« 季節の変わり目 | Main | ファンタジーサッカー2013 第14節 »

June 24, 2013

コンフェデ総括

・アジア最強も世界ではなんとか20位レベルというのがはっきりした。メディアはそのことを無意識的に意識して、イタリア戦善戦惜敗の論調を作り出した。しかし、ようやくメキシコ戦で選手もメディアも目が覚めた(と思いたい)。

・ザックの監督力(基本戦術、それを基にした選手選好、ゲーム中の選手交代)には改めて疑問を呈する。失点の時間帯やセットプレーでの守備など、大会中での修正も全く出来なかった。

・戦えるレベルに達している選手が少なすぎる。W杯のスケジュールをこなすだけの戦力は現時点で整っていない。これは戦術との兼ね合いもあるので、呼んでいない選手の中にいるのか、すでに枯渇しているのかはよくわからない。

まぁ、いずれにしても協会は早いタイミングでザックに追試を行うべきだね。なるべくレベルの高い相手で。そこでダメだったら首をすげ替えるしかない。

|

« 季節の変わり目 | Main | ファンタジーサッカー2013 第14節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57653313

Listed below are links to weblogs that reference コンフェデ総括:

« 季節の変わり目 | Main | ファンタジーサッカー2013 第14節 »