« May 2014 | Main | July 2014 »

June 2014

June 25, 2014

自分たちのサッカー

日本代表1-4コロンビア代表

この際点差は関係ない。勝てなかったということが全てだ。そして、もしこれが彼らの言う自分たちのサッカーであるならあまりに未熟。サッカーの本質を見失っているような気がして仕方がない。ただ闇雲にゴールを目指していたようにしか見えなかった。点は取れるから失点は気にしない、そんなチームだったはずなのに、蓋を開けてみればリトリートした相手を崩すことができず、カウンターで失点を繰り返す。実際攻撃のアイディアは乏しかった。サイドを切り崩すにしても最深部へ侵入したのはわずか。可能性の高いマイナスクロスはついぞ見ることがなかった。FKは調子の上がらない本田任せだし、狭いスペースへの進入を得意とするはずの香川はまったくの役立たずに終わった。技術の差、ゲーム戦略の差を改めて感じさせられた大会だった。FIFAランクも分相応だ。攻め立てるのに青色吐息でやっとこさ同点に追いついたと思ったら、ハメス・ロドリゲスが入ってきただけで簡単に(ではないだろうけど)勝ち越して見せるコロンビアの余裕が憎らしかった。

ブンデスで数字を残した岡崎は岡崎らしい飛込みで得点したが、大久保は肝心な決定機を決めることができなかった(決まっていたとしても状況は変わらなかった様な気もするが)。技術の差とはこういうところに現れる。もし、大久保がギリシャ戦の決定機も含めて決めることができていたなら、彼は今頃欧州のそこそこのクラブで活躍しているに違いない。逆に言えば、決められないからJリーグなのだと(今ちゃんのタックルもそういうことなんだと思う。それにしてもモリゲをもっと見たかった。なぜモリゲを出さんのだ、ザックは)。W杯とはやはりそのレベルにある大会なのだと痛感する。

今大会は後半荒れるゲームが結構多い。特に終盤の点の入り方は異常ともいえる。これは、暑さやチーム戦術によってスタミナ切れを起こし組織を維持できなくなるケースが多いためだろう。組織力で戦うとよく言われるが、組織(的守備)が崩壊すれば、そこには‘個’しか残らない。攻撃にしても個への依存は高い。開幕戦のネイマールのシュート、イラン戦のメッシの一発、アメリカ戦のクリロナのクロス。コンビネーション以上に、ここという時に‘個’は威力を発揮する。悲しいかな、そういう‘個’は日本にはいない。本田も香川も救世主にはなり得なかった。本当の意味で組織力でW杯を勝ち抜くためには、更なる底上げレベルアップは不可欠だろうし、コンビネーションを高めるためには現状の代表強化方式では無理なんじゃないかとも思う。

前のエントリーに「守りのW杯」と書いたが、実際3バックを採用するチームの勝率が抜群に良い。リトリートすると5バックになり堅牢を築くことができるし、攻めに転じればサイドで数的優位を作ることもできる。先制できれば守備から入り、カウンターを虎視眈々と狙うというのが今大会の必勝パターンのような感じだ。逆転勝ちが多いのは、やはり後半のスタミナの問題も大きいだろう。自力のあるチームほど有利に働く。攻守一体、素早い切り替えができるチームが強いチームといえる。そういった観点からすると、日本代表チームには欠けているものがたくさんあった。主導権を握り相手を切り崩す攻撃サッカーというコンセプトに異論はない。しかし、理想に対して現実とのギャップははるかに大きく、その実現には相当な覚悟と時間が必要なのだと思う(ザックの采配がとか仔細な反省はあるにしても、このコンセプトでいこうとするなら今の日本人選手ではここが限界ということ。だから選手批判もする必要がないし、観る側からすれば今はよくやったと言う事しかできない)。日本人からメッシやクリロナが生まれるならまだしも、現実的には難しいわけだし、日本が目指すべき先として、チリやメキシコがベンチマークとして最適だろう。新しい指導者として今噂で名前が出ているアギーレなんかは、まさに適材なんじゃないかと思う。

ある意味4年後が楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2014

数的優位の罠

日本代表0-0ギリシャ代表

試合をやっている時間帯はまさに新幹線で移動中で、ライブで見ることができなかったのだけれど、なぜか情報遮断が上手く行って、夜8時からの録画放送まで結果を知ることがなかった。ただ、それでもゲームが終わった後の街の空気は、とてもチームが勝利した後のものとは思えず、なんとなく結末を予期しながら見始めた。

前半でカツラニスが退場になって、いよいよギリシャの戦略が明確になった段階で嫌な予感はしたわけで、気分的にはいつギリシャの決勝点が入るんだろうかという憂鬱な気分で画面を見続けなければならなかった。結局日本は点を奪うことはできず、奪われることもなく、半分予定調和的にスコアレスで終了。実にしょっぱい。リトリートした相手に岡崎を残していても役にたたんだろう。斎藤でも入れてくれた方がよほど納得感があったとおもうよ。ミドルもまったくと言っていいほど打たないし。サイドも最深部まで侵入できたのはウッシーのクロスの時ぐらいだし、大久保のボレーも、本人曰く最後で跳ねたためにミートできなかったらしいが、それでもあそこを決めるのがワールドクラスなのだ。W杯とは、それができる選手たちが集まっている大会なのだよ。

交代枠を残し、最後まであがきを見せなかったザックの無策さに絶望しつつ、それでも負けなくて良かったねと安堵する自分がいる。まぁ、わずかばかりでもチャンスは残されたのだし、ギリシャの最終戦へのモチベーションがこれで保たれたことで、多少はその確率も高くなったように思う。気休めにしかならないけど、最後まで全力で戦ってもらいたいもんだ。まだ死ぬ気で戦っているようには見えないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2014

守りのW杯

日本代表1-2コートジボワール代表

日本は残念でした。それにしてもドログバは規格外でしたね。36歳にして国民的英雄、その存在感だけでチームが勇気付けられる。こういうラスボス系の相手とはこれまで当たってこなかったため、流石にその対応はチームとしても欧州組でもどうすればいいかわからない感じでした。1人入っただけで守備バランスが大きく崩れてしまった。左サイドからのクロスをフリーで上げさせてしまったのは香川の守備力が一因とはいえ、遠藤の守備力不足なども影響していたと思うし、やはりラスボス対抗措置のプランがザックの中で準備されていなかったということでしょう。

前半は両チームとも様子見の感じで、特にコートジボワールが前から来なかったために比較的日本ペースでゲームを進めることができたし、その中で本田の見事な先制ゴールも生まれた。ただ、これが余計日本を慎重にさせたといえるし、腰の引けた前半終盤に繋がったわけです。後半立ち上がりは再び修正できたように見えましたが、長谷部が予定時間終了という事前プランに従ってピッチから下がったあとでドログバ投入となったのも、ゲームの機微でした。長谷部が残っていたらもしかしたらもう少しどうにかなっていたかもしれない。失点するまでなんとか持ちこたえていた左サイドの守備が、これらの選手交代によって崩壊を引き起こしたわけで、選手個々の責任というよりも、チーム全体のバランスの問題の方が大きいように思います。だからこそ修正は可能です。

ゲーム後の監督、選手たちのコメントは「自分たちのサッカーができなかった」のオンパレード。陣形をコンパクトに保ち、高い位置からプレスをかけていくことが結果的にできなかった。高く上げたラインの裏へのケアを意識しすぎたために、ラインはずるずる下がり、選手の距離感は広がり、ミスが増えていく。言ってみれば自滅な訳です。ギリシャはコートジボワールほどカウンタースピードはないでしょうから、今度こそ勇気を持ってラインを押し上げて欲しいもんです。所謂『死ぬ覚悟』が必要です。次は今ちゃんかなぁ。モリゲ悪くはなかったと思うんだけど、同点シーンは半歩出遅れてしまった。本当に一瞬に対する集中の持続だから、センターバックは過酷な職業だよね。

まだ、グループリーグが一巡していないけれど、これまでの印象として、今大会は攻めよりも守りが重視されているように思います。オランダのようになりふり構わず守ってカウンターというのは論外だったけれど、やはり前からの積極的な守備がチャンスに結びつくケースが多く、攻守一体、攻守の切り替えの早さがポイントです。その意味で日本の初戦は鈍かったし、中途半端だった。チリの追廻なんかは見習うところが多いような気がします。

グループリーグで初戦落としてラウンド16へ勝ち残ったのはこれまで4チームしかないそうで、かなりハードルが高い状況ですが、‘自分たちの信じるサッカー’を存分に披露して欲しいものです。それができたかどうかが大事であって、その信じるものが間違っていなければ結果は勝手についてくるでしょう。バモ、ニッポン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2014

マンデラ 自由への長い道

故ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の伝記映画(自伝の映画化)。主演のイドリス・エルバは実物のマンデラ氏よりはスマートで二枚目だが、青年期から晩年までを一人で好演している。中でも、晩年の老け具合がとても良かった。晩年の全体的に丸くなった顔つき体つきなどは、結構ご本人の特徴を捉えていて、役者としての技量を感じさせる。

Continue reading "マンデラ 自由への長い道"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2014

ポポさん解任

クルピの後を引き継ぐにはちょっと無理があった人選だった。選手批判したことでチームの不信感を買ってしまったらしいのだが、それ以前にポポさんのサッカーはセレッソには不向きだったように思う。確かに足元の技術に長けた選手は多いし、攻撃サッカー志向はチームの目指すところと一致するのだろうけれど、まだるっこしいポゼッションサッカーはそんなに魅力的だったのだろうか。セレッソのフロントは東京での2年間をどう評価し(優勝に絡む以外に)何を期待したのかその辺興味深い。もしかしたら、そもそも就任当初から違和感があったのかもしれない。それを今回の一件を利用して上手く放出したという事なのではなかろうか。成績不振を理由にするにしても早すぎる解任だ。

東京はポポさんの2年目が上向き加減だったにもかかわらずフィッカデンティに乗り換えてしまった。この人事に関してはポポさん云々より他の要素が強いのだけれど、いまひとつ突き抜けない感じがあったのも事実だ。決して悪い指揮官ではないと思うが(優勝を狙えるチームが作れるかというと疑問符はつく)、国内ではちょっとポポさんの株は下がってしまった。次はどこに収まるのだろうか。

さぁ、いよいよ開幕だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2014

拳玉@今池

拳玉@今池
今池‘塩’シリーズの第三弾。店の場所は吹上に近い。無化調で魚介系(ぶし系?)を多めにつかったあっさりスープが特徴で、ここは前出2店よりも塩っ気を抑えており、頑張れば飲み切れるレベル。麺は極細のストレートだが、しっかりとした腰があり博多系とはまったく異なる食べ応えだ。細いながらもスープの濃度ともバランスがよい。さらに、バラ肉のチャーシューも味付けを抑えており、麺とともにスープをいい感じで受けてくれている。スープ表面に浮く油幕がちょっと気になるものの、全体としてのまとまりは良く、750円の価格も十分許容範囲だ。このスープに白醤油をあわせたものもあり、そちらもちょっとそそられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2014

大文字@今池

大文字@今池

塩としょうゆが基本の中華そば屋。カウンター7席の小さなお店。塩は羅臼昆布だしが効いたあっさり味。トッピングはかまたま(かまぼこ、玉子、チャーシュー1枚)、チャーシュー3枚、チャーシュー6枚の3タイプで、かまたま650円。しょうゆ味は550円。麺は細めの縮れ麺でスープとの絡みもいいが、気持ち味がしょっぱい。昆布だしの風味と味を引き出すには、もう少し繊細であってもいいのではないかと思う。ただ、この内容であればコスパは高い。バラロールのチャーシューも美味しいので、しょうゆ味のチャーシュー3枚がベストチョイスか。塩、しょうゆ以外にも、味噌、タンタン、カレーと味のバリエーションが揃っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2014

空王士@今池

空王士@今池

完全無科調の塩ラーメンが売り。鶏ベースと思われるスープは、コラーゲンたっぷりの粘度が高いもので、博多ラーメン系の細麺(加水率は博多ラーメンほど低くない)によく絡む。ただ、ちょっとしょっぱい。往々にして塩ラーメンはしょうゆラーメンに比べて塩分が多いといわれているが、麺とのコンビネーションもあって余計にしょっぱく感じる。スープの味自体は悪くないので、塩分を抑えてくれると全部飲めるかもしれない。チャーシューまぶし飯にスープをかける食べ方を勧めているが、スープ自体濃厚なのでひつまぶしのようにはいかないと思う。チャーシューはつまむと崩れるぐらいにトロトロ。これもややしょっぱい。スープと麺とのバランスはあまりよくない。替え玉100円はいいとして、値段は730円と微妙なライン。ラインナップに塩台湾ラーメンというのもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2014

きときとツアー

グランボレのガンコツアーに参加。獅子吼で飛んで、日本海の海の幸を頂こうというのがコンセプト。フライト確率が高いことで知られるガンコツアーだが、今回もベースのグランボレは北風で飛べないにもかかわらず、日本海側エリアは絶好のコンディションに恵まれ、快晴&好サーマルで思いっきり北陸の空を楽しむことができた。

Continue reading "きときとツアー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2014 | Main | July 2014 »