« ファンタジーサッカー2013 第28節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第28節レビュー »

October 06, 2013

雲散霧消

FC東京1-4鹿島

ということで、ACLへのチャレンジもこれで9割方は藻屑と消えたわけで(残り6ゲームで3位浦和との勝ち点差は7)、残り6節何を楽しみに見ていけばいいのやら(苦)。相変わらず、鹿島のしたたかさにやられた感じで、かたや愚直かたや狡猾というこの両チームのカラー、スタイルの差から生まれるゲーム運びは、もはや固定化されてしまっているようにも思える。

それにしても、東京のプレーが硬かったというか慎重にやりすぎて肝心のところが出遅れてしまった。立ち上がり、遠藤のあの巻き気味のループシュート自体見事だったけれど、あれへのアプローチが一瞬等閑になってシュートを打たせる隙を作ってしまったことが問題で、それがいつもなら打たれないという予断のもとだったとすれば舐めた話で、やられても仕方ない。鹿島クラスの、上位との凌ぎ合いでそういった僅かな隙が命取りになるということを忘れているのだったとすれば、それはやはりこのチームの経験が圧倒的に不足しているということなんだろう。あとの3点は全部カウンターからだったけれど、すべてミスからだし、それをカバーする動きも鈍かったから決められてしかるべきなんだろうと思う。終盤宏介は攻め疲れて、ボールを奪われると戻る力もなくなって、ピンチも量産、クロスの精度もみるみる低下していってしまったのはちょっと気の毒な感じすらした。

この一戦は3位を狙う上で重要で肝心なゲームだった。それをしっかり意識して勝ちきることができないと、鹿島のような歴史は築いていくことができないと知るべきだ。鹿島は勝てば良いというある種の割り切りが感じられた。攻撃はとにかく奪えばダヴィに当てる、を徹底してきていたし、先制すればしっかり守ってカウンターを着実に実行する。注文通りにさせてしまったのは、前半終了間際、東が抜け出して曽ヶ端と1対1になったのを決めることができなかったことが全て。あれがゲームの分水嶺だった。

満男のシュートはちょうど真後ろから見ていて、軸線の先にゴールの左隅がぽかーんと空いて見えた(40番がまるで照星のように見えた)。そこに向かって正しく糸を引くようにボールが吸い込まれていった。敵ながら見事なシュートと感嘆してしまった(東、頼むからもっとシュート練習してくれ)。やはり鹿島のプレーヤーも名手ぞろいだ(ちょっと高齢化してきているけれど)。局面ではかなりの駆け引きがあったと思うし、そこをしのぎながら決めていくだけのスキルが、東京にはちょっとばかり不足していた。まぁ、後半は攻めダルマで、これでもかこれでもかとやりながら、鹿島がしっかり跳ね返す図式はそれなりに見ていて楽しかったし、最後平山が何となくどさくさ紛れ的に(オウンゴールのようにも見えた)CKを決めたのも、多少の気晴らしになった。

しゃくだけれど、上位との壁を改めて感じさせられた。今年は浦和の壁を破った。来年は鹿島の壁を一緒に破ること。優勝とかACLとか言う前にやらなきゃならないことがある。そんなものは、そこを超えて初めて見えてくるものなのだ。

|

« ファンタジーサッカー2013 第28節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第28節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/58329675

Listed below are links to weblogs that reference 雲散霧消:

« ファンタジーサッカー2013 第28節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第28節レビュー »