« December 2013 | Main | February 2014 »

January 2014

January 29, 2014

永井一郎さん逝く

永井さんといえばサザエさんの磯野波平や機動戦士ガンダムのナレーションがすぐ出てくるけれど、個人的にはカリオストロのジョドーが好きで、ああいういると作品全体が締まる(あるいは膨らむ)役回りにはうってつけの声優さんだったように思う。ガンダムではナレーションをはじめ22役!!を演じた。中でもコンスコンの「ばっ、化け物か」は名科白の一つ。「バカモン!」とかつおを怒鳴る声といい、張りのあるちょっと高めの声質は印象的で、こういった科白とともに今でも鮮やかに脳裏に蘇ってくる。貴重なバイプレーヤーを失いました。そして、ガンダムのオリジナルキャストがまた一人逝ってしまった。安らかにお眠りください。合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2014

中島の件

オヒサルから正式発表されましたが、行き先が富山でしたね。それにしても今回の一件、サバデルどうとか中島の意向がどうこう言う以前に、緑組はもう組織体として終わってるんじゃないかと思わせるような話です。目先の3,000万のために将来のエース候補を売り飛ばしたようにしか見えないわけですよ。クラブにとってこれ以上のマイナスはない。東京にしても、今来られても困るというのは当然で、よく安間さんが引き受けてくださったもんです。とにかく、緑組は一度潰さんとダメなんじゃないでしょうかね。ラモスも岐阜なんかみるより、あれだけ世話になった古巣のことをやってやるべきなんじゃないでしょうかね。情けは人のためならずとは言いますが、うちも大概にお人好しですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2014

2014年新体制スタート

チームは始動しました。最後に前線の育成枠でU-21の10番である中島翔哉が緑組から加入する模様で、今季の人事もこれで打ち止めのようです。ディフェンスラインはヒョンスとマテウスのバーターでレギュラーの面子的にはほとんど変わっていないのであまり不安はありません。対して前線はルーコンとアーリアが抜け得点力の半分を担っていたパーツが抜け落ちるわけですから、課題は守備以上にどうやって点を取るかにかかってくるわけで、新監督の手腕が問われるところです。初っ端からメンタルを重視するような方針も出されていて、戦力以上に気持ちが足りないと思っていたのは毎年のことなので、この辺はこのチームのことをよく分かっているのかなと思いました。
オヒサルの選手HPも2014年シーズン用に切り替わっていて、背番号も新しくなってます。エドゥーの11はそうだとして、タマが8を、武藤が14を、洋平の19は平岡がつけることになりました。にゅうさん、陽平、志有人、むっくんは自分の番号そのまま。この辺はこだわりがありそうですね。むっくんなんか14とかつければいいのにと思うけど。大志の15、丸の16は空きのまま。マテウスはなんで25選んだんですかね。陸の50も意味ありげ。
選手構成からすると中盤の選手層が厚く、これまでのパスサッカーを継承する路線は間違いなさそうです。昨年以上に中盤の選手の得点力が問われるということでもあります。今月末には早くも公式戦が組まれているし(流石に観に行けませんが)、ぼやぼやしていられませんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2014

2014年新体制(噂込みのまとめ)③

マテウスがやっとのことで発表になりました。クリシューマを出たのは随分前でしたが、一度ヴィトーリアに移籍した後レンタルという形を取るために時間がかかったわけですな。まぁ、何にしても決まってよかった。となるとダイネッリはやはり飛ばしでしょう。さて、一方の攻撃陣ですが、幸野に対する期待が高いのは分かるけれど、長崎のゲームは一度も観たことがないので、実際志有人がどんなパフォーマンスを見せていたのか知る由もなく、プレッシャーの厳しいバイタルでどんだけ戦えるんだろうか。桜組はフォルラン獲るなんて景気のいい事言ってるし(どうやら飛ばしだったみたいだけどね)、首都東京もちょっとは華のあるところ見せて欲しいなぁ。にゅうさんが復帰するけど、アーリアやルーコンの穴埋めにはならないし、真ん中から前はいよいよ駒が足りなくなってきたんじゃないか。噂は聞こえてきているんだけど、どーすんだか。
いろいろ出入り(人員整理)はあったけれど、ユース出身者はこれでも7人(権田、吉本、椋原、梶山、野澤、三田、武藤)在籍していることになる。少ないと思わないがガンバやセレッソの下部組織出身者たちのインパクトと比べてしまうと、どうしても迫力に欠ける。にしてもトップに上がってからがなかなか育たないねぇ。

【IN】
監督:マッシモ・フィッカデンティ
GK:圍謙太朗(桃山学院大)
DF:松田陸(びわこ成蹊スポーツ大学)
  椋原健太(セレッソ大阪・復帰)
  マテウス・フェラス(SEヴィトーリア・レンタル)
  ダリオ・ダイネッリ(キエーボ)(オファー中?飛ばし臭い)
MF:平岡翼(作陽高校)
  武藤嘉紀(慶応大学)
  幸野志有人(Vファーレン長崎・復帰)
  梶山陽平(大分トリニータ・復帰)
    羽生直剛(ヴァンフォーレ甲府・復帰)
  アルミン・バチノビッチ(エラス・ヴェローナFC)(噂段階)
FW:エドゥー(遼寧宏雲) 

【OUT】
監督:ランコ・ポポヴィッチ(セレッソ大阪)
   大熊清(大宮監督)
DF:平松大志(引退)
   平出涼(カターレ富山)
   チャン・ヒョンス(広州富力)(未発表)
   丸山祐市(湘南ベルマーレ・レンタル)
   中村北斗(大宮)
MF:ネマニャ・ヴチチェヴィッチ(未定)
   大竹洋平(湘南ベルマーレ)
   橋本拳人(ロアッソ熊本・レンタル延長)
   長谷川アーリアジャスール(セレッソ大阪)
FW:ルーカス(引退)
   林 容平(ファジアーノ岡山・レンタル)
   重松健太郎(栃木SC)

【主なOB動向】
前田和也(栃木ウーヴァFC)→引退
松田正俊(ブラウブリッツ秋田)→引退
宮沢正史(大分トリニータ)→FC岐阜?
松下年宏(ベガルタ仙台)→横浜FC
茂庭照幸(セレッソ大阪)→バンコック・グラスFC(タイ)
永里源気(ガイナーレ鳥取)→ラチャブリ(タイ)
李忠成(サウサンプトン)→浦和レッズ
森村昴太(ギラヴァンツ北九州)→アビスパ福岡
阿部巧(松本山雅)→アビスパ福岡
柳楽智和(ガイナーレ鳥取)→引退
金沢浄(ジュビロ磐田)→ザスパクサツ群馬
鈴木規郎(大宮アルディージャ)→ベガルタ仙台
※岩渕良太(松本山雅)→レノファ山口(レンタル)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2014

角中@神保町

角中@神保町

長野県発の中華そば屋。幻の信州ご当地中華そば・王様中華は750円。鶏が基本と思われるあっさりスープはほんのり甘口。黒胡椒がピリッとアクセントを与えている。麺はやや細めで良くスープと絡む。チャーシューは歯ごたえのあるタイプながら、厚みが絶妙。薄すぎず厚すぎず、肉の食感が楽しめる。極細メンマも麺と一緒に食べやすい。喰い足りなければ替え玉もできる(100円)。味のバリエーションは濃厚豚骨、ツケ麺。横並びで6席ぐらいしかない狭い店だが、内装もしゃれていて満足度高し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2014

2014年新体制(噂込みのまとめ)②

アーリアの電撃移籍報道はちょっときついなぁ。昨年はクラブと基本合意したというニュースが出ていて安心していたんだけれど、よほどポポさんにたらし込まれたとみえる。陽平はシーズン前半はだめだから、戻ってきた志有人がどこまでやるかにかかっている感じになってきた。それ以前にフィッカデンティがタレントの過不足をどう思っているかなんだけどね。

DF:大志と平出は実質的にカウント外だったので、現在3減。やはりヒョンスの穴は埋めないといかん。ブラジル人でもイタリア人でもいいから何とかしてください。バックアップでもう一枚あれば安心だが、本来は吉本がもっと頑張らないといかんです。両SBはムックンと陸でサポートできるから北斗が出てもOK。
MF:ここに来てアーリアの離脱が現実のものとなると、駒数は一応は揃っているとはいえ、どんな構成になるかが興味の的。フィッカが陽平をどう使うのか、志有人がアーリア並みに化けるのか。ネマのようなスーパーサブ的な存在が一枚欲しいかな。にしても、洋平と健太郎の放出はちょっと悲しい。
FW:ここもエドゥーのクオリティと使い方次第。外れだったりすると結構面倒なことになる。性能は問題ないとして、3人もいればよほど怪我人が出ない限り回していくことはできるだろう。平山はもはや覚醒せんのだろうなぁ。足りないのは育成対象の若手ぐらいか。

こうしてみると補強にはなってないよね。抜けた穴を埋めているだけ。

【IN】
監督:マッシモ・フィッカデンティ
GK:圍謙太朗(桃山学院大)
DF:松田陸(びわこ成蹊スポーツ大学)
  椋原健太(セレッソ大阪・復帰)(未発表)
  マテウス・フェラス(クリシューマCE)(未確認)
  ダリオ・ダイネッリ(キエーボ)(オファー中?)
MF:平岡翼(作陽高校)
  武藤嘉紀(慶応大学)
  幸野志有人(Vファーレン長崎・復帰)
  梶山陽平(大分トリニータ・復帰)
FW:エドゥー(遼寧宏雲) 

【OUT】
監督:ランコ・ポポヴィッチ(セレッソ大阪)
   大熊清(大宮監督)
DF:平松大志(引退)
   平出涼(カターレ富山)
   チャン・ヒョンス(広州富力)(未発表)
   丸山祐市(湘南ベルマーレ・レンタル)
   中村北斗(大宮)(未確認)
MF:ネマニャ・ヴチチェヴィッチ(未定)
   大竹洋平(湘南ベルマーレ)
   橋本拳人(ロアッソ熊本・レンタル延長)
   長谷川アーリアジャスール(セレッソ大阪?)
FW:ルーカス(引退)
   林 容平(ファジアーノ岡山・レンタル)
   重松健太郎(栃木SC)

【主なOB動向】
前田和也(栃木ウーヴァFC)→引退
松田正俊(ブラウブリッツ秋田)→引退
宮沢正史(大分トリニータ)→FC岐阜?
松下年宏(ベガルタ仙台)→未定
茂庭照幸(セレッソ大阪)→バンコック・グラスFC(タイ)
永里源気(ガイナーレ鳥取)→ラチャブリ(タイ)
李忠成(サウサンプトン)→浦和レッズ?
森村昴太(ギラヴァンツ北九州)→アビスパ福岡
阿部巧(松本山雅)→アビスパ福岡
柳楽智和(ガイナーレ鳥取)→引退
金沢浄(ジュビロ磐田)→ザスパクサツ群馬
鈴木規郎(大宮アルディージャ)→ベガルタ仙台

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2014

2014年新体制(噂込みのまとめ)①

意外にもエドゥーが先に発表になりましたね。DFのほうはまだ詰めがあるんでしょうか。出入りの差し引きで言えば帳尻はあっているような感じもしますが、内容的にどうなのかが問題です。エドゥにルーコンのような働きができるとは思わないし。そこで一人忘れてたのがいたのですが、その健太郎はなんと栃木に完全移籍。大迫並みに化けて欲しかったんだけどなぁ。ユースの逸材もトップに残ることができない事実は重いよ。これで、いよいよもってFWが心もとない。
OB連では昴太と巧の福岡はビックリしました(これで福岡には4人になった)。巧はそこそこ出ていたので、出奔する理由が見当たりません。ソリリンとそりが合わなかったとか?柳楽は鳥取で引退を発表。28歳とまだ若い。頑張れ。

【IN】
監督:マッシモ・フィッカデンティ
GK:圍謙太朗(桃山学院大)
DF:松田陸(びわこ成蹊スポーツ大学)
  椋原健太(セレッソ大阪・復帰)(未発表)
  マテウス・フェラス(クリシューマCE)(未確認)
  ダリオ・ダイネッリ(キエーボ)(オファー中?)
MF:平岡翼(作陽高校)
  武藤嘉紀(慶応大学)
  幸野志有人(Vファーレン長崎・復帰)
  梶山陽平(大分トリニータ・復帰)
FW:エドゥー(遼寧宏雲) 

【OUT】
監督:ランコ・ポポヴィッチ(セレッソ大阪)
   大熊清(大宮監督)
DF:平松大志(引退)
   平出涼(カターレ富山)
   チャン・ヒョンス(広州富力)(未発表)
   丸山祐市(湘南ベルマーレ・レンタル)
   中村北斗(大宮が獲得希望)
MF:ネマニャ・ヴチチェヴィッチ(未定)
   大竹洋平(湘南ベルマーレ)
   橋本拳人(ロアッソ熊本・レンタル延長)
FW:ルーカス(引退)
   林 容平(ファジアーノ岡山・レンタル)
   重松健太郎(栃木SC)

【主なOB動向】
前田和也(栃木ウーヴァFC)→引退
松田正俊(ブラウブリッツ秋田)→引退
宮沢正史(大分トリニータ)→FC岐阜?
松下年宏(ベガルタ仙台)→未定
茂庭照幸(セレッソ大阪)→バンコック・グラスFC(タイ)
永里源気(ガイナーレ鳥取)→ラチャブリ(タイ)
李忠成(サウサンプトン)→浦和レッズ?
森村昴太(ギラヴァンツ北九州)→アビスパ福岡
阿部巧(松本山雅)→アビスパ福岡
柳楽智和(ガイナーレ鳥取)→引退

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2014

2013年シーズン総括

年越ししてしまったけれど、リーグ戦を中心に簡単に総括してみる。やっておかないと来季に向けての議論のベースが出来ないからな。

まず、昨年の総括にあわせて、シーズンを3クールに切り分けて勝敗を見てみる。
1C 5勝5敗1分(H:3勝1敗1分 A:2勝4敗0分)
2C 4勝3敗4分(H:3勝2敗0分 A:1勝1敗4分)
3C 7勝4敗1分(H:4勝3敗0分 A:3勝1敗1分)
実に安定している。今年は波が少なかった。ポイントは第1Cで、開幕連勝から4連敗したのを何とか五分で持ちこたえたところだ。ここで崩れていたら、結構面倒なことになっていたかもしれない。第3Cでは夏場の4連勝が効いた。連敗も無く、期間勝ち点化率は61.1%だった。優勝するにはもっと上げないとダメだが、ペースとしては結構いい感じだった。ただ、ホームでの3敗がいただけなかった。
先制したゲームが14試合。そのうち勝ったゲームが11、引き分け1、負け2という内訳。これは昨年と同レベル(先制13試合、勝ち11、負け0、分2)。去年との違いは逆転ゲームにある。先制されたゲームで勝ったのは昨年3つしかなかったのが、今季は7に増えている。やり返すだけの力が確実についてきている。ここが今季の一番の成長部分といっていい。ホームでの負け数も8から6に減っており、サポに対するアピール力も向上した。

Continue reading "2013年シーズン総括"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2014

Völkl PLATINUM CD SPEEDWALL

フォルクル

ついに新車をおろしました。ショップの人に少し長めのほうがいいと言われて今回は171cm、RADIUSは16.9とちょっと大きいのですが、フルロッカーのために苦もなく板が回ってきます。角度をつけるだけで、余計な踏みつけも不要。高速安定性はさらにアップ。やはり小回りはちょっと練習しないといけない感じですが、プログレッサー8+よりも一段上の性能です。まだ、‘乗せられてる’段階ですが、早く完全に乗りこなせるようになりたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »