« ファンタジーサッカー2013 第31節 | Main | 栂池エリア »

November 11, 2013

才芸器量

FC東京1-2C大阪

まぁ、見事に柿谷にやられたわけで、ほんの一瞬のチャンスをゴールに結び付けてしまう技術とセンスには畏れ入る。まさに天才。あのシーン、後ろから伸びてくるGKのフィードと権チャンの出てくるタイミングを計って股の下を通したわけで、あれをちゃんと狙っていたというのだから二の句が継げない。もし判断の問題を言うなら権チャンは出て行くべきではなかったぐらい。あのタイミングで打つとはイメージしていなかっただろう。おそらくトラップして交わすとか、とにかく一度は止まると思ったに違いない。それがまったくのシームレスでシュートでは対応できないのも無理からぬこと。モリゲにしても、それほど遅れた感じはしなかったし、とにかくあれは相手を誉めるほかない。

両チームともやろうとしているサッカーは似ている。パスを繋いで中外と揺さぶり崩していく。しかしこの点差。ひとつは桜組には柿谷というタレントがいて、東京には東しかいないということ。これは要素として大きいし、いかんともしがたい(しかし、東のセンスのなさとシュートスキルは何とかならんものだろうか)。もうひとつはシュートまでのアプローチが東京は手間がかかりすぎること、桜組はシンプルながらここと言う時に人数をかけてくる攻めのメリハリがあった。東京はリターンパスを多用するが、そこでミスが多かったり、前を向けるのに後ろに預けるシーンも多く見られた。繋がるけど遅い。その分相手のディフェンスが整う時間ができるし、パス交換の回数が増えれば、ロストする確率も増えていく。シュートにたどり着くまでに奪われるから、G裏のシュート打てコールはいつまでたってもなくならない。

後半はリードした桜組が完全に受けに回ったため東京にもチャンスが増えた。アーリアのミドルは桜組のディフェンスの緩みがあったからバイタルが空いて生まれたゴールだ。そのほかにも惜しいシーンはいくつもあった(同様に桜組にもあったので、それを決めていたら勝ったとはいわないが)。あのような展開になったのなら、どうせ負けるにしても完全に打ち合いのオープンなゲームになった方がよほど良かった。その方が集まってくれた4万の観衆にも十分喜んでもらえただろうから。確かに後半は東京の攻撃が盛り返したお陰で多少盛り上がったようにも見えたが、新規で来場してくれたお客さんが、もう一度、いや次節の湘南戦も見に来ようかなと思ってもらえるほどのインパクトは残せなかったように思う(柿谷のゴールが衝撃的過ぎたかも)。サッカー生観戦は面白いというだけでは不足で、やはりFC東京というチームに魅力を感じてもらって初めてマーケティング的な成果が得られるのだ。4万入った味スタはなかなか壮観だった。柿谷特需というのもあるかもしれないが、優勝争いにも関係ないある意味消化試合でこれだけの集客が実現できたのは大きい(集客に優勝はあまり関係ないという証左でもある)。この状態が毎節続くようになることが理想。今節雛形はできたわけだから、来季に向けてクラブはよく考えて欲しいものだ。

蛇足だが、桜組のチャントって東京のそれとかぶってるのが意外と多いように感じた。うちのをパクってるのかな?アイドリングつながりでは、東京の『サマーライオン』で完勝であったな。

|

« ファンタジーサッカー2013 第31節 | Main | 栂池エリア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/58558542

Listed below are links to weblogs that reference 才芸器量:

« ファンタジーサッカー2013 第31節 | Main | 栂池エリア »