« ファンタジーサッカー2013 第12節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第12節レビュー »

May 19, 2013

精励恪勤

FC東京2‐0清水

ゴールが決まった瞬間思わず天を仰いだ秀人に、ちょっと感動した。なかなか調子が上がらず、湘南戦では致命的な失点2つに絡んでしまい、捲土重来を期して臨んだ新潟戦では、前へ出ていく意欲は強かったものの、肝心のフィニッシュが決まらなかった。そして迎えた清水戦だったわけだ。シュート自体はなんの変哲もないゴロシュート。ところがDFの股の間から飛び出してきたので、GKも一瞬反応できず自分の股の下も通してしまった。そのままボールはコロコロとゴールマウスの中へ。なんか、サッカーの神様が頑張っている秀人に、じゃあここらで一つ埋め合わせでもしてやるかって気を利かせてくれたような点だった。このゲームでも秀人のパスミスは多かった。致命的なものはなかったにせよ、プレー自体は安定しない。ただ、このゲームでも点に絡みたいという気持ちは強く感じられた。ボランチであろうと、常にゴールを狙うということは大事な話で、パスだけ回しているだけでは存在意義は希薄になるだけ。ヨネのようにあれだけの狩る能力があればそれはそれだけれど、秀人にはプレーの精度と前への意識がもっと必要だ。今の状態で代表に呼ばれることはないだろうから、また一から精進することだな。

久々の完封勝利は価値があると思うのだが、相手のこともあり手放しでは喜べない。やはり、上位陣相手に完封しないと。その清水について少々。失礼ながらバレー、村松以外にそれなりに名の通った選手がおらず、この若いチームを率いて一から作り直しているゴトビには同情申し上げる。すべては貧乏が悪いんじゃという感じなんだろうか。東京の2点目は、本当に弱り目に祟り目で、まぁ、周囲をよく見ていなかった林が悪いんだけれど、あれだけ綺麗に胸に当ってしまうと笑うしかなかった。バレー頼みの攻撃も、危ないシーンは作られたがそれしかないと言ってもいいぐらい手がない。それでもなんとかやっているのは、やはりゴトビは大した指導者なのだろうなと思う。

|

« ファンタジーサッカー2013 第12節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第12節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57417846

Listed below are links to weblogs that reference 精励恪勤:

« ファンタジーサッカー2013 第12節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第12節レビュー »