« スター・トレック イントゥ・ダークネス | Main | 13年シーズン降格ライン予想【修正版】 »

September 09, 2013

七難八苦

天皇杯2回戦
FC東京1-0(EXT1-0)横河武蔵野FC

とかく北多摩ダービーは厄介だ。カテゴリーは2つ下、恥も外聞もなく守ってあわよくばセットプレーで得点、最悪PKまで持ち込みたい相手の戦法は先にご承知。先制点を取る以外方法はない。だからPK失敗したときには、昨年の悪夢が頭をよぎったのも事実。横河のGKが当たりに当たっていたし、DFも体を張ってとめていたし、あろうことか丸も相手のDFに参加していたのには驚いた(自爆するし)www。そんな状況にあっても、黙々と左からクロスを上げ続けたコースケはこのゲームの立役者だ。

攻め自体悪くはなかった。ヨネと秀人が最終ラインまで下がって、両翼を高く押し出すシステムをとりつつ、タイトな中盤を省略して最終ラインから敵の裏を狙うやり方は効果的だった。実際PKを取ったのは、抜け出したアーリアを相手が捉え切れずに引っ掛けたためだし、唯一の得点は継続してきたコースケのアーリーから生まれたものだ。早めに平山を入れて戦術変更したポポさんの采配も良かった。それでも、先制するのに105分もかかってしまったのは、やはり今年も横河の守備陣を誉めるしかないということなのだろう。

相手はアマチュアなのにという批判はごもっともだと思う。プロである以上1対1では負けてはならないし、そこで勝負して決めきるぐらいでなければ威張れるものではない。シュートが下手な東はもっと練習して欲しいと思う。平山もアマチュア相手に1点かよという感じだ(それ以前に千真だが)。今の東京には、こういった圧倒的な有無を言わさない強さがない。いわゆる格というものが不足している。格の違いを見せ付けられなかったところに不甲斐なさを感じてしまう。どんなに堅牢な守備ブロックをもパニックに陥れるような怒涛の攻めが早く見たいのだが、実際いつになることやら。

|

« スター・トレック イントゥ・ダークネス | Main | 13年シーズン降格ライン予想【修正版】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/58161782

Listed below are links to weblogs that reference 七難八苦:

« スター・トレック イントゥ・ダークネス | Main | 13年シーズン降格ライン予想【修正版】 »