« November 2013 | Main | January 2014 »

December 2013

December 31, 2013

そろそろ来年の話③

一気に話が出てきましたね。新監督は4-3-3と3-4-3をベースにチーム作りをするらしいです。助っ人DF2人が取れたとして、モリゲはどうするんだろうかという疑問が真っ先に浮かび上がります。4-3-3だとアンカーという手もあるし、3バックだと助っ人のどちらかがスイーパーになるのか?ここのところ秀人が不振を極めているので、どうしてもボランチに1枚欲しいところなんですが、フィッカデンティは初見でどういうふうにこのチームを見ているのか、そして自分の型にどうやってはめていこうとしているのか、さらにそこで不足するパーツとは何なのか、興味は尽きません。就任コメントでは、イタリアセリエAのサッカー文化を持ち込みたい、美しいサッカーで勝利したいというフレーズがありました。なんかワクワクしますよね。うちのボスなんか、今頃小躍りしていることでしょう。
さて、出戻り組では幸野が期待です。Vファーレンの屋台骨を支えていたんですから、その成長ぶりを早く見てみたいものです。ムックンは、結局向こうでも出番がなくてくすぶってしまった。捲土重来を期して欲しい。陽平はとにかく怪我を治す。そこから、再度海外というのもあるんだろうけど、フィッカデンティがどのような評価を下すかだよね。FWが2減することになりそうだけど、エドゥのほかにも誰か意中の選手がいるのかしらん。

【IN】
監督:マッシモ・フィッカデンティ
GK:圍謙太朗(桃山学院大)
DF:松田陸(びわこ成蹊スポーツ大学)
  椋原健太(セレッソ大阪・復帰)(未発表)
  マテウス・フェラス(クリシューマCE)(未確認)
  ダリオ・ダイネッリ(キエーボ)(オファー中?)
MF:平岡翼(作陽高校)
  武藤嘉紀(慶応大学)
  幸野志有人(Vファーレン長崎・復帰)
  梶山陽平(大分トリニータ・復帰)(未発表)
FW:エドゥ(遼寧宏雲)(未確認) 

【OUT】
監督:ランコ・ポポヴィッチ(セレッソ大阪)
    大熊清(大宮監督)
DF:平松大志(引退)
   平出涼(カターレ富山)
   チャン・ヒョンス(広州富力)
   丸山祐市(湘南・レンタル?)
MF:ネマニャ・ヴチチェヴィッチ(未定)
   大竹洋平(湘南)
   橋本拳人(熊本・レンタル延長)
FW:ルーカス(引退)
   林 容平(山形・レンタル?)

大志がついに引退を発表しました。天皇杯の大宮戦が彼のキャリア最後の公式戦出場になってしまいました。幸いその場に立ち会うことができて、彼の最後の勇姿を見ることができました。DFというよりボランチ気味に入って、ゲームをクローズさせるために、ボールを懸命にチェイスする姿は、ボールを追いかける犬のようでもあり、ピッチを走り回ることの喜びを懸命に表現していたように思いました。でも、そのあとすぐに再びアキレス腱をやってしまう。ゲームにも出ることができてこれからと思っていた矢先の出来事。ショックだったでしょうね。でも、インタビューを読むと本人は結構ポジティブにも考えているようで、あまり悲壮な感じがしないのが救いでしょうかね。とにかく、今はゆっくり休んで、セカンドキャリアでの成功を祈るばかりです。大志、お疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2013

予定調和

FC東京0-0(PK4-5)広島

終わってしまったなぁ。巷ではお正月歌ったからだなんて言われているが、あれは東京の仕様で2011年だって歌っていたわけでそれはフラグではない。それよりも問題なのは、アーリアの蹴るその時に歌ってしまったのが最大の敗因だったと思うのだ。アーリアが決めれば元旦というその時に、まだ決まってもいないのにその気になってしまっていたG裏が全て悪い。無意識のうちにアーリアにプレッシャーを与えていたのではないかと思うのだ。その前のタマも、変な助走をつけて逆に西川に読まれやすいようなキックになってしまい経験不足を露呈した。ナオは、出てきた時に何となく嫌な予感もしたな。まぁ、PKは時の運でもあるし、自分の右サイドにこだわって3本止めた西川の方が上手だったってことだ。塩もゴール隅に飛んだFKを弾き出したり、PKも1本止めて見せて、大活躍だった。彼を責める奴は一人もいないだろう。

ゲームそのものは年間王者に真っ向勝負で引き分けたのだから、1年を総括するにはふさわしい一戦だったと思う。選手のみんなは悔しいところはあるだろうけれど、1年お疲れ様でした。ただ、肝心要のところで出場できなかった平山は、国立に愛されているだけに持ってなかったなぁ、と悔いが残る。メディア的には、最終節でリーグ優勝を逃した横浜が広島を直接下して雪辱なるかという状況の方が美味しいわけで、さらにポポさんはこれで桜組でACLに出ることが決まって、それはそれで良かったんではないかとも思う。

さて、これでようやくおおっぴらに来年の話を始められる。フィッカデンティ就任も正式発表されたことだし、元キエーボのダイネッリにオファーを出したとか、幸野、むっくん、陽平が原隊復帰とか、丸と容平が奉公に出されるとか、一気に来季構想が表に出てきた。どんなサッカーになるか楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2013

そろそろ来年の話②

ヒョンスの後釜にマテウス・フェラスというブラジリアンの名前が浮上してきました。現所属のクリシューマECが日本移籍を発表。移籍先が明記されていないものの、おそらく東京だろうということらしい。190cmの大型DF。足元はどうかな。FWのほうも、中国・遼寧宏運のエドゥーの獲得を目指しているというニュースが流れてきています。年齢は32とやや上だけど、今季14ゴールの実績を誇るストライカー。獲得できるといいですね。やっぱり東京の助っ人はブラジリアンだな。
リリースが8月だったのでINの圍クンが漏れてしまってた。水面下ではいろいろ動いているみたいだけど、どうも洋平が湘南に完全になるらしい。うーん、本当だとすれば、またカンテラーノがチームを去ることになり寂しい限り。まぁ、とにかくどこでプレーするにしてもまずは怪我を完全に治さないとな。他の奉公組の来季とかも気になるし。あと、モニがタイへ行くことになったり、チュンソンがあろうことか浦和に加入するらしいとか、OB動向も見逃せなくなってきてます。

IN
マッシモ・フィッカデンティ(内定未発表)
圍謙太朗(桃山学院大)
平岡翼(作陽高校)
松田陸(びわこ成蹊スポーツ大学)
武藤嘉紀(慶応大学)

OUT
ランコ・ポポヴィッチ(セレッソ大阪監督)(内定未発表)
ルーカス(引退)
ネマニャ・ヴチチェヴィッチ(未定)
チャン・ヒョンス(広州富力)
平出涼(カターレ富山)
大熊清(大宮監督)
大竹洋平(湘南?)

主なOB動向
前田和也(栃木ウーヴァFC)→引退
松田正俊(ブラウブリッツ秋田)→引退
宮沢正史(大分トリニータ)→岐阜FC?
松下年宏(ベガルタ仙台)→未定
茂庭照幸(セレッソ大阪)→バンコック・グラスFC(タイ)
永里源気(ガイナーレ鳥取)→ラチャブリ(タイ)
李忠成(サウサンプトン)→浦和レッズ?(未発表)
鈴木達也(ヴォルティス徳島)→未定

さあ、明日は生きるか死ぬかの分かれ道。ルーコンのためにも、チームを離れるメンバーのためにも、元旦まで行きたいですな。バモバモバモ東京、バモバモバモバモバモ東京、この気持ち止まらないぜ、オオオウォオオオ、オオオウォオオオ、オオオウォオオオ・ト・ウ・キョ、HEY!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2013

13-14シーズン滑り初め

13-14シーズン滑り初め
雪質は上々。体がまだ思い出さない。とりあえずプログレッサーで様子見。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2013

そろそろ来年の話

ヒョンスの移籍が発表になりました。クラブに2億円残してくれるのだから有難いと思う一方で、ヒョンスは東京で伸びた選手だという自負もあり、育った人間がチームを去っていくのはやはり寂しい。ヨングンのときよりチームにフィットしていたから尚更です。しかし、この移籍で丸や吉本は刺激を受けて、俄然モチベーションが上がっているらしいから、ポジに捉えたいね。レギュラークラスのDF補強はするとは思うけれど、2人にはそれを不要と思わせるぐらい頑張ってほしい(ただ、2人ともボランチが出来るほど器用じゃないところがネックなのだな)。

河野にサバデルからオファーが来ているそうだ。ソータンも出たり出なかったりして苦労しているらしい。河野みたいなタイプこそスペイン向きのような気もするが、本人はどんな感じなんだろうか。

それと、監督人事では、熊さん、ポポさんと内情を知った人間がまた2人も敵方に回る。JFK含めてこれは結構厳しい。Jリーグ初心者監督で乗り切れるんだろうか不安になってくるよ。

来季に向けてという意味では、怪我人の多さがこれまた頭の痛いところで、Wようへい2人ともが前半戦は絶望的な状況。平松もまた同じところをやっちまったらしく、ちょっといたたまれなくなってきた(ルーコンは骨折だと。天皇杯残り試合に出場叶わず。あの味スタでのゴールが最後の花道になろうとは)。いずれにしても、FW、MF、DFのセンターライン全てにおいて補強は必要。どんな選手が入ってくるのか、今から楽しみだわ。

IN
マッシモ・フィッカデンティ(内定未発表)
平岡翼(作陽高校)
松田陸(びわこ成蹊スポーツ大学)
武藤嘉紀(慶応大学)

OUT
ランコ・ポポヴィッチ(C大阪監督)(内定未発表)
ルーカス(引退)
ネマニャ・ヴチチェヴィッチ(未定)
チャン・ヒョンス(広州富力)
大熊清(大宮監督)
平出涼(富山・完全)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2013

ファンタジーサッカー2013 第34節レビュー

最後の最後に権田外し(笑)。ポポさんもやってくれます。とにかく東京、大宮とも完封勝利だったので、後ろは権チャン以外はOKでした。スコアラーの部分はちょっと物足りませんでしたが(柿谷は途中まで入ってたんだが最後に外してしまった)、ルーコンがどーんと置き土産を残してくれたお陰で、miniのほうは仇花の3桁でフィニッシュです。平均64fpでも降格ですから、流石全国リーグはレベルが高い。Yahooのほうは全体の6%とまずまず。キリ番とかは運なので気にしませんが、、来季はこの順位、ポイントがひとつの目標値になります。それと、やっぱGKの固定は厳しいなぁ。掟の方もちょっと見直すつもりです。

【Yahoo】(Week29)
GK権田(東京)…0Fp
DF徳永(東京)…10Fp
DF太田宏(東京)…11Fp
DF菊池(大宮)…10Fp
DF渡部(大宮)…5Fp
MF青木拓(大宮)…6Fp
MF長谷川ア(東京)…10Fp
MF中村憲(川崎)…8Fp
MFレオ シルバ(新潟)…9Fp
FWルーカス(東京)…17Fp
FWズラタン(大宮)…5Fp
合計91Fp 通算2108Fp
7274位/122312(↑318)

【mini】
GK権田(東京)…1fp
DF大井健(新潟)…8fp
DF森重(東京)…9fp
DF太田宏(東京)…7fp
DF菊池(大宮)…8fp
MF中村憲(川崎)…3fp
MF長谷川ア(東京)…9fp
MF青木拓(大宮)…7fp
FWルーカス(東京)C…15fp
FW川又(新潟)…13fp
FWズラタン(大宮)…5fp
合計100fp 通算582fp
チーム時価 +7720
276位/333 全国リーグ(降格)
年間通算 2267fp
年間総合順位 785位/2637
1節平均66.7fp(1Q-55.7 2Q-75.3 3Q-70.1 4Q-64.6)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2013

感恩戴徳

FC東京2-0仙台
ルーコンのホームラストゲームというモチベーションだけで勝ったゲーム。でも、その気持ちを持っていることが戦いにおいて重要だということ。向こうもテグさんのリーグ最終戦だけれど、やっぱりアウェーだとなんか力が入らない。ホームだから意味合いが強調される。実際2週間後にはまた今度はユアスタで戦うことになっているわけだし、テグさんはそこでお別れっていう事(負けて終わり)にした方が収まりがいい。だから準決勝にはうちが残って、決勝元日ホーム国立(でもエンドはアウェー側なんだそうだ)でポポさん&ルーコンのお別れが出来れば一番良い。

ゲームのほうは、お別れついででネマが先発。権チャンは前節のポカの反省のためベンチで、なんと塩が初先発のサプライズ。ネマは東京に残りたかったそうだが、クラブは契約を終了した。スーパーサブとしての得点力の高さは誰もが認めるところだが、今シーズンは3得点、逆転弾は湘南戦の1本だけだ。それに、彼が入ってきた当初守備がほとんど出来なくて、失点の原因を作ったようなこともあった。多少改善はされたものの、いまだに守備はあまり上手くない。東京で、というよりJ1では如何に攻撃的ポジションでも守備が出来ないと雇ってくれないのが現状で、スーパーサブとしての得点率がどれだけ高くても、差し引きすると残す理由は希薄になっていくのかもしれない(この辺は総括でちゃんと分析したいと思う)。

前半はコンパクトな仙台の3ラインに手を焼き、ボールが繋がっていかない。奪われてはピンチを招き、得点の可能性は仙台からの方が強く臭ってきていた。34分リャンのFKをフィスティングで掻き出すなど塩の好プレーで助けられた。後半は打って変わって東京が攻勢にでる。なぜ仙台のペースが落ちたのかは不明。前半に柳沢を真吾に代え、後半もテグさんが中盤をいじくるたびにおかしくなっていった。そんな中で生まれたルーコンの先制点。感動的ですらあった。ほんとにこの人にはいろんなところで救われてきたのだ。Jに在籍した外国人選手の中でも、これだけJにフィットした選手はいなかっただろうし、これからもなかなか出てこないんじゃないかと思う。チームの親善大使としてこれからもかかわりを持つとのことだけれど、選手として抜けた穴をどうやって埋めるかは、来季のチームにとって深刻かつ切実な問題となる。それもこれも新監督がどんなサッカーをやるかにかかっていると思うのだが。現有戦力をベースにどこをどう補強しようとするのか(あとネマに続く非契約も含めて)、その辺の情報も早く知りたいところだ。

気抜けた仙台はお別れムードが充満するホームに対する気遣いなのかどうか知らないが、22日のユアスタは、それはそれ、これはこれ。現場にはいけないが、このゲームのようにきっちり勝って東京に戻ってきてくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2013

ファンタジーサッカー2013 第34節

早いものでJリーグも最後の1試合になりました。今季はminiもYahooも3桁が少なくて、まだまだ精進が足りないことを痛感させられましたよ。今年最後は、ややヤケクソ気味ですが、東京と大宮を軸に組みました。新潟が鬼門の名古屋というのもあって、新潟も軸候補です。憲剛は盟友宏樹の引退への餞で気合入っているので、そのことだけで一点買いしました。

【Yahoo】(Week29)
GK権田(東京)
DF徳永(東京)
DF太田宏(東京)
DF菊池(大宮)
DF渡部(大宮)
MF青木拓(大宮)
MF長谷川ア(東京)
MF中村憲(川崎)
MFレオ シルバ(新潟)
FWルーカス(東京)
FWズラタン(大宮)
勝負チーム:東京

【mini】
GK権田(東京)
DF大井健(新潟)
DF森重(東京)
DF太田宏(東京)
DF菊池(大宮)
MF中村憲(川崎)
MF長谷川ア(東京)
MF青木拓(大宮)
FWルーカス(東京)C
FW川又(新潟)
FWズラタン(大宮)
前節合計52fp

その大宮の来季の監督が熊さんになりそうだと。堅守速攻がチームスタイルにマッチすると。確かに。そこに熊さんの気合(サッカーの本質論)が注入されると、そこそこチーム力は戻りそうな感じもしますね。
石崎さんが山形に復帰したり、相馬さんが町田に復帰したり、磐田は元メキシコ監督のヘスス・ラミレス氏を狙ってるとか。なんにしても、頭が決まらないと来季は始まりませんね。東京の新しい頭はメンバーリストを前にして今頃何を考えているんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2013

ファンタジーサッカー2013 第33節レビュー

それにしても新潟は強かった。後半戦首位は伊達ではありませんでした。甘く見ていたおいらが悪い。前半のプレスが後半は流石に緩んだけれど、横浜も年寄りが多いために上手く同期してしまったというのが印象。川又の一発で勝負ありでしたね。軸で有効だったのは広島だけ。正解は大宮、新潟、鳥栖(豊田)、柏、川崎(大久保)でした。各チームともコスト的には問題ないだけに、完全に今節はミスチョイス。情けない。来年に向けて出直しですわ。

【Yahoo】(Week28)
GK権田(東京)…-1Fp
DF富澤(横浜)…0Fp
DF千葉(広島)…10Fp
DF田中マ(名古屋)…6Fp
DF鎌田(仙台)…6Fp
MFダニルソン(名古屋)…4Fp
MF兵藤(横浜)…2Fp
MFミキッチ(広島)…7Fp
FWケネディ(名古屋)…6Fp
FW佐藤寿(広島)…5Fp
FW赤嶺(仙台)…4Fp
合計49Fp 通算2017Fp
7592位/122268(↓483)

【mini】
GK権田(東京)…-1fp
DF富澤(横浜)…1fp
DF千葉(広島)…8fp
DF太田宏(東京)…0fp
DF塩谷(広島)…8fp
MF高萩(広島)…6fp
MF兵藤(横浜)…3fp
MF柿谷(C大阪)…7fp
MF佐藤寿(広島)C…4fp
FWマルキ(横浜)…0fp
FWケネディ(名古屋)…3fp
合計43fp 通算482fp
チーム時価 -1430
300位/333 全国リーグ

それにしてもの柏戦、モチベーションがなくなってのアウェーにありがちな展開かもしれないけど、わが軍の負け方がいかにも情けないです。完全に集中力の欠如。ポポさんのコメントなんて完全に負け惜しみだものね。まぁ、PKは権チャンのせいじゃないから。ファンサカのポイントもPK失点はGKは大目に見て欲しいものだよ。PKを与えた選手に重くするとかしてね。

ところで、12月に入って移籍の動きが本格化してきました。その中でも岩政の鹿島退団はちょっとビックリ。まだぜんぜん出来るだろう。うちはどうかな。ヒョンスが出るなら良くないか。吉本育てて欲しいなぁ。新監督がバックラインにどんなスキルを求めるのかは分からないけれど実績は十分だし、なによりリーグ優勝とは何かということを良く知っている選手だから、プレーヤーとしての価値以上にその存在意義は大きいと思いますよ。

あと、ネマが非契約のリリース。東京の選手については別の機会にみっちりとやりましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2013 | Main | January 2014 »