« ファンタジーサッカー2014 第3節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2014 第4節 »

March 20, 2014

同床異夢

FC東京3-1鹿島(ナビスコカップ予選A組第1節)

鹿島はなんかお疲れモードだった。先発はリーグ戦前節と同じメンバーで、こりゃBチームじゃかなわないかと勝敗度外視で見始めたのだけれど、あにはからんや、開始10分であれよあれよと2点が入って拍子抜けしてしまった。

システムは河野をトップ下に置く4-3-1-2で、これは前節神戸戦の終盤で見せた形だ。千真を活かすにはやはり2トップがいいと見たのだろう。その割にはシュートチャンスも少なく、あまり目立った活躍はなかったのが残念。片割れの平山は相変わらずのマイペースで、ヘッドは競り勝つもののゴールへのアイディアがなく、決定的なチャンスも吹かして台無しにする。過去の悪いFW系譜(戸田とかね)を一人で背負ってしまったかのようだ。

鹿島がコンパクトにラインを高く保持していたからこそ1点目の河野の抜け出し、2点目の左サイドでの河野の抜け出しが決まったわけで、前で戦ってくれるチームとは相性が良さそうだ(課題はまたリトリートした相手ということか)。中盤でのボール奪取力はヨネが入ることでより凄みを増していた。やはりインサイドハーフはヨネが良い。にゅうさんは特筆して何かということはなかったけれど、攻守に気が利いた動きを見せていた。取れないけど遅らせたり、パスは出せないけどスペースを作ったり。そのプレーだけでも出ている価値があると思わせるのがにゅうさんの良いところ。これをフィッカがどう評価するかは興味深い。野澤は慎重にやっていた。フォアチェックは2人に任せてスペースを埋めることに腐心していたように見えた。最低限の仕事はしたが、付加価値の部分は物足りなかった。そこが出せないと秀人の座を脅かすことは難しいだろう。秀人がやらかす前にポジションを奪い取って欲しいのだが…。

交代で出たタマは陸のクロスをDFの前に体をねじ込み見事ゴールした(なぜここに平山が飛び込んでこないかというのが平山自身の問題)。河野outタマinは、このシステムにおけるトップ下適性試験的意味合いもあったように思う。そこで結果を出したことで、リーグ戦でも当面スタメンの座は安泰のような気がする。アシストした陸は、前半はやや空回り&慎重だったが、このアシストでの追い抜きは思い切りが良かった。前半右サイドスペースがあったにもかかわらず追い越さなかったプレーがあって、ちょっと不満に思ったのだが、ちゃんと修正してくるところは将来有望。ただ守備はもう少し頑張らないと徳には勝てない。ムトウはあの左サイドを切り込むスピードが魅力だ。あとはゴールが欲しい。反対の右に入ったナオは、このシステムにおいてはちょっと難しいことが再確認されて寂しかった。守備はまだ千真の方が上手い。

先発8人を入れ替えて挑んだ鹿島戦だったが、リーグ戦好調の相手にこの結果は正直意外だったのだ(後半このゲームでもバタバタする時間帯があって失点してしまったのは問題)。そして、リーグ戦で勝ちきれない理由が、人の問題なのかシステムの問題なのかよくわからなくなってしまった。前の形がちょっと違うだけで、やっていることはリーグ戦と基本的に同じなはず。この結果を受けて、クラシコではスタメンに変化があるのだろうか。

|

« ファンタジーサッカー2014 第3節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2014 第4節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59324065

Listed below are links to weblogs that reference 同床異夢:

« ファンタジーサッカー2014 第3節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2014 第4節 »