« August 2013 | Main | October 2013 »

September 2013

September 30, 2013

元気溌剌

大宮2-5FC東京
BS観戦なので簡単に。まぁ、ルーコン祭りだったわけだが、話題の横浜の老人たちに負けず劣らず、チームに対する献身は本当に頭が下がる思いだ。これでチームは4連勝。千真が不調なら不調で、それをカバーする手はいろいろある。ゴール前でのダイレクトパスが数本繋がるプレーも増えてきたし、最深部に入っていくプレーも頻発していたし、やっとチームとしての幅が出てきた感じがした一戦だった。前からの追い込みがはまったのは、元気のない大宮だったからというのもあるだろうが、そこを見逃さずすかさず止めをさせるようになったのも頼もしい限りだ。それにしても、タマはあのタイミングでよくシュートを打ったなと感心しきり。平山も足元が縺れたりしたけれど、あのフィニッシュは力強かった。実際ゲーム自体はルーコンの3点目で決まった感は強かったけれど(大宮の疲労度が画面からも伝わってきた)、ダメ押しは相手にさらなる苦手意識を植え付けるだろうし、タマや平山のモチベーションにも繋がっていくだろうし、何より得点シーンはいつ見ても嬉し楽しである。さて、次は難敵の鹿狩り。ACL出場権争奪戦に残るためにも、シーズンの真価が問われる一戦となる。

Continue reading "元気溌剌"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2013

ファンタジーサッカー2013 第27節

今節は清水中心。対甲府ホーム負けなしを信じて一点買い。そこに鹿島と我が軍をトッピングした形です。Yahooの洋平はコスト要因。浦和相手にどこまでできるか(スタメン出場ははっきりしませんが)、来年戻るにしても出るにしても存在感を今から示しておきたいところ。磐田はついに徳俵に足がかかった状態ですから、桜に負けたらほぼ終戦。ナーバスすぎてここは張りにくい。なんとなくカッキーが止めを刺しそう。あと、スコアラーで言うと川又(新潟)あたりは臭いです。

【Yahoo】(Week22)
GK権田(東京)
DFカルフィンヨンアピン(清水)
DF太田宏(東京)
DF山村(鹿島)
DF村松(清水)
MF石毛(清水)
MF土居(鹿島)
MF大竹(湘南)
FWラドンチッチ(清水)
FW佐藤寿(広島)
FW渡邉千(東京)
勝負チーム:清水

【mini】
GK権田(東京)
DF平岡(清水)
DF太田宏(東京)
DF村松(清水)
DF山村(鹿島)
MF青木(鹿島)
MF柿谷(C大阪)
MF土居(鹿島)
FW渡邉千(東京)
FWラドンチッチ(清水)C
FW大迫(鹿島)
前節合計67fp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2013

ファンタジーサッカー2013 第26節レビュー

海豚がこけたのがすべてでしたね。なんで鳥栖に負けるかなぁ。この辺が我が軍同様上位に突き抜けない根本的な原因なんですよね。ところが今節の我が軍は意に反して完封の完勝。珍しくアーリアがミドルを決めて、普段からもっと打ちゃいいじゃんとついつい愚痴が口を突いて出てくる。まぁ、広島(yahooは仙台も)を混ぜておいたので大事には至りませんでしたが、それでもYahooはちょっと厳しかったです。

【Yahoo】(Week21)
GK権田(東京)…6Fp
DF石川大(仙台)…5Fp
DF井川(川崎)…3Fp
DFジェシ(川崎)…2Fp
DF田中裕(川崎)…8Fp
MF大竹(湘南)…7Fp
MF山本真(川崎)…7Fp
MFリャン ヨンギ(仙台)…10Fp
FWレナト(川崎)…6Fp
FW佐藤寿(広島)…9Fp
FW渡邉千(東京)…6Fp
合計69Fp 通算1572Fp
5718位/121608(↑160)

【mini】
GK権田(東京)…8fp
DF田中裕(川崎)…4fp
DF千葉(広島)…8fp
DF塩谷(広島)…7fp
DFジェシ(川崎)…2fp
MF山本真(川崎)…3fp
MF中村憲(川崎)…3fp
MF山口蛍(C大阪)…2fp
FW佐藤寿(広島)C…8fp
FW大久保(川崎)…3fp
FW渡邉千(東京)…3fp
合計59fp 通算59fp
チーム時価 -1030
126位/333 全国リーグ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2013

サイド・エフェクト

「サイド・エフェクト」とは薬の副作用のこと。スティーヴン・ソダーバーグ監督が劇場用長編映画からは足を洗うと宣言した最後の作品である。ソダーバーグといわれると代表作的には『オーシャンズシリーズ』になるのだろうけれど、何気に地味な作品の方が好みだったりする(『チェ2部作』とか『スキャナー・ダークリー』とか。でもソダーバーグ作品として意識してはみていなかった)。作品の傾向としては社会派サスペンスの類が多いように思う。大作主義者ではない。このこじんまり感は嫌いではなく、その意味で本作も大枠から外れていないし、最後の監督作品としては集大成とかそんな意気込みも感じられず、いい感じのサスペンスに仕上がっている。(ネタバレ要注意。未鑑賞者は覗くべからず)

Continue reading "サイド・エフェクト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2013

有頂天家族

Photo有頂天家族/森見登美彦
幻冬舎文庫 ISBN978-4-344-41526-3

京都に棲む、とある狸一家の物語。原作小説への入り口は実はアニメ。カバーはアニメと連動してクロスメディア展開中。久米田康治原案のキャラクターデザインと、実写をなぞったような京都の街並みが妙に懐かしげな世界観を生み出していて、そこで展開される狸模様がこれまた可笑しいのだ。原作に遡ってみると、アニメ化が成功していることに改めて気づかされる。週一アニメの進行に我慢できなくなって、ついに買って一気に読みきってしまった。(ネタバレ)

Continue reading "有頂天家族"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2013

ファンタジーサッカー2013 第25節レビュー

仙台、正解でしたねぇ。Yahooは仙台勢の活躍で久々3桁、今季最大ポイントを獲得。一方miniはそもそも仙台が薄かったし、鹿島が足を思いっきり引っ張りやがった(甲府はもう大丈夫ですよ)。とはいえ、ラドンチッチは予感的中で上手く行きました。角田の2得点も大きかった。スコアラー3人で、なんとかそこそこのポイントで第3クールを終了できました。そして、お陰さまで最終第4クールはついに全国リーグ昇格です。やっぱり19節の3桁が効いたなぁ。

【Yahoo】(Week20)
GK権田(東京)…3Fp
DF石川直樹(仙台)…11Fp
DF前野(鹿島)…3Fp
DF角田(仙台)…33Fp
DF中澤佑(横浜)…4Fp
MF中町(横浜)…5Fp
MF大竹(湘南)…3Fp
MFリャン ヨンギ(仙台)…33Fp
FWラドンチッチ(清水)…9Fp
FWウィルソン(仙台)…16Fp
FW渡邉千(東京)…4Fp
合計…124Fp 通算…1503Fp
5878位/121540(↑1853)

【mini】
GK権田(東京)…5fp
DF中澤佑(横浜)…4fp
DF角田(仙台)…18fp
DF山村(鹿島)…0fp
DF前野(鹿島)…0fp
MF中村俊(横浜)…4fp
MF中村憲(川崎)…10fp
MF土居(鹿島)…1fp
FWマルキ(横浜)…3fp
FW渡邉千(東京)…3fp
FWラドンチッチ(清水)C…8fp
合計64fp 通算561fp
チーム時価 +740
65位/378 東日本リーグ(全国リーグ昇格)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2013

2ステージ制を考える

J1は2015年から2ステージ制になるみたいですね。ポストシーズンは、一応年間王者への配慮はされているようですし、まぁ、そんなことで観客動員が強化できると思っているのであればやってみればいいですよ。霞ヶ丘で横断幕掲げた浦和の連中も、だからといって観戦をボイコットするような甲斐性もないでしょうからね。

世界中のリーグが1シーズン制で、世界のスタンダードから外れるということを反対の理由とする人がいますが、アルゼンチンリーグは昔から前期後期でやっています。そのリーグの事情にあった方式でやるべきで、他がそうだからというのは思考停止でしかありません。スポンサー収入は増えるかもしれませんね。当然ポストシーズンの大会は冠を付けたいでしょうし、乗ってくる企業も出てくるでしょう。サントリーなんかは最右翼かな。

ただ、観客動員数を増やしたいのであれば、2シーズン制は本質的な解決にはならないと思います。確かにマスメディア、特に地上波での露出は今よりは増えるでしょうけれど、それも一過性で2~3年もすれば醒めてしまう話。優勝チャンスが増えることで、今年の大宮のようなケース(広島と勝ち点36で並ぶも得失点差で2位)も出てくるでしょう。短期的な観客動員力強化には多少は貢献するはずです(特に万年中位下位チームは)。ただ、優勝すれば観客が増えるというのは単なる思い込みでしかありません。東京だって、ナビスコで優勝しても翌年の年間の動員数に大きな影響はなかったんですから。本質的な部分では、甲府の苦労話の方がよっぽどためになります。川崎だっていろいろイベントを地元絡みで仕掛けていってここまで来ているし、ようやく箱が少し大きくなるので、その努力の分は確実に増えるでしょうね。だから、リーグのやっていることは非常に底が浅く安直に見えてしまう。

中位にいる我が軍のようなところは、モチベーションが一度リセットされるので、通年で見たときのゲームのクオリティは若干上がるかもしれない。でも、その程度ですよ。上位チームにしてみれば、1年頑張ってきてトータルで1位なのに、ポストシーズンで1回負けただけで年間王者になれないなんて制度は唾棄すべきものでしょう。この制度は観る側以上にやる側への影響の方が大きいのかもしれません。

いずれにしても、世界のスタンダード云々で反対している人こそ硬直化の最大要因なのではないでしょうか。新しいファン層を獲得しなければならないのだから、これまでと異なるアプローチが必要なのは自明の理なのです。2シーズン制になることでサッカーがまったく別のスポーツになってしまうわけではない。だめなら、また次のことを考えればいいのです。

【追記】
識者の中からは、このシステムがアンフェアであるという指摘があります。まぁ、そうでしょうね。それに、スケジュールの問題がある。ポストシーズンのために3試合=1週間延長することになり、ただでさえ過密なのにこれ以上入るのかという疑念がある。選手たちも長いシーズンを戦ってきて相当疲弊しているところに、年間勝ち点1位チームへの挑戦権を得るためにミッドウィークを含めた2試合をまた戦わないといけない。これで勝ち残ったヘロヘロのチームに、最後の最後戦う力は残っているのだろうか。グダグダなゲームが地上波でばら撒かれることによって、やっぱりJリーグはレベルが低いなんて思われたら、それこそ本末転倒ですよ。

このシステムのリーグにとっての最大メリットはお金でしょ。得られた資金が、各クラブの強化=ゲームのクオリティ向上に使われるのであればいいけれど、その辺がまた曖昧な訳で、いろいろな側面から見ても2シーズン制+ポストシーズンというプランはベストとは思えないです。現状至上主義には反対するけれど、かといって2シーズン制は絶対解ではない。たとえば民間からアイディアでも募って、もうちょっと議論すべきではないですかね。

※集客改善で一番即効性のある施策は、土曜日固定開催を止めることです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2013

起死回生

FC東京3-2浦和

やっと勝った。ナビの決勝、天皇杯では勝ったことはあるけれど、リーグ戦では2004年9月以来なんと9年ぶりだ。最近のファンは知らないかもしれないが、それ以前では浦和はお得意さんだった。そのギャップが強すぎて、この10年近い期間はまさに暗黒時代だった。とはいえ、この勝利は新たな時代を感じさせてくれそうなものかといえばそうでもなく、やっと長いトンネルを抜けたぐらいの話。雲の切れ間に薄日が射した程度。浦和の凋落と東京の進歩の歩み寄りによる戦力の均衡なのだ。

前半はポポさんはミラーシステムを採用した。浦和の攻撃を受けるため、確かに機能していた。宇賀神は攻撃時はずっと最前線に張り付いたままだった。東京は完全な5バック。マンツーマンで敵の動きを奪うことに成功する。浦和は4-1-5のような形になり、中盤で柏木一人が右往左往するだけで、東京の高いラインに攻撃は糞詰まり。これはこれで、見ていてザマァネェナァと気持ちが良かった。とはいえ、やっぱりこれは受身でしかない。徳なんかほとんど前に出れなかった。ポゼッションして相手を崩すというサッカーとは程遠い弱者の選択。セットプレーから先制し、全く同じFKからリードを広げたものの、どこか腑に落ちないものがあった。案の定というか、後半早々にあっという間に追いつかれてしまったが、逆にそれが良かったのかもしれない。ポポさんの指示なのかどうかわからないが、開き直ったように4-2-3-1にシフトして、互いに自分のやり方を模索し始めてからが、このゲームの本質だったように思う。60分に権ちゃんがビッグセーブ、63分には東がGK1対1のビッグチャンスを逃す。決めて欲しかったけど。

そして最後の最後に決めたのは平山だった。平山がチームに残ってくれた意味が最大限発揮されたゲームでもあった(それにしても、なんでセットプレーの浦和のマークはあんなにルーズなんだ?)。90分は無理だけれど、最強の攻撃オプションだ。天皇杯2回戦でもチームを救ってくれた、コースケと平山のセットは無敵だな。ここのところ左からの攻めが中心になっていて、これは敵もわかっていても止められない破壊力を秘めている。こういう形ができてきたのもチームの成長の証だ。また随分と中位が団子になってきているので、残り9試合この調子で行ってくれると、結構いいところに収まるかもしれない。バモ、バモ、バモバモ東京!(ももクロあいどりんぐチャントはお気に入り)。

【蛇足】ゲーム後、2015年前期後期制導入への抗議のダンマクが、アウェー側に大量に掲げられた。傍目から見ると、ニコ動の画面のようだったwww。まぁ、まぐれで勝っても優勝出来る可能性があるこのシステムは、強いチームにしてみると迷惑千万な話なのはわかる。リーグ1の動員力を持っている浦和だから、これ以上客呼んでどうすんだとと勘違いしてしまうのもわかる。結局自分のところだけうまくいけばいいと思っているのだ。まるで既得権益を守ろうとするどこかの国の官僚みたいだな。この話はもう少し後ほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2013

ファンタジーサッカー2013 第25節

今節はなかなか絞り込めずにチームが分散しました。Yahooは仙台が軸、miniは鹿島と横浜が主になりました。どうしてそれぞれ異なってしまったのかは自分でもよくわかりません。仙台一本に決めきれない何かが自分の中にあるのでしょう。昇格のことを考えると、miniの方がはまってくれていた方がいいのですがね。ラドンチッチは思いつきです。東海ダービーは荒れ気味になるときがあるので、そういう展開であれば十分可能性があるかと。

【Yahoo】(Week20)
GK権田(東京)
DF石川直樹(仙台)
DF前野(鹿島)
DF角田(仙台)
DF中澤佑(横浜)
MF中町(横浜)
MF大竹(湘南)
MFリャン ヨンギ(仙台)
FWラドンチッチ(清水)
FWウィルソン(仙台)
FW渡邉千(東京)
勝負チーム:仙台

【mini】
GK権田(東京)
DF中澤佑(横浜)
DF角田(仙台)
DF山村(鹿島)
DF前野(鹿島)
MF中村俊(横浜)
MF中村憲(川崎)
MF土居(鹿島)
FWマルキ(横浜)
FW渡邉千(東京)
FWラドンチッチ(清水)C
前節合計59fp

代表戦2試合にモリゲが出ました。1戦目はスタメン、2戦目は途中出場とはいえ3バックのストッパー役。代表メンバーの中でも確実にウエイトが高まっていることが分かります。まぁ、相手が相手だったので、これ以上のレベル相手にモリゲがどこまでできるかは未知数ですが、このまま順調にブラジルには行って欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2013

13年シーズン降格ライン予想【修正版】

J1も残り10節となりました。折り返しから7ゲーム、大宮のベルデニック、柏のネルシーニョが相次いでチームを去るという不可解な監督交代劇などもあり(ネルシーニョはその後辞意を撤回しチームに戻ってくるというさらに不可解な動き)、終盤に向けてまだまだ波乱がありそうです。

さて、折り返し時点で降格予想をしましたが、ラスト10を控え多少修正せざるを得ない状況になってきました。それもこれも磐田のせいなのですが(苦)。磐田は関塚さんに交代してからも思うように勝ち点を伸ばすことができず、泥沼から抜け出せません。後半戦これまで7試合の勝ち点化率(獲得勝ち点/試合数×3)はわずかに14%。33%の湘南に抜かれ17位にひとつ順位を落としています。また、順位がすぐ上の鳥栖、甲府はそれぞれ62%、52%と高い回収率を示しており、その差は開く一方です。磐田と甲府との差は9にまで広がっており、残り試合数法則を適用すれば、ギリギリのところまで追い詰められているのです。特に前節の直接対決において引き分けたのが非常に大きい。3議席目は湘南と甲府+鳥栖の争いに移ってきたといってもいいぐらいです。ここに来て安田を獲得したようですが、ときすでに遅しか。

ボーダーの勝ち点を32にセットしました。この数字はステイにしておきます。湘南の勝ち点化率を最終節まで適用すると、最終勝ち点は30です。対する甲府は40。この10差をどこまで詰めきれるか。競り合えばボーダーは32~34ぐらいまでは伸びそうです。湘南で32まであと12=4勝ですよ。4勝/10試合です。不可能ではないにせよ、如何に困難なことかは分かると思います。磐田にいたっては16=5勝1分が必要になる計算です。対する甲府は2勝1分。大分戦と鳥栖戦をともにホームで残している。圧倒的に有利でしょう。広島に勝つだけの戦略性を持っているし、FWの補強も効いているし、JFKも一度経験しているから終盤のマネジメント力も上がっているはずだし、残留に死角はないように見えます(本当かなぁ)。

残りの対戦はというと、鳥栖がステークホルダーw4チームとの対戦全てを残しており、その意味でキャスティングボードを握るのは鳥栖になりそうです。当該4チームに少しでも勝ち点を与えると自らの立場を危うくします。他チームは鳥栖戦に絞って集中砲火を浴びせればひっくり返せるかもしれない。逆に鳥栖はもぐらたたきのように下位チームをたたくか最悪引き分けでもOKというわけです。

修正案として、降格は大分、磐田に当確を打って、湘南が三番手最有力としましょう。穴は鳥栖です(甲府は本当に大丈夫なんだろうか)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2013

七難八苦

天皇杯2回戦
FC東京1-0(EXT1-0)横河武蔵野FC

とかく北多摩ダービーは厄介だ。カテゴリーは2つ下、恥も外聞もなく守ってあわよくばセットプレーで得点、最悪PKまで持ち込みたい相手の戦法は先にご承知。先制点を取る以外方法はない。だからPK失敗したときには、昨年の悪夢が頭をよぎったのも事実。横河のGKが当たりに当たっていたし、DFも体を張ってとめていたし、あろうことか丸も相手のDFに参加していたのには驚いた(自爆するし)www。そんな状況にあっても、黙々と左からクロスを上げ続けたコースケはこのゲームの立役者だ。

攻め自体悪くはなかった。ヨネと秀人が最終ラインまで下がって、両翼を高く押し出すシステムをとりつつ、タイトな中盤を省略して最終ラインから敵の裏を狙うやり方は効果的だった。実際PKを取ったのは、抜け出したアーリアを相手が捉え切れずに引っ掛けたためだし、唯一の得点は継続してきたコースケのアーリーから生まれたものだ。早めに平山を入れて戦術変更したポポさんの采配も良かった。それでも、先制するのに105分もかかってしまったのは、やはり今年も横河の守備陣を誉めるしかないということなのだろう。

相手はアマチュアなのにという批判はごもっともだと思う。プロである以上1対1では負けてはならないし、そこで勝負して決めきるぐらいでなければ威張れるものではない。シュートが下手な東はもっと練習して欲しいと思う。平山もアマチュア相手に1点かよという感じだ(それ以前に千真だが)。今の東京には、こういった圧倒的な有無を言わさない強さがない。いわゆる格というものが不足している。格の違いを見せ付けられなかったところに不甲斐なさを感じてしまう。どんなに堅牢な守備ブロックをもパニックに陥れるような怒涛の攻めが早く見たいのだが、実際いつになることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2013

スター・トレック イントゥ・ダークネス

自分はいわゆるトレッキーではないので、若かりし日のカーク船長やミスター・スポックに特別の思い入れはない。トレッキーであれば、また別な見方であったり感想もあるのだろうけれど、一本の純粋なスペースSFアクションとしても安心してみていられる良作である。ただ、『パシフィック・リム』とあまり日を置かずに観たせいか、何か同じようなものを観た感覚に陥ってしまったのも確かなのだ。(ネタバレ)

Continue reading "スター・トレック イントゥ・ダークネス"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2013

ファンタジーサッカー2013 第24節レビュー

miniはスコアラー3人確保できたので平均的な点になりました。順位も若干上昇。Yahooのほうはスコアラーが千真だけで、しかも横浜、鹿島、名古屋ともに選手がミスチョイスだったためminiと同ポイントながら、こちらは若干順位を落としました。大宮の完封、打ち合い必至の桜と海豚がスコアレス。DFの予想は難しいです。掟がなければなぁ…は言わない約束。やはり、スコアラーを追っていった方が効率いいかもしれません。

【Yahoo】(Week19)
GK権田(東京)…9Fp
DFダニエル(名古屋)…7Fp
DF前野(鹿島)…3Fp
DF中澤佑(横浜)…3Fp
DF駒野(磐田)…4Fp
MF兵藤(横浜)…4Fp
MF土居(鹿島)…5Fp
MF小川(名古屋)…6Fp
FW渡邉千(東京)…11Fp
FW前田遼(磐田)…4Fp
FWケネディ(名古屋)…7Fp
合計63Fp 通算1379Fp
7731位/121359(↓219)

【mini】
GK権田(東京)…7fp
DF駒野(磐田)…4fp
DF栗原(横浜)…2fp
DF増川(名古屋)…11fp
DF山村(鹿島)…10fp
MF中村俊(横浜)…3fp
MF土居(鹿島)…3fp
MF小川(名古屋)…3fp
MF柿谷(C大阪)C…4fp
FW玉田(名古屋)…2fp
FW大迫(鹿島)…10fp
合計63fp 通算497fp
チーム時価 +400
52位/379 東日本リーグ

さて、裏大一番である磐田×甲府が1-1で終わりました。これは磐田にとって痛恨です。リーグ中断を利用して降格予想の修正版を近々出します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2013

先手必勝

広島1-2FC東京

BS録画での観戦だったけれど、江戸の敵を広島で打つってそんなまどろっこしいことせんでも江戸で勝てばいいのにというゲームだった。

今回の対戦もポポさんはミラーゲームを選択。互いに攻あぐむ展開は味スタで実証済み。これを打破したのは千真の狡猾さ。攻め込んで勝ち取った点でなくても一点は一点だ。この重みに広島は苦しむことになった。同点に追いついたのはCK。これもポゼッションには関係ない。そして決勝点は東京のカウンター。ボール保持率を上げて守りのブロックを崩して得点しようとするサッカーを否定するかのような得点経過は、双方がそういうサッカーを志向しているだけになおさら皮肉的だ。そして、広島は同点から逆転にもちこむことができなかった。これは昨年の総括で分析したとおり。データは嘘をつかない。

それにしても、モリゲが一番楽しそうだったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2013 | Main | October 2013 »