« ファンタジーサッカー2013 第10節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2013 第11節レビュー »

May 12, 2013

自業自得

湘南3‐2FC東京

ファンサカの締切を失念していてminiもYAHOO!もグダグダなことに朝気づき、とても投げやりな気分になったのだけれど、夕刻に再びそんな気分にさせられるとはゆめゆめ思いもしなかった。今季初のKENNY's観戦も、店内の雰囲気は天気と同じく湿り気味だった。

1点先制されても、この戦力差であれば逆転は全く問題ないと思っていたし、実際ひっくり返すところまでは行ったわけで、こんな結果は全く不当というもの。どうやったらこうなるの?というあきれ果てた一戦だった。雨中駆けつけた支援者に侘びを入れてしかるべき内容だろう。スリップした秀人にしてもボールロストしたアーリアにしても、当人の不注意の部分が大きいことは確かなのだけれど、一方のパスの出し手にはそこまでのリスク意識があったのか。そして、こういったリスクをチーム全体で共有し意識づけることをしっかりしていたのか。オイラはあえてソコを問いたい。

1点目、せっかくルーコンが高山の持ち上げりについて行ったのに、肝心のゴール前でマークを放してしまった。もったいない失点。2失点目も3失点目も相手が近くに寄っていたところにボールが出てミスしてボールロストしたことが問題の本質だとすれば、出し手がもっと注意深くするべきだったろうし、奪われた時のカバーリングが遅れるのも、そこまでを意識していなかったからに他ならない。つまり、相手はバックラインには来ないだろうぐらいの思い込みがなかったかということ。そして、その思い込みのもとに周囲をあまり確認せずにみなしのプレーをした結果ではなかったか。また、2本のパスともプレーヤーに対してちょっとだけズレていたように思う。そういったデリケートな部分も欠けていた。そもそも、アーリアのボランチは怖くて仕方ないのだが、その不安が現実になった1失点ということだ。また、秀人も最近の不調の積み重ねがついに失点という形になってしまったなということで、これまた残念で仕方ない(3点目の出し手が秀人だったから余計始末に悪いな)。

さて、一番の問題はポポさんだ。先制され追いつくために3‐4‐2‐1のミラーシステムにシフトしたまでは良かったけれど、逆転したところで4-4-1-1に戻すことができたはずなのにそれをしなかった。もっといえば、不調の秀人を休ませるという選択だってあった。ポポさんは先発メンバーの顔ぶれをなかなか変えない。多少の好不調はゲームの中でも出てくるのは仕方ないが、それが失点に直結するようだとちょっと問題は大きい。実はヨネもこのゲームに関して言えば結構空回っていた。キレがなかった。怪我明けで連戦とあれば、コンディション的に難しい部分があるのではないかと疑心暗鬼にもなろうというもの。ケガの再発だけは勘弁願いたい。

いずれにしても、下位に沈むチームからアウェーであろうと確実に勝ち点3が取れないようなチームに優勝を語る資格はない。とにかく今季はなるべく早く勝ち点40を取るという現実的な目標に対して邁進してくれればそれでいい。ほんとに、なんか投げやりになってくる一戦だった。

(一番の気がかりは、湘南ビールが完売したかどうかなんだが)

|

« ファンタジーサッカー2013 第10節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2013 第11節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57369370

Listed below are links to weblogs that reference 自業自得:

« ファンタジーサッカー2013 第10節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2013 第11節レビュー »