« 数的優位の罠 | Main | 好陽軒@桜山 »

June 25, 2014

自分たちのサッカー

日本代表1-4コロンビア代表

この際点差は関係ない。勝てなかったということが全てだ。そして、もしこれが彼らの言う自分たちのサッカーであるならあまりに未熟。サッカーの本質を見失っているような気がして仕方がない。ただ闇雲にゴールを目指していたようにしか見えなかった。点は取れるから失点は気にしない、そんなチームだったはずなのに、蓋を開けてみればリトリートした相手を崩すことができず、カウンターで失点を繰り返す。実際攻撃のアイディアは乏しかった。サイドを切り崩すにしても最深部へ侵入したのはわずか。可能性の高いマイナスクロスはついぞ見ることがなかった。FKは調子の上がらない本田任せだし、狭いスペースへの進入を得意とするはずの香川はまったくの役立たずに終わった。技術の差、ゲーム戦略の差を改めて感じさせられた大会だった。FIFAランクも分相応だ。攻め立てるのに青色吐息でやっとこさ同点に追いついたと思ったら、ハメス・ロドリゲスが入ってきただけで簡単に(ではないだろうけど)勝ち越して見せるコロンビアの余裕が憎らしかった。

ブンデスで数字を残した岡崎は岡崎らしい飛込みで得点したが、大久保は肝心な決定機を決めることができなかった(決まっていたとしても状況は変わらなかった様な気もするが)。技術の差とはこういうところに現れる。もし、大久保がギリシャ戦の決定機も含めて決めることができていたなら、彼は今頃欧州のそこそこのクラブで活躍しているに違いない。逆に言えば、決められないからJリーグなのだと(今ちゃんのタックルもそういうことなんだと思う。それにしてもモリゲをもっと見たかった。なぜモリゲを出さんのだ、ザックは)。W杯とはやはりそのレベルにある大会なのだと痛感する。

今大会は後半荒れるゲームが結構多い。特に終盤の点の入り方は異常ともいえる。これは、暑さやチーム戦術によってスタミナ切れを起こし組織を維持できなくなるケースが多いためだろう。組織力で戦うとよく言われるが、組織(的守備)が崩壊すれば、そこには‘個’しか残らない。攻撃にしても個への依存は高い。開幕戦のネイマールのシュート、イラン戦のメッシの一発、アメリカ戦のクリロナのクロス。コンビネーション以上に、ここという時に‘個’は威力を発揮する。悲しいかな、そういう‘個’は日本にはいない。本田も香川も救世主にはなり得なかった。本当の意味で組織力でW杯を勝ち抜くためには、更なる底上げレベルアップは不可欠だろうし、コンビネーションを高めるためには現状の代表強化方式では無理なんじゃないかとも思う。

前のエントリーに「守りのW杯」と書いたが、実際3バックを採用するチームの勝率が抜群に良い。リトリートすると5バックになり堅牢を築くことができるし、攻めに転じればサイドで数的優位を作ることもできる。先制できれば守備から入り、カウンターを虎視眈々と狙うというのが今大会の必勝パターンのような感じだ。逆転勝ちが多いのは、やはり後半のスタミナの問題も大きいだろう。自力のあるチームほど有利に働く。攻守一体、素早い切り替えができるチームが強いチームといえる。そういった観点からすると、日本代表チームには欠けているものがたくさんあった。主導権を握り相手を切り崩す攻撃サッカーというコンセプトに異論はない。しかし、理想に対して現実とのギャップははるかに大きく、その実現には相当な覚悟と時間が必要なのだと思う(ザックの采配がとか仔細な反省はあるにしても、このコンセプトでいこうとするなら今の日本人選手ではここが限界ということ。だから選手批判もする必要がないし、観る側からすれば今はよくやったと言う事しかできない)。日本人からメッシやクリロナが生まれるならまだしも、現実的には難しいわけだし、日本が目指すべき先として、チリやメキシコがベンチマークとして最適だろう。新しい指導者として今噂で名前が出ているアギーレなんかは、まさに適材なんじゃないかと思う。

ある意味4年後が楽しみだ。

|

« 数的優位の罠 | Main | 好陽軒@桜山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59874673

Listed below are links to weblogs that reference 自分たちのサッカー:

« 数的優位の罠 | Main | 好陽軒@桜山 »