« ファンタジーサッカー2014 第15節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第16節 »

July 21, 2014

東奔西走

FC東京1-1鹿島

当日は『AJINOMOTO DAY』だったけれど、ピッチ上は「ヨネの日」だった。4-3-1-2システムのアンカーを秀人に任せて前へ後ろへいたるところに顔をだして攻守に絡んだ。ただ、攻めの部分についてはフィニッシュにしろチャンスメイクにしろ消化不良のところが多かったように思う。守備ではやばそうなところを早めに抑えに行ったりしてイエローももらって獅子奮迅の活躍だった。もしかしたらケディラあたりのプレーをイメージしていたのかもしれない。機動力はもう十分だから、あとは一つ一つのプレー精度を上げるだけだ。

全体としては可もなく不可もなく。鹿島相手に堂々渡り合ったし、いいところまで追いつめた。でも、あれを1-0で勝ちきれないのが今のチームの自力なんだろう。リードして河野を下げてから4-1-4-1にシフトチェンジしたのは面白かった。ブロック自体は強固になったので、攻めを網にかけるのはいいのだけれど、押し込まれてしまうと最終的に1ラインのようになってしまい、跳ね返したセカンドボールが拾えなくなる。同点にされたシーンは徳のクリアが中途半端だったらしいが、それ以前にラインが下がりすぎてしまっていた。気持ちの問題でもある。

攻撃では前半34分のダイレクトパスがつながったプレー。最後のところでエドゥーがシュートミスしてゴールは奪えなかったが(確かにボールがイレギュラーしたのでシュートが浮いたのはしかたなかったか)、可能性を感じさせる攻めだった。やはりダイレクトプレーはつながると気持ちいい。ただ、結構決定機は作れていたものの結局1点だけというのも情けない話だ。後半の武藤のGK1対1のシーンにしても、フィニッシュの精度をどれだけ上げられるかは日本全体の課題で、つい先日までお手本をたくさん見ることができたんだから、もうちょっと何とかしてほしいと思う。蹴る技術はあるのだろうから、あとは状況判断だけだと思うんだがなぁ。

そして、今日はとにかくレフェリングだった。酷かった。ファウルの基準は不安定だし、どうやら豊川のハンドで取り消しになったゴールも実は徳のオウンゴールだったらしいし(こちらとしては助かったけど)、あれでSRだっていうんだから家元以来の酷さだ。終盤のルイス・アルベルトの退場はおそらく肘打ちが理由だったのではないかと推測するのだけれど(赤になるならそれ以外考えられない)、鹿島にとっては特に厄日となった(タマの得点も鹿島のCKが取り消された後のカウンター気味の東京の攻撃に鹿島の守備が緩んだすきに決めたものだった)。ゲーム自体は結構中身があって良かっただけに、これを冷静に治められなかったレフェリーに水を差された格好になった。ある意味引き分けでよかった。変に勝敗がついてしまうと勝つにしろ負けるにしろ後味はさらに悪くなったかもしれない。インカムシステムを導入したらしいが、いくら技術的サポートを使っても、それを使う人間の質が上がっていかないと意味はないのだ。

|

« ファンタジーサッカー2014 第15節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第16節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/60018076

Listed below are links to weblogs that reference 東奔西走:

« ファンタジーサッカー2014 第15節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第16節 »