« ファンタジーサッカー2014 第8節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第8節レビュー »

April 20, 2014

択言択行

FC東京2-0C大阪

フォルラン&柿谷人気に便乗しての4万人越えは嬉しいが、早く自前でそこまで行きたいものだ。その2人を完封してのゲームを見て、また来たいと思ってもらえたらそのほうがよっぽど大事。

ポポさんのサッカーは、どこに行っても誰がやっても変わらないっていうのがよくわかった一戦でもあった。フロントがポポさんの3年目を見切って監督を代えたのは、ある意味正解なのだろう。少なくとも違った結末が待っている可能性がある。ここにきて、やっとクリーンシートを記録して、フィッカデンティの守備のやり方が浸透定着してきたのも心強い。カク・ヒジュが入ってきて、また控えに回るのかと心配したが、吉本が元気にスタメンを確保。モリゲとともに小うるさい桜の攻撃陣を完封して見せた。秀人は入籍して意識もより高まったのだろう。前半は守備的に腐心し、後半は何度かゴール前への侵入を試み、ムトゥの2点目をアシストした。安易に後ろに下げるところは不満だが、不用意なプレーが少なくなってきたのは喜ばしい。一人一人が徐々にフィッカデンティのサッカーを具現化し始めているのだ。

正直前半のサッカーはやや相手をリスペクトしすぎた感はある。トレスボランチシステムは前線のサポートが遅くなるのでエドゥーが孤立しがち。逆に平山はロングボールを競るだけで、足下に入ると奪われ下手をするとカウンターの起点にもなってしまう。だから、途中交代がエドゥーだったのは意外に思ったのだ。しかし、ムトゥが入ってから平山のポジションが是正され先制点が生まれたのだから分からないものだ。そこまでミステルは見越していたというのだろうか。たしかに、これまでだとあそこに入って行ったのは河野でありタマだったのだが、コースケのクロスを平山がワンタッチで押し込むなんて予想外だった。

そのムトゥはカウンターから秀人のおされリターンを受けて、何とジンヒョンの股下を抜いて見せた。空恐ろしいルーキー。このゴールは新たなFC東京の歴史を開くかもしれない。それはつまり、ついに到来するカンテラの時代。MXはそれを意識してかしないでか、ヒーローインタビューにムトゥ、権ちゃん、そして吉本を呼び出した。ここに、タマ、梶山、むっくんが加われば、半分がカンテラで占められるという、ユースを応援してきた身には夢のような時代が目の前まで来ているような気がして心が踊る。ゲームのクオリティ以上に、そっちの方が嬉しかったのだ。

【付記】アーリアがゲーム後G裏まで挨拶に来た。例のチャントで迎えるG裏に、これがうちの良さだと再確認。それにしてもセレッソのコールやチャントはちょっとダサくね? アーリアのチャントも引き継いでくれればいいのに、無理に新しいのを作ろうとして逆にノリが悪くなっている。

|

« ファンタジーサッカー2014 第8節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第8節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59500390

Listed below are links to weblogs that reference 択言択行:

« ファンタジーサッカー2014 第8節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第8節レビュー »