« ファンタジーサッカー2014 第2節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第2節レビュー »

March 09, 2014

前途遼遠

FC東京1-1甲府

さてさてさて。フィッカデンティ東京の印象といえば可もなく不可もなく。特に攻撃面においてどうしていきたいのかがまだよくわからなかった。ただ、確実にエドゥーは上手い。歴代ブラジリアンFWとしてはNo.1と言ってもいいぐらいだ。これから周りとのコンビネーションも合っていくだろうし、今後期待が持てた。

一方で、3トップのサイドの2人は対照的で、千真は明らかに居心地が悪そうだ。甲府の5バックで蓋をされてしまい、どう動いていいのやらうろうろするばかり。徳との関係性も今一つ整理されていなかったように思う。反対側の武藤は徐々に前への意識が高まり、コースケとのコンビも時間を追うごとによくなっていった。単独でボックスの最深部に切り込むテクニックも披露して、彼のポテンシャルとウイングポジションへの適性を示して見せた。このゲームで問題だったのは、選手を入れ替えるたびに組織がぐずぐずになって行ってしまったことだ。特に千真は代えた方がいいなと思っていたところにナオが入ってよくなるかと思えば、まったくその逆の結果になってしまい、ナオ個人のポテンシャルの低下とシステムへの理解不足が相まって、攻撃の停滞を引き起こしてしまう。この4-3-3は前の3が最終ラインにワイドに張り付き、サイドを起点に切り崩すのが基本のようだ(攻撃時バイタルおよび中央にほとんどプレーヤーがいなくなるケースが散見される)。ウイング、同サイドのインサイドハーフ、SB、アンカーの4点でボールを運んでいくイメージ。ただ、今回のようにサイドに蓋をされたとき、どうやってブレークするかのアイディアに乏しい。終盤ラインが伸び切ってスペースができると、DFラインの裏にもカウンター気味に入っていけるのだけれど、スタミナが十分な前半はなかなかに難しそうで、結局このゲームの唯一の得点のようにバイタルからミドルをぶち込むか、セットプレーからぐらいになってしまうよう思える。サイドの速い攻めが実現できないと苦労しそうな感じがした。

守備時はインサイドハーフ2人が下がりトレスボランチ的に4-3-2-1っぽくなったりする。その中で、今日は秀人がフォアチェックを積極的に受け持っていた。サイドへ押し出し挟み込むのはできていたように思うけど、中への侵入のチェックが所々でおろそかになっていたこともあり、こちらもまだまだの様子。ただ、ヨネが途中出場で相変わらずのところを見せてくれたのは良かった。仲間内ではやはりヨネにアンカーをやってもらいたいというのが結論。プレッシャーがかかった時の安定感は、秀人よりはヨネの方が安心できるし、ボールの奪取能力や危機察知能力はヨネの方が上だろうから、次節あたりからは組み合わせも変わってくるかもしれない。個人的希望では、東が右のウイングへ、アンカーにヨネ、インサイドハーフにタマと羽生さんで試してほしい。にゅうさんのスペースを作る動き、ダイアゴナルランは中央スペース攻略にプラスになると思うのだ。

失点は明らかに集中力の欠如。セットプレー(ロングスロー)への対応がまずく、後ろから飛び込まれたのを一度はポストで凌いだけれど、その先の集中が切れてしまって簡単になかに入れられクリスティアーノに綺麗にボレーを決められてしまった。前半から通じてポゼッションは大きく上回っていたにもかかわらず、なかなかゴール前まで攻め込むことができず、どこかで気持ちが間延びしていたように感じた。攻撃陣の停滞はモリゲをずいぶんいらいらさせていたようで、中盤まで上がっていった時も不用意なタックルでイエローを貰ったり、軽いプレーでピンチを招いたりでいいところがなかった。

監督が変わったといっても、そんなに簡単に結果が出るわけがないのだ。この一年、また長ーい目で見ていくことになりそうだ。

|

« ファンタジーサッカー2014 第2節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第2節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/59263197

Listed below are links to weblogs that reference 前途遼遠:

« ファンタジーサッカー2014 第2節 | Main | ファンタジーサッカー2014 第2節レビュー »