« April 2013 | Main | June 2013 »

May 2013

May 30, 2013

ファンタジーサッカー2013 第13節レビュー

自分の予想の斜め上を行くのが現実だということを実感いたしました。Yahooの東京居残りは予算上致し方なかった部分もありますが、それでも組みなおす努力はしないといけませんね。やはり面倒くさがっていてはポイントは伸びません。スコアラーのポイントも大きかったんでちょっともったいなかった。東京を外せたminiはその意味でポイントが伸びたのは、まぁ考え方は間違っていないということの証明でもあるんでしょうけどね。

【Yahoo】
GK権田(東京)…3Fp
DF菊池(大宮)…16Fp
DF森重(東京)…0Fp
DF千葉(広島)…10Fp
DF徳永(東京)…2Fp
MF石毛(清水)…4Fp
MF大谷(柏)…-1Fp
MF高萩(広島)…21Fp
FWノヴァコヴィッチ(大宮)…19Fp
FWクレオ(柏)…1Fp
FWルーカス(東京)…5Fp
合計80Fp 通算860Fp
9707位/119779(↓159)

【mini】
GK権田(東京)…1fp
DF塩谷(広島)…10fp
DFイ キジェ…9fp
DF今井(大宮)…5fp
DFパク ヒョンジン(広島)…5fp
MF金澤(大宮)…6fp
MF中村憲(川崎)…4fp
MF高萩(広島)…12fp
FW石原(広島)C…8fp
FW渡邉千(東京)…11fp
FWノヴァコヴィッチ(大宮)…13fp
合計92fp 通算356fp
チーム時価 +6770
100位/281 関東リーグ

しばらくファンサカもお休みです。J2は中断期間中もやっているんで、近場は見に行こうかなと思ったんですが、あまりいいカードがない。どうも東がトップ下でデビューしそうなんで、大人しく代表の動向でも見守りましょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2013

協力店訪問

協力店訪問

うちのマンションの向かいにある、いつも使っているクリーニング屋さんがFC東京の協力店で、26日に石川選手と吉本選手が来るという話で、お店のお母さんと待ち受けてたら、ナオと野澤ヒデがやってきました。18と34をゲット\(^o^)/。ナオに足のことを聞いたらもうちょっとかかるらしい。写真を一緒に撮ってもらったんで、もしかしたら青赤通信とかに載るかもね。

昨日は久々に三峰に飛びに行っていたのでカシマの様子は全く知りませんが、この中断でさらなる進化を期待したいものだし、ナオや野澤がこれまでのチームに足りなかったものをもたらしてくれることを望んでやみません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2013

ファンタジーサッカー2013 第13節

中断前のラストゲームです。広島を軸にしたいのですが、いかんせんコストがかかりすぎて自由な編成が出来ません。寿人なんて夢のまた夢。大宮は好調とはいえ甲府相手に一抹の不安があります。むしろ清水の方が良いかもしれない。根拠はあまり無いですが。我が軍の起用についてはYahooはコスト的理由が大きいです。鬼門のカシマでナビスコの再現は難しいと思いますが、一縷の望みを託します。Yahooの前3人は前節のまま。miniのほうは石原にCマーク付けてみました。どちらかというとminiの方が実験的になってきた感じがします。ただ、思いっきり実験というところまで行かないのが意気地なし。Yahooは前節から9人がそのまま。それでもPpはトータルすると122.93と随分お得になっています。お得だから良いポイントを出せるとも限りませんがね。

【Yahoo】
GK権田(東京)
DF千葉(広島)
DF菊池(大宮)
DF森重(東京)
DF徳永(東京)
MF石毛(清水)
MF大谷(柏)
MF高萩(広島)
FWノヴァコヴィッチ(大宮)
FWクレオ(柏)
FWルーカス(東京)
勝負チーム:東京

【mini】
GK権田(東京)
DFイ キジェ(清水)
DF塩谷(広島)
DF今井(大宮)
DFパク ヒョンジン(広島)
MF金澤(大宮)
MF中村憲(川崎)
MF高萩(広島)
FW石原(広島)C
FW渡邉千(東京)
FWノヴァコヴィッチ(大宮)
前節合計77fp

ところで、W杯出場を決める大一番に向かって代表メンバーが発表されましたが、その中で東が選ばれたのは、秀人がまた選出されたのと同じぐらいのサプライズ。さらに、ザックが本田のバックアップとして東を招集したという話で二度ビックリ。ほんまかいな。クロップがドルトムントで泣いてるぜ。
チュンソンは落選。まだまだアピール不足というところか(スタメンレギュラーが確約されていない今のチーム状況で、ほんとに完全移籍するんかいな?)。今回柏の工藤が選ばれたんで、代表におけるスーパーサブ的ストライカー需要はまだあるとは思うけど、ザックがコンフェデを睨んでそろそろチームを堅めに入っているので、残された時間はそれほど多くは無いと思うよ。東は桜組三銃士と比べるとフィニッシュが弱いよなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2013

ファンタジーサッカー2013 第12節レビュー

ポイントは両方ともまずまずではありますが、我が軍が完勝した割には伸び悩み。特にminiは新潟がげんいん足を引っ張りました(レオシルバと大井で行って来いがちょっと悲しい)。今節は寿人、カッキー辺りが大正解でした。良く使っている選手でも、当たりの節にエントリーしないと意味無いですねぇ。新潟を入れなかったYahooの方が少し高めに出ました。完封チームのDFも完パケじゃないと威力半減なんですが、どこまでリスクヘッジするかですよね。意気地が無い。

【Yahoo】
GK権田(東京)…14Fp
DF菊池(大宮)…5Fp
DF森重(東京)…12Fp
DF岩政(鹿島)…5Fp
DF徳永(東京)…11Fp
MF大谷(柏)…5Fp
MF高萩(広島)…5Fp
MF東(東京)…8Fp
FWノヴァコヴィッチ(大宮)…7Fp
FWクレオ(柏)…5Fp
FWルーカス(東京)…18Fp
合計95Fp 通算780Fp
9548位/119604(↑1042)

【mini】
GK権田(東京)…10fp
DF大井(新潟)…0fp
DF徳永(東京)…10fp
DF太田宏(東京)…9fp
DF塩谷(広島)…5fp
MF成岡(新潟)…4fp
MF東(東京)…8fp
MFレオシルバ(新潟)…10fp
FW渡邉千(東京)C…6fp
FWノヴァコヴィッチ(大宮)…6fp
FWクレオ(柏)…3fp
合計77fp 通算264fp
チーム時価 +4340
131位/281 関東リーグ

さて、磐田の新監督に関塚さんの就任が決まりました。どうなんでしょう。オイラの見立てが正しければ、メンタルアップにはそこそこ適任と思われるのですが、一方で戦術的にカオス化する危険性も孕んでいると思うので、今の空転状態から抜け出せないと、そのままズブズブ行きそうな予感もします。磐田のJ2てぇのも何か渋いよねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2013

精励恪勤

FC東京2‐0清水

ゴールが決まった瞬間思わず天を仰いだ秀人に、ちょっと感動した。なかなか調子が上がらず、湘南戦では致命的な失点2つに絡んでしまい、捲土重来を期して臨んだ新潟戦では、前へ出ていく意欲は強かったものの、肝心のフィニッシュが決まらなかった。そして迎えた清水戦だったわけだ。シュート自体はなんの変哲もないゴロシュート。ところがDFの股の間から飛び出してきたので、GKも一瞬反応できず自分の股の下も通してしまった。そのままボールはコロコロとゴールマウスの中へ。なんか、サッカーの神様が頑張っている秀人に、じゃあここらで一つ埋め合わせでもしてやるかって気を利かせてくれたような点だった。このゲームでも秀人のパスミスは多かった。致命的なものはなかったにせよ、プレー自体は安定しない。ただ、このゲームでも点に絡みたいという気持ちは強く感じられた。ボランチであろうと、常にゴールを狙うということは大事な話で、パスだけ回しているだけでは存在意義は希薄になるだけ。ヨネのようにあれだけの狩る能力があればそれはそれだけれど、秀人にはプレーの精度と前への意識がもっと必要だ。今の状態で代表に呼ばれることはないだろうから、また一から精進することだな。

久々の完封勝利は価値があると思うのだが、相手のこともあり手放しでは喜べない。やはり、上位陣相手に完封しないと。その清水について少々。失礼ながらバレー、村松以外にそれなりに名の通った選手がおらず、この若いチームを率いて一から作り直しているゴトビには同情申し上げる。すべては貧乏が悪いんじゃという感じなんだろうか。東京の2点目は、本当に弱り目に祟り目で、まぁ、周囲をよく見ていなかった林が悪いんだけれど、あれだけ綺麗に胸に当ってしまうと笑うしかなかった。バレー頼みの攻撃も、危ないシーンは作られたがそれしかないと言ってもいいぐらい手がない。それでもなんとかやっているのは、やはりゴトビは大した指導者なのだろうなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2013

ファンタジーサッカー2013 第12節

今回は大丈夫ですよ。エントリー間に合いました。とはいえ今節も我が軍中心ではあります。中立的に見れば、大宮、浦和、鹿島あたりが本線でしょう。横浜は仙台とは意外と分が悪くて、ホームで1勝しか出来ていません。新潟は水曜日にこの眼で見ましたけど、面子は少し落としてましたが結構いいサッカーしてるんですよ。川又って言う決められるFWも出てきたし、あのゲームがコンスタントに出来れば昨年のようなことにはならないでしょうね。

【Yahoo】
GK権田(東京)
DF菊池(大宮)
DF森重(東京)
DF岩政(鹿島)
DF徳永(東京)
MF大谷(柏)
MF高萩(広島)
MF東(東京)
FWノヴァコヴィッチ(大宮)
FWクレオ(柏)
FWルーカス(東京)
勝負チーム:東京

【mini】
GK権田(東京)
DF大井(新潟)
DF徳永(東京)
DF太田宏(東京)
DF塩谷(広島)
MF成岡(新潟)
MF東(東京)
MFレオシルバ(新潟)
FW渡邉千(東京)C
FWノヴァコヴィッチ(大宮)
FWクレオ(柏)
前節合計69fp

ところで、陽平が日本に戻ってきたようですね。そこそこやれる自信は得たみたいですが、まだまだ全然スタートラインにもついていないといった印象ですよ。来季どこでプレーするか、プレーできるかは重要です。パナじゃだめだと思う。助っ人として求められるのはゲームを決められる能力です。ゴールはもちろんアシストなど攻撃にどれだけ貢献できるかということ。とにかく早いとこゴールを決めないことには話にならない。ブンデスの昇格チームあたりでスタメンレギュラーとって、点やアシストバンバン決めてのし上がってくみたいな絵の方が良いと思うのだがなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2013

機知縦横

FC東京2-1新潟

Jリーグの成人式的ゲームというにはちょっと観客数が寂しかったけれど、中身はそれなりに充実していて、J20年の蓄積を感じさせる一戦だったのではなかろうか。序盤はアウェーの新潟も高い位置から果敢にプレスをかけてきて、攻守が入れ替わるめまぐるしい展開。互いに陣形をコンパクトに保ちつつファイトする好ゲームだった。

モリゲ、ヨネ、千真はベンチ、ルーコンはベンチにも入らず。連戦で疲れが溜まってきているはずで、リーグ戦でもこれぐらいの入れ替えはあっても良いと思う。東やアーリアなんかも疲れ気味に見えたし、ポポさんには粋のいい若手を使ってチーム全体の底上げをして欲しい。

その象徴が‘タマ’こと三田啓貴。プロ初ゴールを決め、トーナメントに進めていればニューヒーロー賞だって狙えただろう。76分に東と交代で入ると、すぐさま中盤を掌握、勝ち越しゴールを決めてしまうのは、やはり‘持っている’としか言いようがない。ボランチの位置まで降りてボールを引き出しつつ、チャンスと見るや飛び出していったり、サイドに張って待ったりと、プレイ領域は結構広い。アーリアの怪我は心配だけれど、彼のリタイヤでソータンがボランチに入ることでタマが前目のポジションを取れたわけで、それこそ怪我の功名というもの。タマ自身はU-18時代はボランチをやっていたし、底に入ることもあるのだけれど、やはり前の方が彼の力を上手く引き出せると思う。

若手に負けず気を吐いたのはナオだった。いや、あのゴールは好調時のナオだ。そうとうコンディションは戻ってきていると見ていい。あの迷いのない足の振り切りと低い弾道こそ、シューターとしての彼の本領だ。東もよく中を見てたなと感心したが、あのクロスをダイレクトで打てる能力は東京にとってかけがえのない財産だ。タマのゴールも徳の折り返しをダイレクトで打ち抜いたもの。センスとスキルの高さを感じる。似たようなシチュエーションで秀人は決められなかったのも、タマの非凡さを引き立たせるのであった。

その秀人は、前節湘南戦の失態を挽回するかのように、積極的に前へ出てシュートを狙っていた。その気持ちは良しとしよう。しかし、「結果が全てなのでな」ともいいたくなってしまうのは少々酷だろうか。ピッチにいるたった90分間ぐらい集中切らさずにやって欲しいものだ。ソータンは緊急事態にもかかわらず、ボランチをまぁまぁそこそここなしていたが、やはり心もとない。スペースを埋めることぐらいがせいぜいで、それ以上となるとちょっと難しい。今後はボランチのバックアップには是非タマをお願いしたいものだ。

さて、ナビスコ杯はこれで1stステージ敗退が決定した。とにかく名古屋と大分に引き分けたのが響いた。特に名古屋戦はPKもらって‘どうぞどうぞ’になったにもかかわらず、決めることが出来なかったからな。勝利に対する貪欲さがまだ足りないということなのだろう。湘南戦でもそうだけれど、勝つためには、やるべきことをやり続けるだけではだめだ。細心の注意を払い、場合によってはリスクを回避するために普段と異なる判断をしなければいけないときもあるはず。そこはピッチの中にいる選手自身の問題だ。勝負へのこだわり。東京がこれから上を目指すうえで重要になってくるポイントだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2013

ファンタジーサッカー2013 第11節レビュー

金曜日にちょっとゴタゴタしていて、Yahooのほうは土曜の午前にやればいいかと思って放っておいたんですよ。ところが土曜日ページを開けてみるとすでに締め切られていて、やっちまったぁーと。もしやと思ってminiのほうを見たら、こっちは2人選べてない状態のままクローズド。随分ファンサカやってきましたが、こんなポカは初めてです。まぁ、いずれにしても我が軍を軸においてしまっていたから(もうひとつは広島にしたかった)、ちゃんとエントリーできたとしてもポイントがどうなっていたかは分かりませんがね(虐w。そんなわけで今節はボロボロです(でもminiは2人少ない今節の方が前10節よりポイントが高いというwwwあほかぁ)。

【Yahoo】※10節のまま
GK権田(東京)…2Fp
DFイ キジェ(清水)…19Fp
DF岩政(鹿島)…0Fp
DF前野(鹿島)…0Fp
DF徳永(東京)…5Fp
MF遠藤康(鹿島)…0Fp
MF長谷川ア(東京)…5Fp
MF東(東京)…3Fp
FWダヴィ(鹿島)…1Fp
MFクレオ(柏)…5Fp
FWルーカス(東京)…3Fp
合計43Fp 通算685Fp
10590位/119430(↓1334)

【mini】
GK権田(東京)…1fp
DF徳永(東京)…2fp
DF森重(東京)…1fp
DF太田宏(東京)…9fp
DF塩谷(広島)…13fp
MF長谷川ア(東京)…4fp
MF米本(東京)…4fp
MF東(東京)…3fp
FW渡邉千(東京)C…7fp
FW
FW
合計51fp 通算633fp
チーム時価 +620
138位/281 関東リーグ

さて、ナビスコは1stステージ敗退が決まりました。中身についてはまた後ほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2013

自業自得

湘南3‐2FC東京

ファンサカの締切を失念していてminiもYAHOO!もグダグダなことに朝気づき、とても投げやりな気分になったのだけれど、夕刻に再びそんな気分にさせられるとはゆめゆめ思いもしなかった。今季初のKENNY's観戦も、店内の雰囲気は天気と同じく湿り気味だった。

1点先制されても、この戦力差であれば逆転は全く問題ないと思っていたし、実際ひっくり返すところまでは行ったわけで、こんな結果は全く不当というもの。どうやったらこうなるの?というあきれ果てた一戦だった。雨中駆けつけた支援者に侘びを入れてしかるべき内容だろう。スリップした秀人にしてもボールロストしたアーリアにしても、当人の不注意の部分が大きいことは確かなのだけれど、一方のパスの出し手にはそこまでのリスク意識があったのか。そして、こういったリスクをチーム全体で共有し意識づけることをしっかりしていたのか。オイラはあえてソコを問いたい。

1点目、せっかくルーコンが高山の持ち上げりについて行ったのに、肝心のゴール前でマークを放してしまった。もったいない失点。2失点目も3失点目も相手が近くに寄っていたところにボールが出てミスしてボールロストしたことが問題の本質だとすれば、出し手がもっと注意深くするべきだったろうし、奪われた時のカバーリングが遅れるのも、そこまでを意識していなかったからに他ならない。つまり、相手はバックラインには来ないだろうぐらいの思い込みがなかったかということ。そして、その思い込みのもとに周囲をあまり確認せずにみなしのプレーをした結果ではなかったか。また、2本のパスともプレーヤーに対してちょっとだけズレていたように思う。そういったデリケートな部分も欠けていた。そもそも、アーリアのボランチは怖くて仕方ないのだが、その不安が現実になった1失点ということだ。また、秀人も最近の不調の積み重ねがついに失点という形になってしまったなということで、これまた残念で仕方ない(3点目の出し手が秀人だったから余計始末に悪いな)。

さて、一番の問題はポポさんだ。先制され追いつくために3‐4‐2‐1のミラーシステムにシフトしたまでは良かったけれど、逆転したところで4-4-1-1に戻すことができたはずなのにそれをしなかった。もっといえば、不調の秀人を休ませるという選択だってあった。ポポさんは先発メンバーの顔ぶれをなかなか変えない。多少の好不調はゲームの中でも出てくるのは仕方ないが、それが失点に直結するようだとちょっと問題は大きい。実はヨネもこのゲームに関して言えば結構空回っていた。キレがなかった。怪我明けで連戦とあれば、コンディション的に難しい部分があるのではないかと疑心暗鬼にもなろうというもの。ケガの再発だけは勘弁願いたい。

いずれにしても、下位に沈むチームからアウェーであろうと確実に勝ち点3が取れないようなチームに優勝を語る資格はない。とにかく今季はなるべく早く勝ち点40を取るという現実的な目標に対して邁進してくれればそれでいい。ほんとに、なんか投げやりになってくる一戦だった。

(一番の気がかりは、湘南ビールが完売したかどうかなんだが)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2013

ファンタジーサッカー2013 第10節レビュー

鹿島はよかったですが、肝心の我が軍があれではどうにもなりませんでした。名古屋もホームで惨敗。ACLとの日程差を勘案しても、ちょっと酷すぎた。広島も浦和もだらしない。0点ゲームが2つで、鹿島の後ろもそれほど高くないので、スコアラーをピンポイントで多く当ててないと、今節はポイントは伸びないでしょう。ある意味難しい節だったと思います(と言って自分を慰めてみる)。

【Yahoo】
GK権田(東京)…3Fp
DFイ キジェ(清水)…1Fp
DF岩政(鹿島)…7Fp
DF前野(鹿島)…8Fp
DF徳永(東京)…2Fp
MF遠藤康(鹿島)…4Fp
MF長谷川ア(東京)…6Fp
MF東(東京)…3Fp
FWダヴィ(鹿島)…12Fp
MFクレオ(柏)…14Fp
FWルーカス(東京)…3Fp
合計63Fp 通算642Fp
9256位/119212(↓117)

【mini】
GK権田(東京)…3fp
DF徳永(東京)…3fp
DF岩政(鹿島)…7fp
DF太田宏(東京)…6fp
DF前野(鹿島)…7fp
MF小笠原(鹿島)…7fp
MF柿谷(C大阪)…2fp
MF米本(東京)…4fp
MF東(東京)…2fp
FW渡邉千(東京)C…2fp
FWケネディ(名古屋)…3fp
合計48fp 通算fp
チーム時価 +380
111位/281 関東リーグ

閑話休題、ACLの1stステージが終了しました。既報の通り、Jからは柏だけがノックアウトラウンドに進みます。ベガッタも勝てば残れるのに、ブリラムですらホームで勝てている江蘇舜天に負けるなんてホント情けない。広島なんか、なんらかペナルティを与えてもいいぐらいだと思いますよ。柏には絶対決勝まで行ってもらって、Jのプレゼンスを世界に対してアピールして欲しいものです。頑張れ太陽王。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2013

スキャナーズ

新宿武蔵野館でリバイバル上映。5/1のレイトショーで1000円ということもあってか満員の大盛況。制作年度は1981年。流石に32年前の作品だけに、今日自主制作映画でもこれぐらいは撮れるぞ的なチープ感、レトロ臭が充満した映像ではあるが、そこに映し出されるテーマや演出、様々なアイディアは当時からすると相当進んでいたものばかりだ。その先取り感を確認するだけでも十分楽しめるSFホラー映画である。(ネタバレ)

Continue reading "スキャナーズ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2013

安心立命

FC東京2-2磐田

中2日では流石に100%のパフォーマンスを要求するのは難しいか。実際、ヨネや東、ルーコンは相当疲れていた。まぁ、良くやったと言うしかない。ポポさんは結構先発を引っ張った上で、ナオ、チュンソン、平山を投入したわけだが、後半頭からという手はなかったか。同点に追いつけたのは投入した3人によるもので、その意味でポポ采配的中ではあるのだけれど、2-0というスコアで折り返したことを勘案すると、もうちょっと早く動いても(頭からスタメン変更しても)良かったんじゃないか、そうすれば逆転までいけたんじゃなかったかなんて思ったりもするのだ。

また、失点の仕方がいただけない。CKからこともあろうに伊野波の野郎をフリーにしてしまうなんてどうかしてるぜ。真横に立ってたのは徳さんだったな。2点目はクイックなスローインから駒野にフリーで上げさせたことが最大の原因。去年のホームでも駒野をフリーにして仕事をさせてしまったことがあって、まったく過去の失敗が活かされていないのが実に口惜しい。学習しないのかね、彼らは。困ったものだ。確かにそのクロスをトラップ一発で収めてDFの間隙を縫った小林の技術も誉めるべきだとは思うけれど、それにしても出所を押さえるという簡単なことが出来ないようでは、相変わらずこのあとも失点は続くのだろうなと覚悟せざるを得ない。

後半は、その駒野対策もあってのことだろうけれど、左サイドが活性化して、終盤それが得点に結びついたのも怪我の功名というべきか。2点とも磐田のDFラインを完全に押し込んで、ゴールライン側からのマイナスクロスだった。以前にも書いたが、守備スペースを消してしまえば、日ごろの練習の成果も現れるというもの。これが前半から出来ているとここまで苦労はしないのだが。前半も右サイドでそんな雰囲気は作れていたのだけれど、互いにスタミナが残っている時間帯では難しかった。

2失点して折り返すとき、1点入りさえすれば流れは完全に変わるのだがと思っていて、事実そのとおりになった。技術の高い磐田がなぜ今シーズンここまで低迷しているのか、その理由が分からなかったのだが、今回実際に見てなるほどと理解したのは、ゲームを90分維持できるメンタルスタミナが不足しているということなのだろう。相手の攻勢を受けても下がらない精神的な強さが足りない。終盤東京の攻撃を正面から受けてしまい、ラインはズルズル後退(大宮は後半も相当ラインを高く維持し続けていた。あの辺が今季絶好調の証なのだろう)、最後は足が止まり、ナオにシュートスペースを与え、チュンソンをG前でフリーにしてしまった。それ以前にも兆候はあって、75分ごろだったか、磐田が東京陣内に攻め込んで行ったとき、コーナー付近でキープするような仕草を見せた。いくら勝てていないからといって、まだ残りも大分あるのに早くも時間稼ぎか、と思ったものだ。完全にマインドがネガに入ってしまっているようなのだ。思い返せば、我が軍もかつてこんなメンタル状態に追い込まれた事は幾度となくあった。そして、そこから何度となく帰還したが、ついぞ2010年だけは戻ってこなかった。どんなきっかけで立ち直ったかはあまり記憶もないが、やはり磐田の不調はチーム全体のメンタルコンディションの問題が大きいように感じた。この苦境を脱するには、やはり結果を気にせず、とにかくやるべきことをやりとおすしかないんじゃなかろうか。結果がついてこなかったら、そのときはそのとき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2013

ファンタジーサッカー2013 第10節

miniの9節は88fpで71位/281と、第2クールはまずまずの感じで発進しました。第10節は当然我が軍中心で鹿島をまぶしました。とにかく、順位なりの実力を発揮できれば磐田にも完勝できるはず。先方は監督も解任されてチームとして危機感を持って挑んでくるとは思いますが、一蹴して欲しいですよ。長澤さんには申し訳ないですけど、ここはカーサ、勝ちは譲れない。

【Yahoo】
GK権田(東京)
DFイ キジェ(清水)
DF岩政(鹿島)
DF前野(鹿島)
DF徳永(東京)
MF遠藤康(鹿島)
MF長谷川ア(東京)
MF東(東京)
FWダヴィ(鹿島)
MFクレオ(柏)
FWルーカス(東京)
勝負チーム:東京

【mini】
GK権田(東京)
DF徳永(東京)
DF岩政(鹿島)
DF太田宏(東京)
DF前野(鹿島)
MF小笠原(鹿島)
MF柿谷(C大阪)
MF米本(東京)
MF東(東京)
FW渡邉千(東京)C
FWケネディ(名古屋)
前節合計91fp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2013

ファンタジーサッカー2013 mini第9節

ここから変則日程です。全節カバーするminiに対して、9節をオミットするYahooということで、9節はminiのみになります。対戦カードを見ると、どの試合も拮抗していて難しいのばっかり。しかも、うち2試合が対象外になるので、いよいよ選択肢が狭まります。一応、軸を桜組にして、やっと片目の開いた磐田を多めにしてみました(でも引き分けくさいんだよなぁ)。最終ラインからカッキーまでは前節とまったく同じです。

【mini】
GK権田(東京)
DF新井場(C大阪)
DF伊野波(磐田)
DF扇原(C大阪)
DFチョ ビングク(磐田)
MF中町(横浜)
MF柿谷(C大阪)C
MFシンプリシオ(C大阪)
FW前田遼(磐田)
FWバレー(清水)
FW渡邉千(東京)
前節合計65fp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2013

ファンタジーサッカー2013 第8節レビュー

miniは第1クール終了です。最後にちったぁましなポイントがつきましたが、桜組や横浜に足を引っ張られる形で我が軍の完勝を活かし切る事ができませんでした。Yahooは制限がかかるけど、miniはフリーな分寄りかかるべきだったと反省。Yahooは桜と横浜を控えめにし、スコアラー2人をそろえたお陰で今シーズン初の高得点。でもアーリアのほうがポイントが高いのはなぜ?まぁ、今節の磐田は分かりやすかったよね。

【Yahoo】
GK権田(東京)…10Fp
DF茂庭(C大阪)…7Fp
DFチョ ビングク(磐田)…6Fp
DF藤田義(磐田)…7Fp
DF徳永(東京)…12Fp
MF山岸(広島)…2Fp
MF長谷川ア(東京)…21Fp
MF東(東京)…16Fp
FW前田遼(磐田)…5Fp
FWマルキーニョス(横浜)…3Fp
FWルーカス(東京)…17Fp
合計106Fp 通算579Fp
12083位/118684(↑2422)

【mini】
GK権田(東京)…10fp
DF新井場(C大阪)…7fp
DF伊野波(磐田)…6fp
DF扇原(C大阪)…1fp
DFチョ ビングク(磐田)…6fp
MF中町(横浜)…3fp
MF柿谷(C大阪)…3fp
MF米本(東京)…9fp
MF東(東京)…13fp
FWマルキーニョス(横浜)C…3fp
FW渡邉千(東京)…6fp
合計70fp 通算446fp
チーム時価 +2090
180位/322 関東リーグ

さて、オヒサルから拳人の熊モンへのレンタルが発表になってました。しかも8/31が期限という中途半端なもの。9月以降何かあるんだろうか。これで当面ボランチの層がさらに薄くなったわけで、ヨネの古傷が再発しないかどうか心配ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »