« ブラジル行きの切符 | Main | ファンタジーサッカー2014 第13節レビュー »

May 13, 2014

千篇一律

徳島0-0FC東京

シュートは22本打ったそうだ。ただ、本当に惜しいというのは片手も余るほど。GK正面や力ないものばかりで、数ほど得点の匂いは見ていてしなかった。CKもショートが一本だけで、あまり工夫も見られず、最後の最後にもらったFKのチャンスもGKのセーブに阻まれる。入らないときはそんなもので片付けてしまっていいものだろうか。少なくともここまで対戦した11チームまでが得点し勝ち点3を奪って行っているのだ。確かに徳島がJ1の規格に慣れてきているということはあるだろうけれど、それにしても取れなさ過ぎである。逆に、相手のカウンターの方がよっぽど得点の匂いがしていた。あわやという場面も作られ、負けなくて良かったというのが正直なところだ。

サイドは右左とも崩せていたが、肝心の中が弱すぎる。クロスの質というよりは、G前のDFの隙をどう作るかの方が問題。平山、千真でボールが収まらず、河野も後半はまったく消えていたし、残り15分3バックにして両翼を押し上げた効果も薄く手詰まり。現状を打破するためには、何か意表をつくようなこととか、変化が必要なんじゃないだろうか。まぁ、それが分かれば苦労はしないか。

|

« ブラジル行きの切符 | Main | ファンタジーサッカー2014 第13節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59629714

Listed below are links to weblogs that reference 千篇一律:

« ブラジル行きの切符 | Main | ファンタジーサッカー2014 第13節レビュー »