« ファンタジーサッカー2013 第32節 | Main | 柴崎亭@柴崎 »

November 25, 2013

無味乾燥

FC東京2-1湘南

どうにも温度の低いゲームだった。本当は湘南側に残留という強力なモチベーションがなければならなかったのだけれど、蓋を開けてみれば予想通り諦めムードが蔓延していた。特にそれはG裏から感じられた。残留を促す強烈な決意を示すようなメッセージをうたう横断幕のひとつもない。ただ勝てと。実際残り3試合で対象となっている甲府が勝ち点1でも積み上げれば3連勝しても降格が決定する状況は、残留の可能性は限りなく0に近いことは誰が見ても明らかなのだ。そういった追い込まれた状況にもかかわらず、力関係から東京が攻めて湘南が守りカウンター狙いという構図になってしまうのは、やはり湘南というチームがJ1全体の中でそういうポジションのチームだったということを如実に現している。そうならざるをえないにしても、平塚でのようなゲームになる可能性もある。しかし、雨は降っていないし、秀人は先発から外れているし、当然東京も十分警戒しているから、アップセットの確率はかなり低いといえた。

しかしながら、前半は相手の実質5-4-1のブロックにてこずりチャンスらしいチャンスも少なくスコアレスで折り返すと(前半終了時にG裏が「シュート打て」コールしなかったのに違和感)、後半湘南が攻勢に出たとたんに先制されてしまうのだから観ている側は煮え切らない。権田のセーブのリフレクションがたまたま相手のいいところに落ちてしまったというのがあるにせよ、その前のプレー、突破をやすやすと許したところは甘さだと思う。今回はギリギリのところで逆転してしっかり勝ちを手にしたから良かったが、これでドローとかいったら相当脱力していたことだろう。窮鼠にもなりきれない相手に引き分けではあまりに情けがない。本当にこのゲームは勝っただけだった。それにしても千真は決まらなくなっちゃったねぇ。

|

« ファンタジーサッカー2013 第32節 | Main | 柴崎亭@柴崎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/58644041

Listed below are links to weblogs that reference 無味乾燥:

« ファンタジーサッカー2013 第32節 | Main | 柴崎亭@柴崎 »