« ファンタジーサッカー2013 第10節 | Main | スキャナーズ »

May 07, 2013

安心立命

FC東京2-2磐田

中2日では流石に100%のパフォーマンスを要求するのは難しいか。実際、ヨネや東、ルーコンは相当疲れていた。まぁ、良くやったと言うしかない。ポポさんは結構先発を引っ張った上で、ナオ、チュンソン、平山を投入したわけだが、後半頭からという手はなかったか。同点に追いつけたのは投入した3人によるもので、その意味でポポ采配的中ではあるのだけれど、2-0というスコアで折り返したことを勘案すると、もうちょっと早く動いても(頭からスタメン変更しても)良かったんじゃないか、そうすれば逆転までいけたんじゃなかったかなんて思ったりもするのだ。

また、失点の仕方がいただけない。CKからこともあろうに伊野波の野郎をフリーにしてしまうなんてどうかしてるぜ。真横に立ってたのは徳さんだったな。2点目はクイックなスローインから駒野にフリーで上げさせたことが最大の原因。去年のホームでも駒野をフリーにして仕事をさせてしまったことがあって、まったく過去の失敗が活かされていないのが実に口惜しい。学習しないのかね、彼らは。困ったものだ。確かにそのクロスをトラップ一発で収めてDFの間隙を縫った小林の技術も誉めるべきだとは思うけれど、それにしても出所を押さえるという簡単なことが出来ないようでは、相変わらずこのあとも失点は続くのだろうなと覚悟せざるを得ない。

後半は、その駒野対策もあってのことだろうけれど、左サイドが活性化して、終盤それが得点に結びついたのも怪我の功名というべきか。2点とも磐田のDFラインを完全に押し込んで、ゴールライン側からのマイナスクロスだった。以前にも書いたが、守備スペースを消してしまえば、日ごろの練習の成果も現れるというもの。これが前半から出来ているとここまで苦労はしないのだが。前半も右サイドでそんな雰囲気は作れていたのだけれど、互いにスタミナが残っている時間帯では難しかった。

2失点して折り返すとき、1点入りさえすれば流れは完全に変わるのだがと思っていて、事実そのとおりになった。技術の高い磐田がなぜ今シーズンここまで低迷しているのか、その理由が分からなかったのだが、今回実際に見てなるほどと理解したのは、ゲームを90分維持できるメンタルスタミナが不足しているということなのだろう。相手の攻勢を受けても下がらない精神的な強さが足りない。終盤東京の攻撃を正面から受けてしまい、ラインはズルズル後退(大宮は後半も相当ラインを高く維持し続けていた。あの辺が今季絶好調の証なのだろう)、最後は足が止まり、ナオにシュートスペースを与え、チュンソンをG前でフリーにしてしまった。それ以前にも兆候はあって、75分ごろだったか、磐田が東京陣内に攻め込んで行ったとき、コーナー付近でキープするような仕草を見せた。いくら勝てていないからといって、まだ残りも大分あるのに早くも時間稼ぎか、と思ったものだ。完全にマインドがネガに入ってしまっているようなのだ。思い返せば、我が軍もかつてこんなメンタル状態に追い込まれた事は幾度となくあった。そして、そこから何度となく帰還したが、ついぞ2010年だけは戻ってこなかった。どんなきっかけで立ち直ったかはあまり記憶もないが、やはり磐田の不調はチーム全体のメンタルコンディションの問題が大きいように感じた。この苦境を脱するには、やはり結果を気にせず、とにかくやるべきことをやりとおすしかないんじゃなかろうか。結果がついてこなかったら、そのときはそのとき。

|

« ファンタジーサッカー2013 第10節 | Main | スキャナーズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57333811

Listed below are links to weblogs that reference 安心立命:

« ファンタジーサッカー2013 第10節 | Main | スキャナーズ »