« ファンタジーサッカー2014 第9節 | Main | 興味索然 »

April 28, 2014

ファンタジーサッカー2014 第9節レビュー&第10節

miniのレビューと10節のエントリーです。第2クールも東日本。立ち上がりはまずまずですが、スコアラーがはまらなかったので、いた仕方なしといったところです。DFも新潟が徳島に失点してしまったためにいまひとつ伸びません。やはりスコアラーだなぁ。
さて、miniはリーグ日程通りなので火曜日のゲームも対象になります。慌しい。実は土曜日は瑞穂で名古屋のゲームを見てました。まぁ、敵情視察といったところもあるのですが、その上で基本東京推しで行きます。ただ、最近前線のメンバーを固定しないので、選手のチョイスに戸惑うところがあります。しかも、今回は中2日だし。武藤はベンチスタートだろうなぁ。でも、先制できれば出番は絶対あるので、信じてエントリー。あと、柿谷、川又はそろそろかな、と。豊田、大久保は連発の可能性が高いと思いつつも、ちょっと敬遠しました。

【mini】(第9節)
GK守田(新潟)…5fp
DF大井健(新潟)…5fp
DFカルフィン ヨン ア ピン(清水)…8fp
DF太田宏(東京)…6fp
DF吉田豊(清水)…8fp
MF成岡(新潟)…6fp
MFレオシルバ(新潟)…12fp
MF米本(東京)…5fp
FWマルキ(神戸)…4fp
FW川又(新潟)C…4fp
FW大前(清水)…4fp
合計71fp 通算71fp
チーム時価 +2750
104位/296 東日本リーグ

【mini】(第10節)
GK権田(東京)
DF徳永(東京)
DF森重(東京)
DF太田宏(東京)C
DF吉本(東京)
MF柿谷(C大阪)
MF武藤(東京)
MF米本(東京)
FW平山(東京)
FW川又(新潟)
FWクリスティアーノ(甲府)
前節合計74fp

前節の瑞穂なんですが、赤い人たちに混ざって観てました。完全に野戦病院化していて、なかなか厳しい状況であることは確かなんですが、ダニルソンや矢野きしょうを配置せざるを得ない最終ラインは致命的でもあります。選手たちが懸命に戦っているのはよく分かったし、リードされても二度追いつくガッツも見せた。でも、やっていることが一杯一杯なんですね。ホームなのに余裕がない。故障者続出のところも含めてチームマネジメントが上手くいってません。その状況でもなんとか勝てるようにするのが監督の腕の見せ所なんですが、結局そこもどうしようもなくなっている。やはり、ダニルソンや矢野を最終ラインに置いちゃいけませんよ。その意味で、連敗の責任は西野さんにあると思います。負けるべくして負けている。正直フィッカデンティの哲学が浸透しつつある今の東京の敵ではないです。
ついでに国立のゲームのプレビューをしてみると、名古屋は永井、松田の2トップで、とにかく裏を狙ってくるので、ボールの出処へのプレスが鍵になります。ボランチ2枚はそれほどスキルフルではないので、ここでボールが取れるとショートカウンターで得点機が増産できる。最終ラインと権チャンの連携ミスさえなければ、今の名古屋はあとはセットプレーぐらいしか得点チャンスがないので、ほぼ無力化できます。一方攻めの狙いどころはダニルソンと矢野きしょう。つまり左サイドとダニルソンの裏。9節の結果を受けてメンバーを入れ替える可能性はあるでしょうから、この通りというわけには行かないでしょうが、それでも、今の名古屋の最終ラインは脆弱ですよ。

|

« ファンタジーサッカー2014 第9節 | Main | 興味索然 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59545191

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2014 第9節レビュー&第10節:

« ファンタジーサッカー2014 第9節 | Main | 興味索然 »