« 3年8ヶ月ぶり | Main | 遅れて来た北京組 »

July 15, 2013

学習効果

新潟0-3FC東京

この4連戦、引き分け間近で入れられて黒星、2点先制したにもかかわらずラスト10分で2点返されドローとくれば、ゲームマネジメントをちゃんとやらないと勝てないということが、監督含めて嫌というほどわかったはず、という期待を持って高いところからジッと観戦。アウェー側のバックスタンドだったが、周りはほぼアルビサポ。ちょっとした緊張感もありながら、開始3分のゴールには思わず拳を突き上げてしまったが、サッと引っ込めて、いや私は今日はニュートラルの観戦者ですからを装った。ゲーム開始から新潟は前目前目からボールを追ってきてこのゲームにかける意気込みもよくわかったのだが、なぜか開始10分間のどさくさに紛れて、あれよあれよという間に2点もらってしまい、こちらとすれば前節の持ち越し課題、浦和戦の復習をするのに絶好のシチュエーションになったので、思わず笑ってしまった。

G前でバタバタしたところもあり、あわやというシーンをいくつかつくられたものの、権ちゃんのファインセーブもありどうにかこうにか前半は0で抑えることができた。後半はさらに新潟の攻勢が強くなり、東京はほとんど我慢の時間。レフェリングが安定せず、両チームサポからブーイングが飛んでいたが、東京の方がカードをもらっており、それだけ新潟の出足が良かったということでもある。ヒーヒー言いながらなんとか凌いでいたが、このゲームではポポさんが珍しく早めに動いた。57分にヨネをヒョンスに、62分にはアーリアをルーカスに交代させた。特にルーカスはなかなか相手にしたら嫌らしいカードだなと思った。その意味は最後に来て結実したわけで、とても合理的な交代だった。そして80分には東に代えてナオを投入。これまた、終盤疲れているところでスピードタイプの選手投入は定石だし、実際DFとかけっこになった惜しいシーンも作り出せた。ポポさん、やれば出来るじゃん。

相手の攻撃陣の拙さにも助けられたけれど、泥臭く粘り強く0で守りきったことはひとつの成果だ。本当はもっとスマートに、相手をいなす感じでゲームを進めることができればいいのだけれど、今はこれが限界。このゲームに限って言えば、押し込まれた時のセカンドボールのキープの仕方が課題になろう。疲れているのでサポートの動きが落ちてしまうと、やはり蹴るだけになってしまう。相手も疲れているのだから、うまくパスワークでかわしながらポゼッションできれば、自分たちももっと楽できると思う。内容的にはすごくいいというわけではないが、しっかりチームの成長が感じられて、わざわざでばってきた甲斐があったというものだ。遠征もいつもこんなだといいのだけれどね。

さて、備忘録的にビッグスワン観戦について箇条書き。

・駐車場はチケット式で、事前にローソンなどで購入(1,000円)。

・新潟中央ICを出て右折後真っ直ぐ進み、スタジアムの手前角を右折すると第3駐車場。ゲーム開始2時間半前に着いたがほとんど並ばず入れることができた。遅くとも2時間前に入れたい。

・スタジアムの屋根は全面ではあるが、高さがあるため下層は雨が吹き込む率が高い。雨の日は上層が無難、何より見やすい。

・スタぐるはあまり回れなかったが、Eゲート前のフードコートのもち豚串焼きは美味しかった。

スタジアム周辺にお店はほとんどない。コンビニはセーブオンが1店。その近く(第3駐車場入口の反対側)に屋台の焼き鳥屋が店を出していた。結構美味しそうだった。

|

« 3年8ヶ月ぶり | Main | 遅れて来た北京組 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57796178

Listed below are links to weblogs that reference 学習効果:

« 3年8ヶ月ぶり | Main | 遅れて来た北京組 »