« 守りのW杯 | Main | 自分たちのサッカー »

June 21, 2014

数的優位の罠

日本代表0-0ギリシャ代表

試合をやっている時間帯はまさに新幹線で移動中で、ライブで見ることができなかったのだけれど、なぜか情報遮断が上手く行って、夜8時からの録画放送まで結果を知ることがなかった。ただ、それでもゲームが終わった後の街の空気は、とてもチームが勝利した後のものとは思えず、なんとなく結末を予期しながら見始めた。

前半でカツラニスが退場になって、いよいよギリシャの戦略が明確になった段階で嫌な予感はしたわけで、気分的にはいつギリシャの決勝点が入るんだろうかという憂鬱な気分で画面を見続けなければならなかった。結局日本は点を奪うことはできず、奪われることもなく、半分予定調和的にスコアレスで終了。実にしょっぱい。リトリートした相手に岡崎を残していても役にたたんだろう。斎藤でも入れてくれた方がよほど納得感があったとおもうよ。ミドルもまったくと言っていいほど打たないし。サイドも最深部まで侵入できたのはウッシーのクロスの時ぐらいだし、大久保のボレーも、本人曰く最後で跳ねたためにミートできなかったらしいが、それでもあそこを決めるのがワールドクラスなのだ。W杯とは、それができる選手たちが集まっている大会なのだよ。

交代枠を残し、最後まであがきを見せなかったザックの無策さに絶望しつつ、それでも負けなくて良かったねと安堵する自分がいる。まぁ、わずかばかりでもチャンスは残されたのだし、ギリシャの最終戦へのモチベーションがこれで保たれたことで、多少はその確率も高くなったように思う。気休めにしかならないけど、最後まで全力で戦ってもらいたいもんだ。まだ死ぬ気で戦っているようには見えないね。

|

« 守りのW杯 | Main | 自分たちのサッカー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59852768

Listed below are links to weblogs that reference 数的優位の罠:

« 守りのW杯 | Main | 自分たちのサッカー »