跳ね返されてしまう。そして前半10分のCK。ニアに殺到するドイツに釣られてブラジルDFもニアへ。その後ろにぽっかりと空いたスペースにミュラーがススッと下がると密集を飛び越えてきたボールがまさにミュラーの前に。あのボレーも簡単ではなかったと思うが、GKの逆を突く見事なコントロールでゴールに蹴り込み先制に成功する。ミュラーのケアを怠るとは、ブラジルの各選手とも相当アドレナリンが出っ放しだったんではなかろうか。冷静さをやや欠いた状態で、追いつかなければという気持ちが重圧となってブラジルチームを襲ったことは想像に難くない。前係りになりバイタルが空く。そこをドイツは徹底して狙ってきた。G前のブラジルDFがやけに厳しく行かなかったことが不思議だったが(プレッシャーで体が動かなかったんだろうか)、マンツーマン気味に付くブラジルDFは、ドイツの前線4人の頻繁なシフトチェンジに振り回されていた。また、ドイツの楔が容赦なくえげつなく、ピタッと収まりすぐさま展開されるのでディフェンスが完全に後追いになっていた。ドイツの2点目の段階で、もはやブラジルは切れてしまった。本来なら踏みとどまって1点を返して後半反撃もまだできるのに、気持ちはリセットできなかったようだ。もしかしたら、その時点でドイツとの実力差を肌で感じ諦めてしまっていたのかもしれない。それだけ、ドイツの攻守は圧倒的だった。

ドイツのパスサッカーの特徴は、スペインなどとは違い、長距離パスがダイレクトで何本も繋がっていくところにある。だから攻撃においては選手間の距離はお構いなしだ。スイッチバックのパス交換3回ぐらいでアタッキングサードまで到達してしまう。本当に基礎的技術が高い。難しい技は使っていないが、基礎技術をそこまでのレベルに引き上げることが相当難しいことなんだろうと思う。アクロバチックな楽しさは皆無だが、そぎ落とされたシンプルなプレーの連続は、それはそれでまた別の美しさがある。機能美とも言うべきか。ボールが奪われるとそこからディフェンスが始まる。ボールサイドに人が寄っていき、奪えばすぐさま縦、無理なら中央を経由して逆サイド、そこも無理なら戻すという、とにかく前を目指す意識が各選手とも強かった。ブラジルにも、このドイツのディフェンス網を幸運にも潜り抜けたシーンは3度4度あったけれど、最後の最後はノイヤーがシャットアウト。ノイヤーでなければ2~3点は入っていてもおかしくはなかった。

今大会のドイツは前回優勝のスペインのある意味進化型と言ってもいいかもしれない。ポゼッションにこだわらない攻撃的パスサッカー。パスの距離が長くなることで人の移動の自由度が高くなり、より攻撃のスピード-特に前へ進むスピードは格段に速くなっている。中盤の守備も攻撃的。攻守の切り替えも速い。ポゼッションスタイルはボールを奪われなければ失点のリスクは最小化できるという考え方に対して、ドイツの今回のスタイルはあくまでゴールを目指すためのパスサッカーだ。アクションサッカー=自分たちから仕掛けるスタイルであることは共通しているが、ゴールに対してより純粋なのだ。だから、ここまでの差が開いてしまったともいえる。ブラジルは結局数人のタレントの個人力に依存したチームでしかなかった(それにしてもフレッジに対するブーイングはすごかった)。しかし、まだ3位決定戦が残っている。ホスト国として踏ん張りどころだ。

|

« ベスト4 | Main | 手詰まり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59953455

Listed below are links to weblogs that reference アクションサッカーの究極進化系:

« ベスト4 | Main | 手詰まり »