« ファンタジーサッカー2013 第34節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第34節レビュー »

December 09, 2013

感恩戴徳

FC東京2-0仙台
ルーコンのホームラストゲームというモチベーションだけで勝ったゲーム。でも、その気持ちを持っていることが戦いにおいて重要だということ。向こうもテグさんのリーグ最終戦だけれど、やっぱりアウェーだとなんか力が入らない。ホームだから意味合いが強調される。実際2週間後にはまた今度はユアスタで戦うことになっているわけだし、テグさんはそこでお別れっていう事(負けて終わり)にした方が収まりがいい。だから準決勝にはうちが残って、決勝元日ホーム国立(でもエンドはアウェー側なんだそうだ)でポポさん&ルーコンのお別れが出来れば一番良い。

ゲームのほうは、お別れついででネマが先発。権チャンは前節のポカの反省のためベンチで、なんと塩が初先発のサプライズ。ネマは東京に残りたかったそうだが、クラブは契約を終了した。スーパーサブとしての得点力の高さは誰もが認めるところだが、今シーズンは3得点、逆転弾は湘南戦の1本だけだ。それに、彼が入ってきた当初守備がほとんど出来なくて、失点の原因を作ったようなこともあった。多少改善はされたものの、いまだに守備はあまり上手くない。東京で、というよりJ1では如何に攻撃的ポジションでも守備が出来ないと雇ってくれないのが現状で、スーパーサブとしての得点率がどれだけ高くても、差し引きすると残す理由は希薄になっていくのかもしれない(この辺は総括でちゃんと分析したいと思う)。

前半はコンパクトな仙台の3ラインに手を焼き、ボールが繋がっていかない。奪われてはピンチを招き、得点の可能性は仙台からの方が強く臭ってきていた。34分リャンのFKをフィスティングで掻き出すなど塩の好プレーで助けられた。後半は打って変わって東京が攻勢にでる。なぜ仙台のペースが落ちたのかは不明。前半に柳沢を真吾に代え、後半もテグさんが中盤をいじくるたびにおかしくなっていった。そんな中で生まれたルーコンの先制点。感動的ですらあった。ほんとにこの人にはいろんなところで救われてきたのだ。Jに在籍した外国人選手の中でも、これだけJにフィットした選手はいなかっただろうし、これからもなかなか出てこないんじゃないかと思う。チームの親善大使としてこれからもかかわりを持つとのことだけれど、選手として抜けた穴をどうやって埋めるかは、来季のチームにとって深刻かつ切実な問題となる。それもこれも新監督がどんなサッカーをやるかにかかっていると思うのだが。現有戦力をベースにどこをどう補強しようとするのか(あとネマに続く非契約も含めて)、その辺の情報も早く知りたいところだ。

気抜けた仙台はお別れムードが充満するホームに対する気遣いなのかどうか知らないが、22日のユアスタは、それはそれ、これはこれ。現場にはいけないが、このゲームのようにきっちり勝って東京に戻ってきてくれ。

|

« ファンタジーサッカー2013 第34節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第34節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/58728465

Listed below are links to weblogs that reference 感恩戴徳:

« ファンタジーサッカー2013 第34節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第34節レビュー »