« ファンタジーサッカー2013 第14節 | Main | ファンタジーサッカー2013mini 第15節 »

July 07, 2013

噫々無情

FC東京0-1広島

サッカーの神様よ、たいした落ち度もなかったのにあの仕打ちはひどすぎる。見ているもの以上に選手たちがかわいそうだ。それにしても追い討ちをかけるようなG裏のブーイングには、試合結果以上に納得がいかなかった。そこまでひどい内容だったか? 昨年のリーグチャンピオンに対して堂々互角に渡り合った良いゲームだったと思う。カウンターは数える程。お互い攻守を交代しながら自分たちのスタイルを出し切った。その中で決定機は東京の方が多く作り出せていたと思う。特にタマだ(一人気を吐いていた。ザックの目にとまったらどうしよう)。放った3本のシュートのうちどれか一つでも決まっていたら…。いやそれは言うまい。それがサッカーなのだから。

ザックが見に来ていたらしいのだけれど、秀人はサブという状況をどう見ただろう。その代わり中盤の要をになったヨネは気持ちが先に行き過ぎていたきらいもある。代役のヒョンスは無難にこなしていたが、やはりつなぎ役としては今ひとつ(結局流動的になったときはあったものの明確に3-4-2-1にはならなかったな)。時間によってはタマが降りてきてボールを触ったりしてリズムを作っていた。我慢の時間になんとか相手の攻撃を水際で防げたのは収穫だ。あれだけミキッチを好き勝手にさせても最後はやらせなかった。

なぜ負けたかといえば、それはくじ引きのようなものだったかもしれないけれど、やっぱりもう少しポポさんには先手を打って欲しかった。まずまずうまくいっていたので選手交代でバランスを崩したくなかったのはなんとなく理解はするのだけれど、最後のカウンターのチャンスでルーコンがネマなりに代わっていてボールに届いていたらとか、どうして妄想してしまうのも確か。東もアーリアも終盤疲れて消えていたし、武藤を出してくれるのは嬉しいけれど、ゲームを決めるという視点からするといい選択だったのかどうか。

ピッチ、ベンチ一体となってこういった拮抗したゲームを確実に勝ち取っていくことが優勝へ向けての必須条件なわけで、まだまだ今年はそこまで行ってないということがこの一戦ではっきりした。観る側にしても、そこを基準として評価するにはいまいち力不足。ブーイングは選手にも気の毒。ここは奮起を促す力強いコールであったべき。次は難敵アウェーの浦和。後方支援はほとんどないが、気持ちで負けて欲しくない。めげずに前へ。

|

« ファンタジーサッカー2013 第14節 | Main | ファンタジーサッカー2013mini 第15節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57741037

Listed below are links to weblogs that reference 噫々無情:

« ファンタジーサッカー2013 第14節 | Main | ファンタジーサッカー2013mini 第15節 »