« ファンタジーサッカー2014 第14節レビュー | Main | 代表二題 »

May 26, 2014

意趣遺恨

G大阪3-1FC東京

見事なまでの意趣返し。有能なストライカーの活躍で敵を殲滅する構図もそのままに、調布の仇を吹田で返されてしまった。宇佐美の1点目は誰もチェックにいけてなかった。G前を横切られてシュートコースを作られた時点で負け。2点目はDF3人に囲まれながらノーモーションで放ったシュートだった。これは宇佐美の技術に脱帽だ。本人は1点目の方が難度は高かったようなことを言っているようだけれど、時間とスペースの制約を受けていた2点目の方がはるかに難度は高い。もしかしたら、本人はエイヤで打っ(てたまたま入っ)たからってことなんだろうか。

前半は先制されたものの急に前係りになるでもなく、バランスを保ちながらゲームを進めていたので結構安心して見ていたし、その中で徳さんのゴラッソが生まれ前半同点で折り返せたまでは良かった。惜しむらくは前半ATでCKからのシュートが入っていればということになるのだけれど、それは言ってもせん無いこと。仕切りなおしでこれからって言う後半立ち上がりで再び失点して、ガクンと首を垂れることになる。先行されると今の東京ではひっくり返すのは難しい。それにしても、日程が厳しいにしても結果の出たトップの構成を引っ込めてしまったのはなぜだろうか。どうせ中断までそんなにないのだから、ちょっと無理しても良かったと思うし、なによりこの一戦で負けるとほぼ1次リーグ敗退が決まる重要なゲームなわけで、そこに結果の出ていないユニットを当てるのはどうよと思うのだ。

また、代表の2人が抜けた大阪にやられるというのもみっともない話で(逆に脚はあの2人が足かせになっているのかもとか思ってしまうのだが)、モリゲ依存も大概にしておかないと、もし6月以降抜けてしまったら目も当てられなくなってしまう。宇佐美の2点とも最終ラインだけの責任ではないと思うが、リーグ戦での宇佐美対策がこのゲームでは機能しなかったことで、相手をちょっとなめていたのかなという感じも受ける。やはり、最後は気持ちの問題なのだ。

良かったり悪かったりを繰り返して、後半戦のどこで突き抜けるんだろうか。それともこのまま中位力発揮で終わるのだろうか。陽平早く戻ってこないかな。今のシステムであればトップ下は陽平にやらせてみたいのだ。

|

« ファンタジーサッカー2014 第14節レビュー | Main | 代表二題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59708402

Listed below are links to weblogs that reference 意趣遺恨:

« ファンタジーサッカー2014 第14節レビュー | Main | 代表二題 »