« ファンタジーサッカー2014 第9節レビュー&第10節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第9節&第10節レビュー »

April 29, 2014

興味索然

FC東京0-1名古屋

こういうナーバスなゲーム、しかもホームをキッチリ勝っていかないと、上位は望むべくもない。
名古屋に玉田と大武が戻ってきたのは誤算。特に玉田は得点こそ絡まなかったけれど、いるといないとでは大違いだった。4-2-3-1のトップ下のような感じでプレーし、下がってきてはボールに触ってリズムを作っていた。これによって、東京の中盤のチェックが散らされることになって、序盤取れていたボールがだんだん取れなくなっていく。高い位置で取れれば前節横浜戦のような攻めもできるのだが、なかなかアタッキングサードまで入ることができなかった。名古屋の攻めはあいかわらずだったので、セットプレーだけ気をつけていれば問題ないと思っていたのに、そこっていうところでやられてしまう未熟さ。集中が抜ける癖はなかなか治らないものだ。リスク含みで西野さんが貴章をSBで使い続けるのもわからないでもない。今日のようないいこともあるのだ。だからこそ、諸刃の剣をへし折ってやりたかったのだが、左サイドの攻めは不完全燃焼に終わった。もっとゴリゴリやってよかったと思うのだ。終盤陸が空いたのも左を押し込んだからだし。実際サイドの攻めは有効だっただけに惜しまれる。その前に、やっぱり千真のバーか。それとも、10本以上はあったCKか。ファーで折り返すとか、ボックス外に流してミドルを打つとか、まったく何の工夫もなかったな。これでは、いかに不調といえども名古屋にも勝つことはできないだろう。ゲーム全体が何と無くつまらなかった。守備はまずまず上手く行っているのはわかるが、攻めの迫力が終盤だけでほとんど見られない。パスが小気味良く続いていくこともないし、エンターテイメント性に欠けるというか何と言うか。まぁ、唯一吉本と永井のマッチアップは見応えがあったけど、そこぐらいじゃないか。
さて、こんな調子でGWの残り2試合、果たして乗り切れるんだろうか。エドゥーが先発で出られない理由もよくわかったし、代わりの千真も相変わらずのようなので、浦和はもちろんのこと、大宮も結構厄介だと思うぞ。
※埼玉2連戦は都合によりお休みの予定。

|

« ファンタジーサッカー2014 第9節レビュー&第10節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第9節&第10節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59552682

Listed below are links to weblogs that reference 興味索然:

« ファンタジーサッカー2014 第9節レビュー&第10節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第9節&第10節レビュー »